開業医の世界の「暗黙のルール」に注意する

開院後も安定した経営を続けていくためには、立地だけに気をとられてはいけません。近隣に「有力者」がいないかどうかについても、しっかりリサーチしたいところです。

同じ科目の「有力者」が近隣にいないか?

“駅前の一等地でしかも1階、間違いなくたくさんの患者が来院するだろう。よし、ここで開業しよう!”

 

クリニックを開業する際に、このように、集患のことだけを考えて場所を即断してしまうと思わぬ落とし穴があるかもしれません。開業医の世界には、長年にわたって培われてきた暗黙のルールがあります。それを知らずして、あるいは知っていながらもあえて無視をして開業場所を決めてしまうと、後々、大きな問題に発展する可能性があります。

 

とりわけ注意を要するのは、開業候補地において、いわゆる“有力者”が同じ科目のクリニックを開いていないかどうかという点です。

あえて「火中の栗」を拾わないよう注意する

ここでいう有力者とは、たとえば、医師会の重鎮であったり、政治家や地場の地主のご子息であったりしますが、いずれにしても当該候補地で非常に強い 影響力を有する人物であることには間違いありません。

 

もちろん、「有力者の近隣で同一科目のクリニックを開業してはならない」という法的な規制があるわけではありません。しかし、何の考えもなく開業してしまったことで、難しい立場に置かれる可能性もあります。

 

半面、「実家での開業を決めたところ、たまたまその近隣に 以前から有力者のクリニックがあった」というようなケースであれば、さすがに有力者も黙認するしかないでしょう。しかしながら、こうした事例はレアケース であり、そのような事情がない限りは、原則として、あえて火中の栗を拾うような開業地の選択はお勧めしかねます。

本連載は、2016年4月刊行の書籍『改訂版 クリニック開業読本』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載成功する「クリニック 開業」のノウハウ

みなとみらい税理士法人 髙田会計事務所 所長 税理士

1965年生まれ。兵庫県出身。
1984年栄光学園高等学校卒業。
1988年上智大学文学部新聞学科卒業。
2002年税理士登録。
2003年神奈川県鎌倉市に髙田会計事務所を開業。
2011年税理士法人化をして神奈川県横浜市西区へ移転。みなとみらい税理士法人髙田会計事務所(東京地方税理士会横浜中央支部所属)となり現在に至る。2016年4月現在、スタッフ総数63名、顧問先総数837件の医科歯科に特化した会計事務所の所長を務め、これまでのクリニック開院サポート実績は600件を超える。

著者紹介

改訂版 クリニック開業読本

改訂版 クリニック開業読本

髙田 一毅

幻冬舎メディアコンサルティング

2000年から2015年の医療機関の倒産件数は527件。経営破綻した医科・歯科クリニックの8割は破産を選択せざる得なく、再起も難しい状況です。このような厳しい状況の中でも集患に成功しているクリニックが存在するのはなぜでしょ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧