Airbnbで築古35年のアパートを安定収入源にした事例

今回は、築35年のアパートを「Airbnb」にすることで、リノベーションなども行わず、安定収入源として確保した事例を見ていきます。

手始めに1室だけAirbnbで運営をスタート

今回ご紹介するのは、築35年のテナント付き4階建てアパートを、Airbnbに転換することで安定収入を確保した例です。

 

オーナーはフランチャイズの飲食や中古書籍、不動産業など数々の事業を手掛けるやり手の事業家です。事業のひとつとして収益不動産活用事業があり、中古アパートを1棟買いしてリノベーションして運用することを何件かしていました。その中の物件のひとつを、今回Airbnbで活用してみたいということで、筆者の会社がお手伝いをすることになりました。

 

物件は築35年の4階建てアパートで、1階はテナントになっています。アパート部分は全9室ありますが、まず手始めに1室だけAirbnbで運営することにしました。

 

最寄りの駅までわずか1分で、電車を利用すれば新宿・渋谷などの都心へのアクセスも良く、また、両国国技館や江戸東京博物館、上野や浅草に近いのも魅力です。

 

古いアパートですが、昔、マンションのインテリアコーディネートなどをされていたため自らセンス良くリノベーションされています。畳の一角だけはアンティーク家具を備えて、昔の趣のある空間にしました。ベッドルームでは、畳に和布団を敷いて寝ることもできます。

 

Airbnbでは、このようにバスやトイレは使い慣れた洋式で、一部に日本らしさを感じる和室があるというのが喜ばれます。

 

こちらは最大4人まで泊まることができ、ゲスト2人までは1泊1万2000円程度で3人目からは1人につき1000円。最大4人まで宿泊できます。

 

 

オープンからまだ5ケ月しか経っていませんが、稼働率は最初の月から76%を超え、その後は80%台になり、直前の10月では93.6%と大変な人気物件となっています。収益の面でも、わずか5ケ月で113万を超える勢いです。オーナーは現状に大変満足しており、ほかの8室についてもAirbnbとして運営することを検討しています。

 

[図表]

本連載は、2015年12月11日刊行の書籍『中古アパート・マンションが生まれ変わる airbnb空室物件活用術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載中古アパート・マンションが生まれ変わる「airbnb運用」

リスクマネジメントグループ代表
株式会社リスクマネジメント・アルファ代表取締役
株式会社エース管理取締役 

1970年8月23日愛知県蒲郡生まれ、蒲郡育ち。27歳のとき、外資系保険会社にヘッドハンティングされ転職。2002年、31歳で独立開業。その後、株式会社リスクマネジメント・アルファを設立。不動産を扱う業務が増えたため、不動産売買仲介を行う株式会社エース管理を設立する。

著者紹介

Zens株式会社 代表取締役

1987年長崎県諌早市生まれ。17歳でニュージーランドに渡り、オークランド工科大学ビジネス学部卒業後、共同購入クーポンサービスで起業、その後株式会社トーチライトを経て2011年6月に株式会社Zen Startupを共同創業し、2013年8月に北米市場向けFacebook解析ツール「ZenMetrics」を開発・マーケティングを行う。2014年、自身がAirbnbホストになったことをきっかけに8月よりAirbnb内装・運用代行サービスを開始。

著者紹介

中古アパート・マンションが 生まれ変わる airbnb空室物件活用術

中古アパート・マンションが 生まれ変わる airbnb空室物件活用術

小沢 吾亘・町田 龍馬

幻冬舎メディアコンサルティング

ここ数年“サラリーマン大家”という言葉が定着してきました。年功序列や終身雇用制度が崩壊し、将来に不安を抱えるサラリーマンが安定した資産を築く手法として注目しているのが不動産投資です。こうしたサラリーマン大家の大…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧