資産運用 資産形成 海外口座
連載世界最強の通貨「ドル」による資産形成術【第9回】

ドルはなぜ「天動説」とも言うべき中心的な動きをするのか?

ドルプラザ合意為替介入FRB

ドルはなぜ「天動説」とも言うべき中心的な動きをするのか?

世界の金融は「ドル」が基盤です。本連載は、ロサンゼルス在住の元バンカーである金井規雄氏の新刊で、2015年10月に刊行された『ドル資産を持て!』(週刊住宅新聞社)の中から一部を抜粋し、ドル資産の具体的な築き方などをご紹介します。

円と他国通貨の両替えも「ドル」が仲立ちしている

世界の金融でドルが中心であることは、明々白々ですが、頭の中もドルを中心に考えを切り替えていくことが重要と思います。

 

日本は貿易国で、海外でもビジネス取引が広がっています。個人レベルでも海外旅行経験者も増えております。海外に行けば、日本円よりもドルが中心、ドルが使用できるということは、すでに実体験されていると思います。ドルが基軸通貨であるということが、海外で日本円から他国の通貨に替える場合にわかります。

 

たとえばタイ・バーツに替える場合、実は円からドル、そしてドルからバーツに交換されています。窓口では、円を出してバーツが出てくるので、ドルを仲介しているプロセスは見えませんが、交換レートを決めますので、ドルが仲立ちになっています。タイは日本人・日本企業も多いので、日本円が通用する、使えるケースもありますが、通常は他国では自国通貨以外では、ドルが実際に使えます。

 

またロシアでは、タクシーに乗りますと、支払いを「ドルで支払う」と言いますと、運転手は喜びます。ロシアの通貨・ルーブルは下落していることもあって、自国民でもあまり歓迎していないようです。これはロシアだけでなく、自国の通貨が弱い国では、事実です。

 

日本円は世界でも強い通貨になりましたが、ドルと対峙しますと、経済的にも政治的にも、アメリカに誘導されます。だいたい1ドル360円と決めたのは、アメリカ主導です。アメリカは400円を主張していて、日本は300円程度を考えていたようですが、円とは丸で360度だから、360円に決まったという説があります。

 

それが、1971年8月のニクソン・ショックで300円程度にドル安・円高になり、極めつけは1985年9月のプラザ合意です。合意といえば聞こえはよいですが、アメリカからの押し付けで、集まる前から内容はすべて決まっていて、会談も20分程度で済んだということです。

 

だから、アメリカが決定したことを、日本・西ドイツ・イギリス・フランスに伝えただけのようです。時のベイカー財務長官が日本(時の大蔵大臣・竹下登氏)に「1ドルは200円から200円以下で」と伝えたとのことで、当時230円だったのが一気に200円へ、1年後には150円まで下落=円高になりました。同時に円金利は6%だったのが8%まで上昇しました。銀行から借入れされていた方々は、2%以上も金利が急上昇し大変だったと思います。

ドルはアメリカの通貨であり、世界の通貨

筆者は銀行員時代、プラザ合意の時から為替・資金のディーリング・ルームに在職しておりましたが、「為替介入」といいまして、自国の為替レートを有利に変更するため、中央銀行が市場に介入してくるのです。この時、完全に一方的です。要するに、日本はアメリカの言いなりにならざる得ないということです。であれば、世界の金融の中心であるドルに頭の転換をお勧めします。ドルを中心に世界の金融・通貨が回っていますので、筆者は「ドル天動説」を唱えたいと思います。

 

もちろん日本で居住・生活していれば、円は必要で円での経済感は必要ですが、こと金融、つまり自分の資産を考える時はドルをベースにするべきだと思います。これからは円安、円高と円をベースに考えるのではなく、ドル高・ドル安とドルをベースに金融・経済思考を変えるべきです。

 

ひとつ余談を。発展途上国にIMFが資金提供をする場合、実際にお金はどうやって支払われるかご存知でしょうか? 国連の金庫(イギリス・ロンドンにあります)から、実際にドル紙幣で支払われます。筆者はこの目で見たことがありますので、事実です。事ほど左様に、ドルが世界を駆け巡っているのです。そのドルの金融政策を執り行っているのが、アメリカFRB(連邦準備制度理事会)です。

 

筆者が銀行勤務時代、アメリカ金利のマンスリーレポートを約2年間担当していたのですが、その時このFRBこそ金融の要で、金利を決定しており、世界の金融市場に影響を及ぼすということで、FRBの政策金利・金融政策を決定する最高意思決定機関であるFOMC(Federal Open Market Committee:連邦公開市場委員会)に注目していました。金融関係者の間では、「FED」と呼ばれています。

 

日銀がいくら金融政策や金利の上げ・下げを発表しても市場はさほど反応しませんが、FRBの金融政策は、資金市場はむろんのこと、為替市場、株式市場、商品市場、先物市場など、アメリカのみならず、世界中に影響を及ぼします。円は日本の通貨、バーツはタイの通貨、ポンドはイギリスの通貨、ルーブルはロシアの通貨、などなど。では、ドルは? アメリカの通貨ですが世界の通貨です。

投資は、自己責任で行うものです。
本書の情報をもとにした投資行動により、仮に損失や遺失利益が生じたとしても、著者、発行人、発行所はいかなる責任も負いません。
投資決定はあくまでご自分の判断でなさるようお願い致します。

金井 規雄

立命館大学経済学部卒、カリフォルニア大学院統計学修士号。
三菱東京UFJ銀行(為替資金部資金課および企業融資担当)入行ロスアンジェルス支店勤務後、Bank of the West日本企業部を経て、2004年コスモ・インベスメント(不動産仲介・コンサルティング)を設立、現在に至る。
カリフォルニア州不動産仲介ライセンス、カリフォルニア州保険ライセンス保有。米国での仲介実績多数。
現地銀行、会計士、弁護士、保険業者、管理会社などとの幅広いネットワークを持つ。
著書に「安全!確実!アメリカ不動産投資のすべて」(週刊住宅新聞社)がある。

著者紹介

連載世界最強の通貨「ドル」による資産形成術

ドル資産を持て!

ドル資産を持て!

金井 規雄

週刊住宅新聞社

海外との係わりが増えている日本では、今後も経済を中心に海外との取引・結びつきがますます増えていくことは明らかです。また、世界のビジネス取引においては、決済通貨はドルがほとんどですので、ドルの重要性・必要性はどん…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest