資産運用 資産形成 海外口座
連載世界最強の通貨「ドル」による資産形成術【第10回】

なぜ今、日本人が「ドルの現物資産」を持つ必要があるのか?

ドルTPPペッグ制

なぜ今、日本人が「ドルの現物資産」を持つ必要があるのか?

世界の金融は「ドル」が基盤です。本連載は、ロサンゼルス在住の元バンカーである金井規雄氏の新刊で、2015年10月に刊行された『ドル資産を持て!』(週刊住宅新聞社)の中から一部を抜粋し、ドル資産の具体的な築き方などをご紹介します。

いずれはドルを中心とした新しい通貨ができる!?

日本の円は、強い通貨になりました。日本・日本人の努力のたまものと思います。しかしながら、世界の中心通貨はドルです。このことは明白でご理解されていることと思います。そうであれば、いっそのこと日本の通貨をドルに変更してはと筆者は考えます。

 

もちろん、そんなことは起こり得ないということは重々承知しています。理由は簡単で、自国の金融政策が取れないからです。

 

確かに金融政策が自国の自由にならず、アメリカの金融政策に委ねなければいけないことは、自国の経済状況に合わせた金融政策ができないので現実的ではないでしょう。それならば、せめてペッグ制(固定相場制の1つ)にすればと思います。

 

このペッグ制も自国の金融政策が取れませんが、上下10%程度の調整枠を設けて対応すればよいと思います。この調整枠内であれば、限定的ですが自国の金融政策を取ることができます。この枠の制限以上に金融政策の必要性が発生すれば、その時は例外的に枠の幅を変更すればよいのです。

 

これくらいの気迫と勇気を持って、ドルとリンクさせるという大英断を敢行すべきであると思いますが、現実的には不可能でしょう。日本国家が自ら進んで敢行するとは思えません。だからこそ、自分でドル資産を所有し、防衛するしかないのです。

 

しかしながら、いずれそうなる機会がやってくると思います。それは、現在協議されていますTPPです。アメリカを中心に環太平洋の国々で関税を撤廃し、自由に取引ができる経済圏を構築しようということですが、これが発展すれば、TPPの中で共通する通貨を使用するのが好都合である、という自然の流れのようになると思います。

 

当初は、当然ながらアメリカ・ドルを共通通貨で取引されるのでしょうが、いずれはアメリカ・ドルを中心とした新しい通貨ができ上がるかもしれません。

 

その時、ドルを中心に各国の通貨を一緒にした「バスケット通貨」なるものができ上がる可能性が高いと思います。これによって、アメリカ環太平洋エリアの新しい通貨ができ上がっていくのではないでしょうか。

日本の借金・国債問題に備えて現物資産を持つ

世界の金融がドル・ベースで、国際金融資本グループが金融システムをコントロールしていることは明白です。それを踏まえて、われわれはどうすればいいのでしょうか? 

 

日本の借金・国債問題がいずれ表面化することも考慮すれば、ドル資産を持つことが賢明な対策であることははっきりしています。それならば、通貨のベースになっている金(ゴールド)も持つことが重要となります。具体的な資産としては、次の3つです。

 

①ドル現金・預金口座

②アメリカ不動産

③金(ゴールド)

 

これらは、銀行口座を除いてすべて現物資産です。この中の①、③について、次回から詳しく述べていきたいと思います。

投資は、自己責任で行うものです。
本書の情報をもとにした投資行動により、仮に損失や遺失利益が生じたとしても、著者、発行人、発行所はいかなる責任も負いません。
投資決定はあくまでご自分の判断でなさるようお願い致します。

金井 規雄

立命館大学経済学部卒、カリフォルニア大学院統計学修士号。
三菱東京UFJ銀行(為替資金部資金課および企業融資担当)入行ロスアンジェルス支店勤務後、Bank of the West日本企業部を経て、2004年コスモ・インベスメント(不動産仲介・コンサルティング)を設立、現在に至る。
カリフォルニア州不動産仲介ライセンス、カリフォルニア州保険ライセンス保有。米国での仲介実績多数。
現地銀行、会計士、弁護士、保険業者、管理会社などとの幅広いネットワークを持つ。
著書に「安全!確実!アメリカ不動産投資のすべて」(週刊住宅新聞社)がある。

著者紹介

連載世界最強の通貨「ドル」による資産形成術

ドル資産を持て!

ドル資産を持て!

金井 規雄

週刊住宅新聞社

海外との係わりが増えている日本では、今後も経済を中心に海外との取引・結びつきがますます増えていくことは明らかです。また、世界のビジネス取引においては、決済通貨はドルがほとんどですので、ドルの重要性・必要性はどん…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest