資産運用 株式投資
連載長期保有で堅実リターンが期待できる「優待株」の選び方【第9回】

売買シグナルが読める「テクニカル分析」の代表的な指標とは?

株主優待移動平均線テクニカル分析MACD

売買シグナルが読める「テクニカル分析」の代表的な指標とは?

前回は「PER」「PBR」を活用した、より具体的な優待株の選び方を説明しました。今回は、株価のチャート分析を活用して、値動きの傾向を読み解く方法を見ていきます。

まずは「移動平均線」で相場のトレンドや方向性を探る

チャートによる分析は奥深い世界で、知識と経験によって、どこまでも深掘りすることができます。突き詰めるほどに様々な分析が可能となりますが、株主優待銘柄をターゲットとする本連載では、ベーシックなポイントについて触れておくこととします。

 

チャートを分析する上で、まず押さえておくべきは、移動平均線です。移動平均線はテクニカル分析の中でも多くの人に使われる指標です。

 

一定期間の終値の平均値を線で表し、相場のトレンドや方向性を見る指標です。株価の移動平均値を使うことから、日々の株価のバランスが平準化され、株価そのものを追うよりも方向性が探りやすくなります。

 

長期の値動きを把握するには月足、中期では週足、短期では日足といった具合に、表示する期間を変えてトレンドを見極めます。また、日足の中でも5日、25日、75日、200日と、取引の期間や把握したいトレンド期間に合わせて設定を変えて利用します。

 

複数の移動平均線を利用する分析方法も一般的です。日足なら5日線と25日線、あるいは75日線と200日線などです。複数線を利用して、ゴールデンクロスやデッドクロスなどを見極めて売買シグナルを測ることができます。

 

ゴールデンクロスは長期線が上昇中、あるいは横ばい傾向の時、短期線が下から上に突き抜けた時に買いのシグナルと見ます。その反対がデッドクロスです。

「MACD」で売買タイミングをより早く読み取る

移動平均線に似たトレンドフォロー系の指標にMACD(移動平均収束拡散法)があります。

 

移動平均線で一般的に利用される単純移動平均線よりも、直近の価格に重みを置いた指数平滑移動平均線を利用して、売買タイミングを早く読み取ることができる分析方法です。

 

MACDの0の値を中心として、0よりもプラスの位置から右肩上がりとなっていれば上昇トレンド、反対は下降トレンドなどと判断します。また、移動平均線と同様に2本のラインの交差で買い時と売り時を判断します。

 

下記図表のキリンホールディングス(2503)もMACDがクロスしてから、その後、移動平均線もクロスする値動きにつながっています。直近の価格の影響度を高めることで、単純移動平均線よりも売買タイミングを早くつかむことができる特徴が読み取れます。

 

[図表]キリンHD(2503)日足チャート

 

移動平均線の分析において、株価の終値が移動平均線とどれくらい乖離しているかを見るのもポイントの一つです。

 

株価が移動平均線よりも上下に大きく乖離した状態は、株価も上下に行き過ぎている可能性を表し、買われ過ぎ、売られ過ぎの過熱感を判断します。株価と移動平均線が乖離し過ぎると、移動平均線の方向に修正される動きが見られます。

 

たとえば、5日移動平均線乖離率がプラスマイナス5%以上になったら、短期的に買われ過ぎ、売られ過ぎというサインが出ていると読み取れます。こうしたサインをもとに、売買の判断の一つにつなげます。

 

テクニカル系の指標はご紹介した以外にも様々な分析方法があります。その時の相場状況や銘柄に合った分析方法をうまく使い分けることをお勧めします。

 

人気優待銘柄は長期でチャートを表示させると、特徴をつかみやすくなります。特に権利付最終日前後の動きを分析し、過去の値動きから銘柄独自のパターンや特徴を見分けて売買タイミングを把握しておくことで勝率がアップするはずです。

本連載は、2016年1月27日刊行の書籍『勝てる!「優待株」投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を解説したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。本連載の内容に関して投資した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

藤井 明代

カブドットコム証券株式会社 投資情報室投資アナリスト

カブドットコム証券株式会社投資情報室投資アナリスト。 大手ネット証券勤務後、同社グループ内のリテール部門に異動。 証券会社からの異動をきっかけに株取引を開始し、株主優待に魅了される。 2013年10月、カブドットコム証券株式会社に入社。 顧客対応に加えて、顧客向けにWEBサイトやSNS、メディアなどで情報発信を行う。 株主優待、NISAなどの解説を強みとし、テーマ株や新興市場銘柄などを追っている。 現在はネット配信番組やラジオ出演などメディア出演も多数。

著者紹介

連載長期保有で堅実リターンが期待できる「優待株」の選び方

勝てる!「優待株」投資

勝てる!「優待株」投資

藤井 明代

幻冬舎メディアコンサルティング

昨今ブームの株主優待。市場価格と比べてお得な条件で製品・サービスを享受したり、ここだけの限定品を手に入れることができるため、株式投資未経験者や初心者の人気を集めています。そんな優待銘柄が、利益の面でも優れている…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest