不動産 国内不動産
連載不動産投資を成功に導く「銀行融資」交渉術【第12回】

失敗から学んだ――任意売却物件を購入する際の交渉術

不動産投資カーター校長任意売却物件

失敗から学んだ――任意売却物件を購入する際の交渉術

不動産投資において、最大の関門ともいえる「融資」。本連載は、カーター校長として親しまれている河田康則氏の新刊で、2014年4月に刊行された『金利1%台で融資4億円を引き出す不動産投資』(ぱる出版)の中から一部を抜粋し、融資交渉のノウハウなどをご紹介します。

売主には任意売却物件売却権限がない

任意売却物件は、何らかの理由で支払いが困難になったもので、競売に出る前に専門の業者等で扱われている物件です。これは債権者である銀行と債務者になる売主、また、買主それぞれにメリットがあります。

 

銀行は競売で処分するよりは一般に任意売却で処分した方が高く処分できるため回収できる金額が増えます。債務者である売主も同様に、競売で処分するよりはもらえる金額が増えるので価値があります。

 

買主も一般市場で購入するより安く購入することができて、それぞれにメリットがあります。一見すると素晴らしいように思えますが、これがなかなかの難物なのです。

 

まず、誰と交渉したらよいのかです。一般の物件であれば売主の気持ちが一番です。しかし、任意売却物件になっているということは、つまり売主は売却の権限が実質ありません。誰と話をしたらいいのか最初は全くわかりませんでした。弁護士が中心に出てくるので「弁護士だろうか?」と思ったこともありました。実質は債権者である融資を実行した銀行が持っているのです。

売却決定者は債権者である銀行・金融機関

筆者の失敗体験は、2009年6月のことです。

 

まず任意売却物件の話が買主を探す業者から来ました。任意売却は専門の業者がありますので、そこからの紹介です。物件そのものは気に入ったので少し指値を入れましたが、なかなか値段が決まりません。これは買主側の業者、売主側の業者、ときにその中間に業者が入っていることもあります。これで話がよじれるのです。

 

最終的に何度交渉しても話が前に進まないので、債権者の金融機関の責任者に直接交渉する機会を設けてもらうことにしました。

 

すると「2億6500万円でなんとかなりそうだ」という買主側の業者の話でしたが、金融機関責任者に話したところ、「3億円以下では売らない!」との返事でした。

 

それ以下では損切りになるとのことでした。今なら3億で買い付けを入れ直すか、諦めるかを判断したと思いますが、このときは相手も売却をしなければいけないので、「交渉してなんとかなるのでは?」と甘い考えで交渉しました。

 

こちら側の銀行と交渉して2億7500万円くらいはいけそうな感触でした。そこで2億7500万円で再提案しましたがダメでした。

 

ここまでくると、筆者も買いたい気持ちが高まって思い切って現金を1500万円プラスして2億9000万円が最後のつもりで交渉をしました。

 

このときは金融機関が「1週間待ってほしい」と返事してきました。これはいよいよ3月の決算の締切が近づいており、買えるかもしれないと期待しました。しかし、結果はダメでした。この金融機関は3月に損切りを出さなくて、問題なく会社の決算はできるので「3億円を超える買主を待ってから売る」と決断したようです。

 

何度も交渉して時間もかかりました。また、この交渉をしているときは他の良い物件の情報があっても、この物件が買えることになると資金が足りなくなるので買い付けを入れられません。こんな感じだったので不成立に終わったときは残念でした。

物件の売却状況と金額を押さえることが重要

これで学んだことがあります。

 

任意売却物件は物件のグリップ、つまり、いかにその物件の売却の状況と金額をしっかり押さえていることが一番重要だということです。

 

その不動産業者は売主本人と弁護士に感触を聞いていたようですが、肝心の債権者である金融機関の意思をしっかりと把握できていなかったのです。売主側の業者とのコンタクトも十分ではありませんでした。

 

買えないとたしかにガッカリするのですが、ここでプラス思考と成功曲線が生きてくるのです。今回は残念ながら買えなかったけれど良かった。任意売却の交渉のポイントについて身をもって体験し理解することができた。次はもっとスムーズに交渉できる。このようにプラスに考えたのです。

 

また、これは成功曲線のなかの1つです。努力しても結果が出ないときのことであり、必ずよい結果を後にもたらしてくれる! このように確信したので次に進むことができたのです。

本連載は、2014年4月11日刊行の書籍『金利1%台で融資4億円を引き出す不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

河田 康則

外資系保険会社の元支社長で相続が専門分野。1989年より株式投資、1993年より不動産投資に挑戦し、倍々で資産を増やし続け、資産は約7.5億円(不動産6.5億円株式その他1億円)、家賃収入は約5000万となる。
教え好きな性格と姓の「かわた」からカーター校長として親しまれている。2013年5月、自らのブログにて“カーター行列の法則”により株の暴落を的中させ暴落直前に売却。カリスマ投資家として注目を浴びるようになる。
「人が一番!融資が本命!」をテーマにした“物件が高い、今からの不動産投資”について書籍名『「不動産投資」ゼロから儲ける 一年生の教科書』を執筆中。2016年5月出版予定。

著者紹介

連載不動産投資を成功に導く「銀行融資」交渉術

金利1%台で融資4億円を引き出す不動産投資

金利1%台で融資4億円を引き出す不動産投資

河田 康則

ぱる出版

[低金利のメガバンク vs 借りやすいS銀行]不動産投資の成功の条件第1は「銀行から低金利で融資が受けられるか」だ。しかし、都市銀行の金利1.4%と比較的借りやすい銀行の4.5%では、1億円・30年返済のローンで、返済額は…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest