医師の不動産運用で「一括借り上げ」を依頼する管理会社の条件

不動産運用において一番怖い「空室」のリスク。この不安を解消する方法の一つとして「一括借り上げ」があります。今回は、安心して一括借り上げを任せられる不動産管理会社について見ていきます。

安定した家賃収入のために活用したい「一括借り上げ」

不動産運用において一番怖いのは空室です。いくら相場より安くお買い得な物件でも、いくら利回りが高くても、空室が多ければ意味がありません。この空室に対するリスクヘッジが一括借り上げです。

 

一括借り上げとサブリースを混同している人がいますが、前者は不動産会社がオーナーから空室の有無にかかわらず1棟丸ごと一定期間借り上げる方法で、後者はその物件を又貸し(転貸)することです。

 

一括借り上げの契約を締結すれば、たとえ空室が出たとしても毎月定額の家賃収入が見込めるので、オーナーとしては安心です。もちろんこの契約は無料ではありません。一括借り上げの手数料の相場は、家賃の10%から20%前後といったところでしょう。これで空室の恐怖から逃れられるなら安いものではないでしょうか。

 

ただし、すべての一括借り上げ契約がオーナーにとってメリットがあるかといえば、そうともいえません。一括借り上げを行う会社は、おもに収益物件を建てる建設会社か不動産管理会社になりますが、いずれにしても会社側も利益がなければ契約は締結できません。そのため手数料の割合や契約期間はケース・バイ・ケースになります。

 

たとえば立地条件が悪かったり築年数が古い物件は、満室を維持するのが難しいので手数料は高めになります。また、契約期間の相場は2年程度ですが、このような物件は1年ごとになり、そのたびに手数料が上がり、さらに指定業者による修復工事が契約更新の条件となるケースもあります。

 

こんなに出費や条件が多ければ、何のための一括借り上げか分かりません。ところがあまり立地条件の良くない地域の地主などで「土地を遊ばせて固定資産税を支払うくらいならたとえそれでも」といった人がこのような条件でも契約を結ぶようです。

医師オーナー向けの「提案」ができる管理会社か?

一括借り上げを行う業者は管理会社も兼務しているのが一般的です。また管理会社と同様に業者はいくらでも選べます。選択する際の目のつけどころは、「今回一括借り上げしてもらうことで資産10億円にどうつながるか」と「どのように開業への足掛かりになるのか」を明確に説明できるかどうかです。

 

「割のいい手数料をもらえれば、管理はある程度いいかげんでいい」と思っているようなやる気のない業者は論外です。あくまでも物件そのものを満室にすることを前提に手数料を設定し、「あなたが儲かった上で私たちも儲けさせていただきます」というスタンスの業者を選びたいものです。


そのためには、管理会社の説明部分でも触れた収支表の作成や定期的な状況報告は当たり前。その上で「この部分をこのようにリノベーションすれば○○をターゲットにしたクリニックができますよ」といった医師オーナー向けの提案ができることが望ましいでしょう。

 

このようなまじめに一括借り上げに取り組む業者は、契約する物件を選ぶ目も真剣です。駅からの徒歩時間、周辺の商業施設、建物自体の価値などをプロにしかない選択眼によって判断し、契約を締結するか否かを決定します。つまりきちんとした会社が一括借り上げを決めた物件は、それだけで魅力があるとお墨付きが得られているのです。

 

私の会社でも一括借り上げの業務は行っています。その際に毎月の書面と同時に会話での業務報告は欠かしません。忘れられないのは3・11のときです。これはサラリーマンオーナーからですが「仕事がない。収入がない」といった相談をいくつもいただきました。物件自体は一括借り上げをしているので家賃収入はあるのですが、本業からの給与がなくなってしまったというのです。

 

このような場合は、金融機関によって毎月のローン返済額の減額(期間延長)といった救済策があるものです。当時もそれぞれの金融機関に問い合わせてオーナーと一緒に対策を練りました。ケースによっては弊社の顧問弁護士に相談することもあります。

 

相手が信頼できる会社と判断できれば、一括借り上げ契約を締結するほど安心できる不動産運用はありません。

本連載は、2015年1月30日刊行の書籍『資産10億円を実現する医師のための収益物件活用術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載医師のための「資産10億円を実現する収益物件活用法」

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

著者紹介

Soegi Group 代表

公認会計士・税理士。1979年生まれ。大阪府立大学経済学部卒業。グロービス経営大学院卒業MBAホルダー。2002年に公認会計士試験合格、卒業後約8年間にわたり大手監査法人にて会計監査、上場準備会社の支援、企業再生、M&A支援等に従事。2010年に同監査法人を退所、公認会計士西川会計事務所を創業。近年は特に医療法人の設立や医師の独立支援を多数手掛ける。

著者紹介

資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術

資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術

大山 一也・西川 晃司

幻冬舎メディアコンサルティング

旧来の医療体制が瓦解し始めた今、医師たち一人ひとりに求められているのは勤め先の病院に頼らない、自らの開業をも見据えた確固たる基盤づくりであり、なかでも最も重要なのは資産形成である。資産形成にはさまざまな方法があ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧