収益用不動産を取り扱う会社にはどんな種類があるのか?

前回は、不動産会社にはどのような種類があるのかを紹介しました。今回は、その中でも収益用不動産を扱う会社を取り上げます。それぞれの種類と特徴を見ていきましょう。

多くがインターネットを駆使する収益用不動産会社

収益用不動産を購入するには、それ専門でなくても、収益用不動産の取り扱い件数が多くて専門性の高い会社を選ぶほうが安心でしょう。

 

なお、収益用不動産のマーケットは歴史が浅いため若い会社が多く、この分野に特化した会社は一般的な不動産会社と異なり、インターネットを駆使しているところが多いという特徴があります。

 

収益用不動産を扱う会社にもいくつかの分類がありますので、ご紹介しましょう。通常は以下の分類の組み合わせによって成り立っています。

 

■「レインズ」型と「極秘」型

 

まず、物件情報の入手経路という観点で2つに大別することができます。レインズに掲載されている情報をひたすら紹介する「レインズ」型と、レインズには公開されていない独自に仕入れた情報を紹介する「極秘」型です。

 

レインズ掲載の物件には、基本的に優良なものが少なく、仮にあったとしても、購入できる可能性は低いです(ただし、価格が大幅に下がるなど、同一物件でも好情報を独自に入手できたとすれば、それは全く別の物件として扱ってよいでしょう)。

 

レインズには毎日多数の情報が出ますので、多くの物件を見ることができるメリットはありますが、相場をチェックするという感覚での利用方法が良いでしょう。ちなみに、インターネットで複数の会社が同じ物件を掲載していたら、その物件はレインズ物件です。

 

極秘型は、独自のルートを使って物件を収集します。筆者の会社はこのパターンで営業をしています。当社の情報元としては、営業エリアの不動産会社からの紹介物件、地元の地主さん、サービサー(債権回収会社)からの任意売却(任売)案件、地元金融機関からの紹介案件等です。

 

極秘型の難点は、物件の数が圧倒的に少ないことです。まず前提として、相対で物件を紹介され、次に価格面での折り合いがついて初めてお客様へ提示できるわけですから、レインズ型と比較して絶対数が少なくなります。

長期的な取引ならファーミング(農耕)型を・・・

■「ハンティング(狩猟)」型と「ファーミング(農耕)」型

 

次に、エリア戦略による分類ができます。日本全国の物件を販売する会社を「ハンティング(狩猟)」型、エリアを絞った展開をしている会社を「ファーミング(農耕)」型と名付けています。

 

ハンティング型の特徴は、レインズその他の手法を駆使し、オープンになっている全国の物件情報を収集してお客様に紹介することです。地縁は特になく、札幌であっても福岡であっても対応します。まさに狩りをするように物件を集めては売っていきます。

 

その物件を取り扱う不動産会社(取引先)との面識はなく、取引も一回限りであるケースがほとんどです。

 

一方、当社のようなファーミング型は、エリアを限定し、顔馴染みの不動産会社や地主さん、金融機関等から紹介された物件をお客様に紹介します。馴染みの取引会社、地主さんを開拓し、物件を収集するのが特徴です。

 

長期的な取引が前提のため、1年以上もかかって案件化するケースも多々あります。ハンティング型との違いは、将来的な取引も含めた関係のなかで取引を行っている点です。

 

それぞれに一長一短はありますが、不動産というのは地に付いた商品ですから、当然、地域性が強くなります。不動産会社は物理的には日本全国の物件を扱うことも可能ですが、その場合、土地勘がないため物件の特性(特に地域性)までを把握することは不可能です。

 

一方、ファーミング型はエリアを限定しているため、地域特性を把握したうえで物件を紹介できる強みがあります。当社の取り扱いエリアは、埼玉県内およびその周辺です。

 

デメリットは、紹介できる数に限りがあり、他県で物件を探している方への対応はできないことです。自分の求めるものに応じた会社を選択する必要があります。

本連載は、2012年6月27日刊行の書籍『年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門 [改訂版] 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本書は情報の提供及び学習を主な目的としたものであり、著者独自の調査に基づいて執筆されています。実際の投資の成功を保証するものではなく、本書を用いた運用は必ずご自身の責任と判断によって行ってください。本書の内容に関して運用した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門

武蔵コーポレーション株式会社 代表取締役

昭和50年 埼玉県熊谷市生まれ。東京大学経済学部卒業後、三井不動産株式会社に入社。同社にて商業施設(ショッピングセンター)やオフィ スビルの開発・運営業務に携わる。平成17年12月同社を退社し、さいたま市において有限会社武蔵コーポレーション(現在は株式会社)設立。代表取締役に就任。賃貸アパート・マンション(収益用不動産)の売買・仲介に特化した事業を開始する。

著者紹介

年収1000万円から始める  「アパート事業」による 資産形成入門

年収1000万円から始める 「アパート事業」による 資産形成入門

大谷 義武

幻冬舎メディアコンサルティング

大企業でも倒産する現在、自分の身は自分で守るべく、副収入としての投資を考える人が増えています。そんななか、アパート事業による資産形成の火付け役となった本書が、改訂版としてパワーアップいたしました。不動産会社の選…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧