動物病院と自宅を兼用とすることで得られるメリットとは?

前回は、防犯カメラを設置して動物の安全を守る方法、ペットサロンやペットホテルを併設して飼い主の満足度を上げる方法について説明しました。今回は、動物病院と自宅を兼用にする場合のメリットなどを見ていきます。

高度医療まで対応できる病院が望まれている

高度医療に対する飼い主のニーズは近年、大きく強まっており、かかりつけの動物病院を選択する際の判断材料としても重視され始めています。

 

たとえば、NTTナビスペースが平成21年8月に行った「獣医療に関するアンケート」の中では、「あなたが獣医師に求める治療技術の水準はどのくらいですか、次の中から近いものを一つ選んでください」という質問が行われており、それに対して、以下のような回答結果が示されています。

 

獣医療に関するアンケート結果】

 

③の回答の割合の高さが示すように、「専門の病院にわざわざ行かないでもすむように、かかりつけの動物病院で高度医療に対応してほしい」という要望をもつ人は少なくありません。そのような飼い主の要望への対応を前向きに考えるのであれば、最新医療設備を積極的に導入するスタンスが求められることになるのかもしれません。

 

もっとも、医療機器の導入は予算とのかねあいもありますし、無理をして購入をすれば、後々、病院の資金繰りが苦しくなるおそれがあります。そもそも、医療機器は技術革新のスピードが速いために短期間での性能向上が期待でき、「1年待っていたら、求めていた機能を備えた機械が低価格で入手できた」ということがよくあります。したがって、高額な医療機器の導入に関しては、最新情報などに目を配りながら、どのタイミングで購入するべきかを慎重に検討することをおすすめします。

病院と自宅の兼用住宅ローンの利用が可能に

開業時に、テナントを借りるのではなく、土地を購入して動物病院を建てることを選択する場合には、病院を自宅と兼用にすることも検討してみましょう。病院を自宅とすることにより住宅ローンの利用が可能となるからです。

 

一般に、住宅ローンには以下に挙げるような大きなメリットがあります。

 

①資金調達の可能性が広がる

後述するように、獣医師に対する融資について民間の金融機関はなぜか消極的です。そのため、十分な自己資金がない場合には、開業資金を公的な融資か親からの援助などに頼らざるを得ません。しかし、住宅ローンを利用できるのであれば、資金調達の選択肢が増えることになります。

 

②他の融資に比べて条件がよい

住宅ローンは利率が低く、返済期間も20年、30年と長期であるのが一般的です。

 

③税務上のメリットがある

住宅ローン控除などの税制上の優遇措置が用意されています。

 

もっとも、一般に、総面積の50%以上が住居として利用されることが、住宅ローンの融資条件となるので、自宅との兼用を考える場合には建物の構造に十分な注意を払う必要があります。たとえば、「病院に必要な面積を確保しようとすると、50%を超えてしまう」というような場合には住宅ローンの利用を断念しなければなりません。

 

また、すでに住宅ローンを利用している場合には、さらに別の住宅ローンを使うことはできません。そのため、どうしても自宅と兼用したいという場合には、まずは既存の住宅ローンを一括返済することが必要となります。

 

なお、たとえば1階を病院として、2階、3階を住宅とするようなケースでは、1階部分については事業者ローンを利用するよう求めてくる金融機関が、近時増えています。自宅と兼用する場合、このように住宅ローンと事業者ローンを組み合わせることになる可能性があることも認識しておく必要があるでしょう。

本連載は、2014年8月27日刊行の書籍『どうぶつ病院を繁盛させる50の方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載動物病院を繁盛させる経営の鉄則50

百瀬弘之税理士事務所 代表

1957年東京生まれ。税理士。2003年から動物病院開業コンサルタント業のahed社と提携。
経営と税務会計、両方の視点から独自のコンサルティングを行うことにより、これまでに数十軒の動物病院の経営を成功へと導いている。
趣味はギター。東京税理士会「ゆがみBAND」ベーシストとしても活動中。

著者紹介

どうぶつ病院を繁盛させる50の方法

どうぶつ病院を繁盛させる50の方法

百瀬 弘之

幻冬舎メディアコンサルティング

勤務医の時代はたとえ給料は安くても、独立して動物病院を開業すれば十中八九成功が約束されていた獣医師。 ペットブームの恩恵を受けて市場を拡大し続けてきた獣医師業界ですが、近年の動物病院の増加により飽和状態に。さら…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧