不動産 海外不動産 国際資産分散
連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情【第33回】

過去最高を記録したニュージーランドの新規住宅建設の許可数

ニュージーランド不動産

過去最高を記録したニュージーランドの新規住宅建設の許可数

住宅不足が近年、深刻な問題になっているニュージーランド。今回は、過去最高を記録した「新規住宅建設許可数」について詳しく見ていきましょう。

オークランドで特に顕著な建設許可数の伸び

2月に発行された新規住宅建設許可数は大きな伸びがみられ、特にオークランドで顕著でした。

 

ニュージーランド統計局によれば、2月の建設許可の発行件数は国全体で2379件あり、これは昨年2月に比較し35.3%増に当り、2004年2月以来最高値とのことです。

 

[PR]12月21日(水)開催 無料セミナー/本稿執筆者が登壇!

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

2月までの12カ月間で2万7745件の住宅建設許可が発行され、その前の12カ月間に比べ12%増加しました。

 

建設許可対象の最も多くが一戸建て住宅であり、1712件が2月に発行され、次いでタウンハウス、フラットおよびユニットが341件、アパートメントが204件の、そしてリタイアメント・ヴィレッジ・ユニット(老後施設)が122件でした。

 

 

2月のオークランドでの建設許可発行数の787件(前年2月は528件)を筆頭に、カンタベリーの525件(前年2月は517件)、ワイカトの274件(前年2月は195件)、ベイ・オブ・プレンティの200件(前年2月は101件)、そしてオタゴの172件(前年2月は73件)と続きました。また、同月のウェリントンの建設許可発行数は113件で6番目でした(前年2月には102件)。

 

先月発行された新規住宅建設許可件数の総価値は9億2600万NZドルに相当し、月間ベースでは過去最高となりました。

 

さらに、既存住宅の増改築に対する建設許可の総価値は1億1500万NZドルに及び、これは10億7700万NZドル相当の住宅建設工事が先月認可されたことになります。また、昨年2月の同価値は7億6900万NZドルでした。

 

しかし、先月の非居住物件の建設許可は減少し、昨年2月の非居住物件の建設総額の4億7000万NZドルに対し、3億7200万NZドルでした。

 

先月の非居住物件建設の内訳は、倉庫などの保管施設の8200万NZドルを筆頭に、賃貸物件の5800万NZドル、オフィスの5200万NZドル、教育施設の4600万NZドルと続きました。

 

住宅不足が原因で不動産価格が高騰するオークランド

オークランドでの新規住宅建設許可発行数の伸びは順調と言えますが、急速な人口増加による住宅不足を解消するにはまだまだ遠く及びません。

 

オークランドでは、人口増加に対応するために毎年最低でも1万4500戸が新たに必要とされており、毎月1208戸が新たに必要になる計算になります。

 

先月オークランドで発行された建設許可数は787件であり、これは本来必要とされる発行数のわずか65%でしかなく、毎月同都市の住宅不足は悪化していることを意味しています。

 

[PR]12月21日(水)開催 無料セミナー/本稿執筆者が登壇!

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

住宅不足は、住宅価格を押し上げる要因の一つなっており、ユニタリープランによる低層から高層への新規住宅建設許認可の緩和は、住宅不足の解消になるのかが今後の鍵となることでしょう。

 

[図表]オークランド商業・居住地域開発計画(2012-2042年)

オークランド商業・居住地域開発計画(2012-2042年)(赤いエリア…今後の新規居住開発エリア)
(赤いエリア…今後の新規居住開発エリア)
伊藤 哲次

Goo Property JP(TERRY’s WAY株式会社) 代表取締役社長

1992年、奈良県天理大学中退。1993年、個人輸入代理店を起業。ITシステム開発会社のジョイントベンチャー設立などを経て、2003年、グルメデリバリーシステム株式会社(現:Terry’s Way株式会社)を創業。自ら開発した富良野メロンパンの移動販売を手掛け、2004年よりフランチャイズ募集を開始(2007年、100加盟店を達成)。現在は、Terry’s Way株式会社 FOOD事業部として展開中。

2009年、富裕層向け国際会計サービス HENRY INVESTMENT SERVICES pte.ltdを元PWC国際会計士と共同設立(本社:シンガポール)。海外金融サービスや投資スキームのコンサルティングサービス、富裕層開発のマーケッターとして、顧問社数は現在200社を超える。2014年より、海外投資サービスの一環として海外不動産投資のリサーチを開始。2015年、ニュージーランド不動産投資コンサルティングサービスを開始し、GOO Property NZ LimitedをNZ不動産エージェントと共同設立。GOO Property ジャパン (Terry’s Way株式会社)と共に不動産投資コンサルティングサービスを行う。
WEBサイト http://gooproperty.com/

著者紹介

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

~現地専門家が伝えるNZ中古不動産市場の最新事情と日本人としての投資法

講師 伊藤哲次氏
日時 2016年12月21日(水)
内容

・ニュージーランド経済と投資環境の最新事情

・NZ中古不動産市場の現状と展望

・NZ不動産取引の仕組みと日本との違い

・購入までのスケジュール、諸費用等について

・築古、建物比率の高い案件を中心に物件情報も公開

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest