不動産 国内不動産
連載任意売却物件の魅力と投資法【第8回】

任意売却物件を購入前に「目的」を明確化すべき理由

キャピタルゲインインカムゲイン表面利回り任意売却

任意売却物件を購入前に「目的」を明確化すべき理由

前回は、任意売却物件を選ぶ際の留意点などを説明しました。今回は、任意売却物件を購入前に、インカムゲイン狙いか、キャピタルゲイン狙いかを決めるべき理由を見ていきます。

キャピタルかインカムか狙いを明確にする

任売物件に投資する際に、もうひとつ大切なことがあります。任売物件を購入する前に、その目的をはっきりさせておくことです。目的というのは「インカムゲイン狙い」にするのか、「キャピタルゲイン狙い」にするのか、というところです。

 

これまでにも、繰り返し指摘してきましたが、任売物件はインカムゲイン、キャピタルゲインの両方を同時に追求することができる物件です。特に、現在の任売物件というのは競売物件よりも実質的に割安になっているケースが多く、さらに市場価格よりも格安で入手できる希少価値のある物件になっています。

 

そのため、多くの不動産業者は、任売物件を入手すると自動的に転売して「売買益=キャピタルゲイン」を獲得することを目指してきました。転売して利益を出すためには、最初からある程度、市場価格との間に価格差が必要ですが、任売物件はその条件にぴったり符合している、と言っていいのかもしれません。そもそも、不動産業者は、任売物件を売却する際には次のようなステップを踏みます。

 

①債務者が不動産業者に競売を避けるために任意売却を依頼

②不動産業者向けに限定的に情報を流す(競売まで時間がない場合)

③②と平行して、業者間のオンライン情報サイト「レインズ」に情報を流す

④購入希望者より申込書を受領し、任意売却物件の売買が成立

 

②のステップで、なぜ不動産業者に限定するのかといえば、プロの業者であれば、前述のようなリスクを承知で引き受けてもらえるからです。プロのほうが意思決定も早く、速やかに売却できることも理由のひとつです。

 

ただし任意売却の場合は、そのまま賃借人が住み続けたいという希望が多く、「セールス&リースバック」によって住み続けてもらえることも少なくありません。収益不動産としての「利回り」があり、いわゆる「インカムゲイン」を目的とした投資も多く、利回りも一般的な収益不動産よりは高くなる場合もあります。たとえば「表面利回り」の計算式は以下のようになります。


賃貸収益÷物件価格×100

 

たとえば、表面利回り20%はかなり高い方で、そのような物件なら持ち続けても良いですし、利回りから逆算して売却するのも良いでしょう。購入価格が600万円で、月10万円の家賃が入る物件があるとすると、これを利回り10%で購入する人が現れた場合、売り値は1200万円になります。

狙う利益によって出口対策も異なってくる

いずれにしても、キャピタルゲイン狙いか、インカムゲイン狙いかを、はっきりさせておく必要があります。というのも、不動産投資では「出口戦略」も重要になってくるからです。最初に購入した時点で、キャピタルゲイン狙いの場合は、比較的短期間で転売できるような努力をしなければなりません。言い換えれば、キャピタルゲイン狙いの場合は「転売しやすい物件」に絞って探すなどの工夫が必要になるわけです。

 

一方で、インカムゲイン狙いで任売物件をターゲットにするとすれば、ある程度の期間は保有することになるため、管理費とか修繕費、リフォーム費用などに関する諸条件のチェックが欠かせません。特に、修繕積立金については、マンションの管理組合でどの程度の蓄えがあるのか、総額をチェックして知っておくと安心です。少ない場合には、別途請求されることもあり、多ければ、その可能性は低くなります。

本連載は、2014年10月10日刊行の書籍『任意売却物件ではじめるローリスク不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

安田 祐次

丸の内AMS株式会社 代表取締役 一般社団法人 全日本任意売却支援協会 代表理事

1967 年生まれ、大阪市立大学大学院 創造都市研究科修了。現在、丸の内AMS株式会社代表取締役。一般社団法人 全日本任意売却支援協会代表理事の肩書を持つ。首都圏、関西圏を中心に年間1200 件を越えるローン破綻者からの相談を解決に導いている、任意売却を専門に取り扱う不動産のプロ。ローン破綻者の住み続けたい要望に応えるための、任売リースバック社債で投資家と債務者をつなぎ合わせる手法での実績が多い。また、不動産会社に任意売却の方法をセミナー等で伝え、任意売却の啓蒙活動も積極的に行っている。報道ステーション、ワールドビジネスサテライト、報道特集などメディア出演多数。著書に『住宅ローン無理して払うな!』(早稲田出版)、『お客様に喜んでもらえる不動産会社のつくり方』(風詠社)がある。

著者紹介

連載任意売却物件の魅力と投資法

任意売却物件ではじめる ローリスク不動産投資

任意売却物件ではじめる ローリスク不動産投資

安田 祐次

幻冬舎メディアコンサルティング

サラリーマンが副収入を得る方法として注目を集める不動産投資。しかし不動産は決して安いわけではありません。初期費用がかかるほどリスクは高くなるため、不動産投資の基本はできるだけ安価で条件の良い物件を探し出すこと、…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest