Airbnbとして利用する際に最適な「部屋の広さ」とは?

前回までは、アパート・マンションをAirbnbに転換することで安定収入を確保した事例を紹介してきました。今回は、最も利回りが高くなる「部屋の広さ」などについて見ていきます。

基本的に広い部屋のほうが稼働率が高くなるAirbnb

稼働率が高くなる条件はほかにもあります。部屋の広さです。

 

基本的に、広くて宿泊可能な人数が多い部屋は、同じ立地・価格の部屋と比べて稼働率が高くなります。理由としては、グループ宿泊に対応しているホテルが少ないことが挙げられます。

 

都内のホテルや旅館はシングルか2~3人用の部屋が多いので、それ以上の人数になると部屋が別々になってしまいます。

 

すると、「みんなで一緒の部屋に泊まりたい」というニーズにも、「なるべく宿泊料を安く抑えたい」というニーズにも対応できません。その需要と供給のミスマッチをうまく捉えることで、Airbnbの稼働率は上がります。

5人がちょうど泊まれる40㎡がベスト!?

では、具体的にどれくらいの広さがいいかというと30㎡以上、ベストは40㎡です。40㎡の広さがあれば、ちょうど5人が泊まれます。

 

この5人というのが需要が多く、供給が少ない「Airbnbゾーン」になります。物件が広いほうが汎用性が高いように思うかもしれませんが、あまり広すぎても活用しきれません。

 

これまで筆者の会社が扱った物件では、神保町にある定員13名の和室がありましたが、ここに満員で入るというのは少ないケースでした。満員だったのは予約全体の1割程度にすぎず、多くても11人、平均して9人程度でした。

 

また、ほかにも定員11人という物件がありましたが、こちらも平均7〜8人での利用でした。そもそも10名を超える人数での利用はニーズが低く、広い部屋を少ない人数で使うことになります。

 

つまり、広すぎる部屋というのは、かえって効率が悪くなってしまうのです。そういう観点からも、40㎡というのが一番使い勝手は良く、需要も高く、利回りの良い物件と言えます。

本連載は、2015年12月11日刊行の書籍『中古アパート・マンションが生まれ変わる airbnb空室物件活用術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載中古アパート・マンションが生まれ変わる「airbnb運用」

リスクマネジメントグループ代表
株式会社リスクマネジメント・アルファ代表取締役
株式会社エース管理取締役 

1970年8月23日愛知県蒲郡生まれ、蒲郡育ち。27歳のとき、外資系保険会社にヘッドハンティングされ転職。2002年、31歳で独立開業。その後、株式会社リスクマネジメント・アルファを設立。不動産を扱う業務が増えたため、不動産売買仲介を行う株式会社エース管理を設立する。

著者紹介

Zens株式会社 代表取締役

1987年長崎県諌早市生まれ。17歳でニュージーランドに渡り、オークランド工科大学ビジネス学部卒業後、共同購入クーポンサービスで起業、その後株式会社トーチライトを経て2011年6月に株式会社Zen Startupを共同創業し、2013年8月に北米市場向けFacebook解析ツール「ZenMetrics」を開発・マーケティングを行う。2014年、自身がAirbnbホストになったことをきっかけに8月よりAirbnb内装・運用代行サービスを開始。

著者紹介

中古アパート・マンションが 生まれ変わる airbnb空室物件活用術

中古アパート・マンションが 生まれ変わる airbnb空室物件活用術

小沢 吾亘・町田 龍馬

幻冬舎メディアコンサルティング

ここ数年“サラリーマン大家”という言葉が定着してきました。年功序列や終身雇用制度が崩壊し、将来に不安を抱えるサラリーマンが安定した資産を築く手法として注目しているのが不動産投資です。こうしたサラリーマン大家の大…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧