株式投資は「美人投票」

株価は、単純に企業業績だけで予想することはできません。株の値動は投資家のさまざまな思惑も影響します。ここでは、初心者が購入するときの参考になる、考え方や買い方について解説します。

なぜ株価は上がったり下がったりするのか

実際に、株を購入しようとするときに、やはり気になるのは値動きです。選択した会社の株価を時系列チャートで見ると、かなりの幅で上がったり下がったり、あるいは上がり続けたり、下がり続けたりしていることが分かるでしょう。

 

いってみれば、株価の値動きは人気投票のようなものです。自らも株式投資に熱心であった経済学者のジョン・メイナード・ケインズ氏は、株式市場を「美人投票」にたとえました。

 

しかし、この「美人投票」は、単に自分が美人だと感じた人に投票する、シンプルな「美人投票」ではありません。投票の結果、優勝した美人に投票した人たちに賞金が出るような「美人投票」なのです。経済学的に言えば、このとき投票者は、自分が美人だと思う人に投票するのではなく、皆が美人だと思うだろう人に投票するようになります。

 

しかし、はたして「皆が美人だと思うだろう人」を確実に当てることができるのでしょうか。だいたいはできるかもしれませんが、時に外れることがあります。そのため、株式市場は参加者の思惑によってあっちへ動いたり、こっちへ動いたりするのです。それを面白いと感じる人が株式投資には向いているのかもしれません。


ちなみに、競馬や競輪のようなギャンブルは、周囲の人の思惑は賭け率にこそ影響するものの、レースの勝ち負けには関係ありません。その意味では、ギャンブルは個人的な戦いであり、株式投資は社会的な戦いであるともいえるでしょう。

 

もし、株式市場に参加している投資家が、企業業績を見て成長しそうな企業にばかり中長期的な投資を行うファンダメンタルズ投資家ばかりであれば、市場はもっと穏やかなものになるかもしれません。しかし、投資家のなかにはデイトレーダーもいれば、空売りをしかけるヘッジファンドもいます。そのため、株式市場の動きは予測がつかないことも多くなります。長期投資をお勧めしていることに変わりはありませんが、それもまた市場の面白さかもしれません。

勉強のためには、まず自腹で購入を

これから株式投資を始めようという人は、いきなり株を大量に購入するのではなく、まずは1万円くらいの「ミニ株」や「るいとう(株式累積投資)」から始めて、しばらくはチャートを観察するのもよいかもしれません。

 

このとき大切なのは、少額でもよいので、必ず自腹を切って株を購入することです。よく、買ったつもりで観察しろなどといわれますが、「つもり」では真剣に観察する気が起きず、そのうちに面倒くさくなって見るのをやめてしまいます。

 

何かを身につけたいと思えば、少額でもよいので自腹を切るのが基本です。親のお金で行く大学ではろくに勉強しなかった人でも、社会人になってから自分のお金で大学や大学院に再入学すると、驚くほど熱心に勉強するものです。

本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

杉浦 和也

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長

学習院大学経済学部卒業後、1985年に野村證券投資信託委託入社。日本株式運用、総合企画、秘書室勤務を経て野村アセット・マネジメント・シンガポール、野村ブラックロックで幅広い資産運用ビジネスを経験。その後、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズのディレクターを経て、2002年5月に投資信託本部長としてAIG 投信投資顧問(現 パインブリッジ・インベストメンツ)入社、その後、常務執行役員投資信託本部長を経て、2011年6月から現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

前野 達志

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 執行役員 グ ローバル・マルチアセット運用部長

慶應義塾大学商学部卒業後、1987 年に三井生命保険入社。1993年より同社英国投資顧問現地法人に勤務し、ロンドン・シティからグローバルな株式・債券投資を行う。その後、スカンディア生命保険、三井住友海上シティインシュアランス生命保険を経て、2004年にAIG 投信投資顧問入社。その後、執行役員 運用本部長兼グローバル・バランス運用部長を経て、2013 年1 月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員およびCFA 協会認定証券アナリスト。

著者紹介

連載インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

杉浦 和也・前野 達志

幻冬舎メディアコンサルティング

仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest