契約書を交わす前に「管理会社」に確認すべき事項とは?

不動産投資において、最大の関門ともいえる「融資」。本連載は、カーター校長として親しまれている河田康則氏の新刊で、2014年4月に刊行された『金利1%台で融資4億円を引き出す不動産投資』(ぱる出版)の中から一部を抜粋し、融資交渉のノウハウなどをご紹介します。

購入物件の入居状況と未納者の有無を確認する

物件を見に行ったときに、管理会社も訪ねることは稀だと思います。売買業者によっては購入前に管理業者に会うのを嫌がることさえあります。売り主が契約の決まってない段階で、まだ管理会社に売ることを話していないときがあるからです。そのあたりの事情は配慮して対応する方がいいと思います。

 

いざ購入が決まり、契約書を交わす前に、管理会社に聞いて確認することがあります。入居状況と未納者の有無です。また賃貸業者に確認したいことですが、単身かファミリーか、ターゲット層は男性なのか女性なのかも聞きます。

 

賃貸業務は管理業者が中心となり進めていくのですが、自分自身の賃貸業務への認識を深める勉強にもなりますので確認しましょう。順番としては、物件契約前(検討時)に賃貸業者へのリサーチ、契約後に管理会社への確認となります。

未納になったときにどんな対策を取っているか?

<管理会社への確認事項>

●賃貸相場と現在の家賃

●需要層の確認、シングルかファミリーか?

●未納者の有無

 

未納者の有無について、契約前では個人情報ですので教えてくれないこともありますが、「未納者がいるかどうか」は教えてくれることが多いです。購入後に未納が発生したことはありますが、購入前に未納者がいる物件を買ったことはたまたまありません。

 

売却前には売却の支障にならないよう、できるだけ未納が発生しないように売主も考えるでしょう。それよりも未納に関しては、未納になったときにどのような対策がとられているかの方が重要です。入居時の審査が信販会社経由で厳しいとか、未納になったときの保険に、入居時に加入させるとかです。

本連載は、2014年4月11日刊行の書籍『金利1%台で融資4億円を引き出す不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

外資系保険会社の元支社長で相続が専門分野。1989年より株式投資、1993年より不動産投資に挑戦し、倍々で資産を増やし続け、資産は約7.5億円(不動産6.5億円株式その他1億円)、家賃収入は約5000万となる。
教え好きな性格と姓の「かわた」からカーター校長として親しまれている。2013年5月、自らのブログにて“カーター行列の法則”により株の暴落を的中させ暴落直前に売却。カリスマ投資家として注目を浴びるようになる。
「人が一番!融資が本命!」をテーマにした“物件が高い、今からの不動産投資”について書籍名『「不動産投資」ゼロから儲ける 一年生の教科書』を執筆中。2016年5月出版予定。

著者紹介

連載不動産投資を成功に導く「銀行融資」交渉術

金利1%台で融資4億円を引き出す不動産投資

金利1%台で融資4億円を引き出す不動産投資

河田 康則

ぱる出版

[低金利のメガバンク vs 借りやすいS銀行] 不動産投資の成功の条件第1は「銀行から低金利で融資が受けられるか」だ。しかし、都市銀行の金利1.4%と比較的借りやすい銀行の4.5%では、1億円・30年返済のローンで、返済額…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧