特集2016.4親族内の事業承継

相続・事業承継 事業承継
連載事業の早期継承を実現する「引継ぎマニュアル」の作り方【第3回】

事業承継で「引き継ぐべきこと」を明確にする理由と方法

後継者中小企業

事業承継で「引き継ぐべきこと」を明確にする理由と方法

前回は、経営者としての自分のタイプと役割を分析する方法について説明しました。今回は、情報を整理し、事業承継で「引き継ぐべきこと」を明確にする理由と方法を見ていきます。

事業は「ソフト」と「ハード」の2階建てで成り立つ

事業承継を行うための「引継ぎマニュアル」の作成方法を見ていきます。

 

【その2:引き継ぐべきことを検討する】

事業引き継ぎについて考える時、引き継ぐべきものは何なのかに焦点を当てると、情報がすっきりと整理しやすくなります。事業というのは、“ソフト”と“ハード”という2階建ての概念的構造で成り立っています。

 

それを説明するのに、ひとつ適したエピソードがあります。フランスの作家、サン=テグジュペリの代表作である「星の王子さま」の一節に、「大人は数字が好き」というエピソードがあります。おおむね以下のような内容です。

 

大人というものは、数字が好きです。僕が新しくできた友だちの話をするとき、大人は、肝心なことはききません。「どんな声の人?」とか、「どんな遊びが好き?」とか、「蝶の採集をする人?」とかいうようなことはまるで聞かずに、「その子は、いくつ?」とか、「兄弟は、何人いるの?」とか、「体重はどのくらい?」とか、「お父さんは、どのくらい給料をとっているかな」とかいうようなことを聞くのです。そしてやっと、どんな人かわかったつもりになるのです。

 

文章の中には哲学的にも多くの示唆が含まれていると感じますが、それはさておき、ここでは大人と子どもの表現方法について考えてみます。

 

子どもは「どんな声なのか」「どんな遊びが好きか」といったように概念的な表現方法を好むのに対し、大人は「年齢はいくつか」「体重はどれくらいか」と具現的な表現方法で対象を把握しようとしています。これは両方とも間違いというわけではなく、表現方法や理解しやすい対象の違いであるといえます。そして、両者を組み合わせれば、さらに明確な人物像を描くことができます。

 

こうして、異なる概念を組み合わせてものごとを表現するという視点で考えるなら、あるひとつの事象は、「量や数字であらわせないもの(ソフト)」と、「量や数字であらわせるもの(ハード)」で成り立っていると見ることができます。

 

星の王子さまの話でいうなら、子どもが表現しているのはソフトで、大人が表現しているのはハードです。身近なところで例えるなら、自分自身は、人格・性格・愛想・交友関係などのソフトと、性別・体形・体格・血筋というハードで成り立っています。

ソフト面のケアを怠ると事業承継は失敗する

この「ソフトとハード」という概念的構造は事業にもあてはまり、事業引き継ぎについて考えるうえでの指針として活用できます。ハードというのは、いわば見た目でわかるものですから理解しやすいはずですが、事業の「ソフト」という概念は、ややわかりづらいかもしれませんから、ここでソフトについての解説を加えておきます。

 

例えば自動車メーカーの成果物として、どの会社でもハードの基盤になっているものは同じ「自動車」です。しかし、ブランドイメージや理念というソフトがプラスされることで、法人のイメージが差別化されています。以下はあくまで個人的な印象ですが、トヨタは「万人向け」、日産は「優等生」、ホンダは「革新的技術」、スズキは「軽自動車」、三菱は「重厚感」というように、筆者にとってそれぞれのソフトが違うことで、好みのメーカーを選べるわけです。つまりソフトは、企業の差別化の土台となるものと考えることができます。

 

ひとつの企業をソフトとハードに分類すると、販売戦略・経営理念・従業員名・経営者の個性、営業担当の性格などがソフトにあたり、取扱商品・従業員数・資本金額・売上高・社歴などはハードにあたるものです。

 

さらに細かく見ていくなら、例えば、売り上げは「誰が・どのように・いくらで(ソフト)」+製品・定価(ハード)」、組織は「主な役割・個人名(ソフト)+部署名・人数(ハード)」、資金繰りは「どこから・どのように(ソフト)+いくら・用途(ハード)」・・・というように、事業を構成するあらゆる要素が、ソフトとハードに分けられます。

 

【図表 企業の中身をソフトとハードに分解する】

 

事業とは、理論的にはハードの部分さえきちんと引き継ぐことができれば事業の継続は可能です。しかし実際には、親子間の対立や従業員の不満などといったソフトの要因から事業継承に失敗するケースが非常に多く、ソフトの部分をきちんと整えておくことも極めて重要であるといえます。第1回目の「その1:自分を知る」は、実はソフトの部分をうまく後継者とマッチングさせていくために必要なことでした。

 

次回は、ソフトに関しても注意を払いつつ、ハード部分の具体的な引き継ぎ方について解説していきます。

本連載は、2015年10月25日刊行の書籍『たった半年で次期社長を育てる方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

和田 哲幸

株式会社カメリアプランナー  代表取締役

1975年、岐阜県出身。バブル崩壊後の就職氷河期真っ只中に大学を卒業し、就職浪人の上やっとの思いでベンチャー企業に就職し同企業でフランチャイズ(FC)担当となり、以降FC新規開発営業、スーパーバイザーとして300名以上の個人事業主、中小企業の事業主と交流。業務を通して得た企業の創業や事業計画立案など経験を活かし、2010年、中小企業の創業や企業支援を目的とした株式会社カメリアプランナーを立ち上げ、代表取締役に就任。現在は広告物・販促物を活用した広告宣伝支援や、法人設立や新規事業設立プロジェクト支援などに携わる。現在は8種類の業種の異なる法人・団体の取締役や幹部を務める。

著者紹介

連載事業の早期継承を実現する「引継ぎマニュアル」の作り方

たった半年で次期社長を育てる方法

たった半年で次期社長を育てる方法

和田 哲幸

幻冬舎メディアコンサルティング

中小企業は今後10年間、本格的な代替わりの時期を迎えます。帝国データバンクによると、日本の社長の平均年齢は2013年で58.9歳、1990年と比べて約5歳上昇しました。今後こうした社長たちが引退適齢期に突入します。もっと平た…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest