数ある相続税対策の中で「最も効果的な手法」とは何か?

今回は、数ある相続税対策の中で最も効果的な手法とは何か、改めて基本となる考え方を見ていきます。

最大の相続税対策とは「腕のいい税理士」に頼むこと

今までの連載で、相続税対策に関していろいろ述べてきました。それでも本連載での話はごく限られたものにすぎません。それ以外にも、いろいろなケースに応じた各種の方法があります。

 

しかし読者の皆さんからすれば、「いろいろある中で、自分にとっては何が最適な対策なのか。それをはっきり示してほしい」という話にもなりましょう。いやもっと言えば「ごちゃごちゃした話はいいから、最も効果的な相続税対策は何なのか、それを聞かせろ」という要請がなされるように思います。

 

それにズバリお答えします。それは相続発生時に「腕のいい税理士に依頼すること」です。

 

相続税対策は前段(相続開始前に行うもの)と後段(相続発生後に行うもの)の二つに区分できます。むろん双方ともが重要です。そして、後段の対策の扇の要に位置するのが、この税理士の選択というわけです。

 

選択した税理士の腕のよしあしは大変な重みがあります。また相続人が求めているのは節税だけではないはずです。何より円満な遺産分割、さらには税務調査への恐怖感の除去もありましょう。

 

事前の相続税対策がしっかり行われている場合であっても、税理士の選択はゆるがせにできません。すでになされた対策を生かすも殺すも、税理士がどのような申告書を作成するかがすべてだからです。

 

この「腕のいい税理士」には三つの側面があります。それは「不動産に強い」「税務署に強い」「依頼者に弱い(優しい)」の三点です。これらすべてを満たしていれば最高ですが、そんな人はおいそれとはいません。ともすると多くの税理士は三戦全敗と言わざるを得ないのですから・・・。総論はこれぐらいにして、具体的に述べていきます。

大半の税理士の間に蔓延する「震え評価」

依頼した税理士が「不動産に強い」人であるかどうかは、絶対的な要件と言えましょう。

 

まず一般の税理士に、評価規定をしっかり使いこなす力量が備わっているかどうかは、かなりの疑問と言わざるを得ません。ましてや「土地の評価額をいかに引き下げるか」という内容に関しては、そのほとんどの対応は困難となります。

 

そもそも土地の評価規定は、そうかっちりしたものではありません。その解釈には幅があります。たとえば「(騒音等の特殊事情に起因して)付近の土地に比べて利用価値が著しく低下している場合には、評価額を1割減にする」という規定があります。

 

しかし、この「利用価値が著しく低下している」のように漠然としたことを言われても困ってしまいます。下手にこれを適用すれば、後日の税務調査で「そこまでは利用価値は低下していない」などと言われてしまう可能性があります。

 

場合によっては、税理士の顔色を見ながら「この評価は低すぎるんじゃないですか」などと、ダメ元で鎌をかけてくるかもしれません。

 

評価に自信があれば、そのような指摘は即座に否定することができます。しかし、自信がなければ、「低すぎる」と言われたらどうしようと不安になります。それにより評価額が否認されれば、過少申告加算税等を含め追徴を受けてしまいます。大切な顧客の信頼を失ってしまうのです。

 

こうした不安を除去するために、税理士は「無難な評価」を行います。否認されないような無難な評価、つまり減額規定を適用しないままの評価です。税務署は「評価が高すぎるから評価を下げなさい」とは言ってこないからです。

 

これであれば御身は安泰で、顧客の信頼を失うこともありません。とはいえ実態は「無難な評価」というより「震え評価」と言うべきかもしれません。

 

土地の評価規定には解釈や判断を要する部分がかなりあります。地主層が所有する複雑な土地は、そうした部分がてんこ盛りです。とりわけ今日「広大地に該当するかどうか」の判断は本当に微妙な域にあります。しかし、大半の税理士は、少しでも疑義があると「無難な評価」に逃げ込みます。そしてこれがかなり蔓延しているのです。

 

したがって、相続財産にいくつもの土地がある場合には、通常で少なくとも5〜10%、広大地が絡んでくれば軽く20〜30%程度の余分な税を払っていると考えられます。相続税は累進課税です。評価額の10%の減少が減らす税額は15%近くに拡大するという事情もあるからです。

 

やはり税理士の選択は、節税面で圧倒的に重要であると考えます。

本連載は、2014年2月27日刊行の書籍『相続税を減らす不動産相続の極意』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

森田 義男

森田税務会計事務所 代表

税理士・不動産鑑定士。
昭和23年埼玉県生まれ。昭和47年東京教育大学卒業。同年三井信託銀行入社。16年間の在籍中10年間にわたって不動産業務を担当。その後、同社を昭和63年退社。同年森田税務会計事務所を開設する。資産税(特に不動産の評価・分割)を得意分野とし、二十数年にわたり数多くの相続税対策、申告を手掛ける。主な著書に『はじめての不動産実務入門』(近代セールス社)、『新・間違いだらけの土地評価』(週刊住宅新聞社)、『公示価格の破綻│驚くべき鑑定評価の実態』(水曜社)、『新・嘆きの「固定資産税」物語』『新・怒りの「路線価」物語』(ともにダイヤモンド社)、『相続力』(BKC)等がある。

著者紹介

連載不動産相続を成功に導く「税理士」の選び方

相続税を減らす不動産相続の極意

相続税を減らす不動産相続の極意

森田 義男

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税対策の成否は「土地の相続税評価をいかに行うか」にかかっています。しかし、専門家であるはずの税理士や金融機関の担当者等が、まったくと言っていいほど不動産を知らない状況にあるとしたら…。 本書では二十数年にわ…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest