クリニックM&Aで頼りになる「アドバイザー」選びのポイント

M&Aを成功させるには医療経営に精通した専門のアドバイザーの指南が不可欠です。では、どのようなアドバイザーに依頼するべきなのでしょうか。必要とされる5つの要素のうち、まずは2つを見ていきます。

様々な専門家が存在するクリニックM&A

M&Aを成功に導くポイントは、「クリニックM&A専門のアドバイザーを味方につける」ことです。クリニックM&Aには、次のような様々な専門家がいます。


● M&A支援会社(コンサルタント)

売り手・買い手の情報を揃え、様々な場面で支援を行います

● 税理士事務所、会計事務所

納税や資金繰り、顧問先とのマッチングなど幅広くサポートをします。また、M&A後のサポートも充実しています

● 弁護士事務所

契約関係など法務面でのアドバイスを行います

● 金融機関

M&Aで発生する、資金需要に対して融資を行います

● 行政書士

クリニック譲渡に関わる手続き書類など、公的機関への届出をサポートします

● 医療関係業者

医療機器や医薬品など、開業のために必要な物品の調達支援を行います

● 保険アドバイザー

借り入れや、ライフプランに合わせた保険契約の見直しをサポートします

アドバイザーに必要な「経験値」と「誠実さ」とは?

クリニックM&Aは「医療機関」という特殊性の高い領域を扱うため、非常に高い専門性が求められます。また、サポートする内容も広範囲かつナイーブであることが多く、一般企業のM&Aよりも多数の専門家が必要になります。たったひとつのミスや不備でM&Aが失敗してしまうこともあるからです。M&Aで失敗しないためには、的確に物事を進めてくれる味方を慎重に見極めなくてはなりません。


では、クリニックM&Aを依頼するのにふさわしいアドバイザーの条件とは何なのか、最低限必要となる5つの条件のうち今回は2つをリストアップします。


条件1:M&Aを専門的に行っている
M&Aは単なる後継者探しではありません。クリニックの未来を決める経営戦略のひとつです。だからこそ、積極的な提案がされなければなりません。そのためには、M&Aを数多く手がけた経験と豊富なノウハウが必要です。クリニックM&Aのポイントを押さえつつ、クリニックにとって、院長にとって、一番いいM&Aとは何かを考えて、ベストな提案ができるアドバイザーが理想です。


条件2:信頼関係を築ける
M&Aではクリニックや院長に関する情報を細部までアドバイザーに預けることになります。秘密保持が徹底していることは絶対条件です。それに加えて、院長の家族など背景部分にまで配慮して、真摯に相談に乗ってくれる相手を探します。また、M&A専門をうたった業者でも、専門性の名のもとに不透明な報酬を要求してくるところも一部あります。報酬面でも誠実であるかどうかを見てください。相場が分からない場合は、セカンドオピニオンも考えます。

本連載は、2015年9月25日刊行の書籍『開業医のためのクリニックM&A 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「M&A」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載クリニックM&Aを成功に導く「6つのポイント」

岡本雄三税理士事務所 代表
株式会社MARKコンサルタンツ 代表 

岡本雄三税理士事務所代表。株式会社MARKコンサルタンツ代表。税理士、行政書士、宅地建物取引士、M&Aシニアエキスパート、経済産業省認定経営革新等支援機関。1967年生まれ。1991年、早稲田大学商学部卒業。1998年、岡本雄三税理士事務所開設。2000年、公益社団法人日本医業経営コンサルタント登録。個人医院の開業、医療法人の設立、税務など、医業コンサルティング業務のほか、一般法人の税務、事業承継、M&A支援、資産税にかかわるコンサルティング業務を手掛ける。

著者紹介

開業医のためのクリニックM&A

開業医のためのクリニックM&A

岡本 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

人口の4人に1人が高齢者という超高齢社会を迎え、社会保障費が年々増加を続けている日本。政府による医療費圧縮策や、慢性的な看護師不足、さらに後継者不足により、日本の開業医はかつてない苦境に立たされています。 帝国デ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!