税金 減価償却 節税
連載元・東京国税局部長が明かす、スゴい「減価償却」【第29回】

償却資産の使用期間や頻度で変わる「減価償却費」の計算方法

減価償却費増加償却償却限度額

償却資産の使用期間や頻度で変わる「減価償却費」の計算方法

前回は、減価償却資産を決算日直前に購入する場合の二つの留意点について説明しました。今回は、事業年度が1年未満で取得した減価償却資産、法定耐用年数が想定している標準稼働時間よりも使用時間が長い償却資産の減価償却方法について見ていきます。

事業年度が1年未満の場合は償却率を月割計算する

法人の設立1期目や決算期を変更した場合には、その法人の事業年度が1年に満たない場合があります。このように事業年度が1年未満の場合は、定額法や定率法の償却率を月割計算することになります。具体的には、定額法または定率法に係る償却率または改定償却率×その事業年度の月数/12を使って計算することになります。

 

例えば、12月に設立された法人(3月決算)が取得価額2000万円、耐用年数17年、償却率0.118、定率法の資産を12月に取得し、即時に事業供用した場合の減価償却費を見てみましょう(償却保証額は省略します)。

 

[PR] 元・東京国税局部長が明かす「海外資産」保有者のための最新税務対策セミナー

 

まず、この場合の償却率は、0.118(定率法の償却率)×4/12=0.04になります。ここで、小数点3位未満の端数がある場合、その端数は切り上げられます。この償却率を基に減価償却費を計算すると、2000万円×0.04=80万円となります。

資産の損耗程度に応じて償却額を増加できる制度も

通常の減価償却費にプラスαの費用を上乗せして費用計上できる「増加償却」という制度があります。増加償却は、通常考えられる以上に資産が消耗したときに、その分だけ償却費に加えましょう、という制度です。

 

例えば、工場の生産ライン(機械装置)が通常の使用時間を超えて24時間フル稼働している場合などは、償却資産の損耗が大きくなるので、通常の減価償却費に、償却資産の使用時間が長くなっている分の増加償却を加えることができるということです。

 

機械及び装置の法定耐用年数は、通常の経済事情における平均的な使用時間(標準稼働時間)を基に決められています。しかしながら、注文の増加などにより、法定耐用年数が想定している標準稼働時間よりも実際の使用時間が長い場合があります。そこで、損耗の程度に応じて償却額を増加するわけです。

 

増加償却が適用できる償却資産は機械装置のみであり、また、次の五つの要件をすべて満たす必要があります。

 

①標準稼働時間を超えて使用していること

②定額法又は定率法により償却していること

③増加償却割合が10%以上であること

④増加償却の届出書を、増加償却を行う事業年度等の法人税等の確定申告書の提出期限までに提出していること

(注)この届出書は、増加償却を行う課税期間ごとに提出する必要があります。

⑤超過使用したことを証明する証拠書類を保存していること

 

増加償却割合とは、機械装置の1日当たりの超過使用時間数×3.5%(少数点以下2位未満切り上げ)とされています。一方で、機械装置の通常の使用時間は、国税庁の通達により、設備の種類ごとに週6日制を前提として、1日の時間が8時間、16時間、24時間とされています。通常の使用時間が24時間とされている設備には、増加償却の適用がありません。

 

1日当たりの超過使用時間数が2.6時間以上であれば、増加償却割合は10%以上になりますので、要件の一つを満たすことになります。通常8時間の機械装置であれば、10.6時間以上の使用、通常16時間の機械装置であれば、18.6時間以上の使用が必要になってきます。なお、要件を満たせばいくらでも償却費を上乗せできるわけではありません。法人が増加償却を適用する場合の償却限度額(損金に算入できる減価償却費の限度額)は、次のとおりです。

 

償却限度額=普通償却限度額+普通償却限度額×増加償却割合

 

増加償却については、増加償却割合の計算が面倒ですし、超過使用したことを記録し、証拠書類を保存するとともに、確定申告書の提出期限までに届出書も提出しなければならないことから、適用要件を満たすのは、なかなかハードルが高いかもしれません。

 

[PR] 元・東京国税局部長が明かす「海外資産」保有者のための最新税務対策セミナー

 

また、増加償却の適用ができれば、減価償却費を通常よりも多く経費や損金に算入できますから魅力的に思えるかもしれませんが、基本的に使用実態に合った減価償却を行うもので、課税の繰延というタックスメリットはあまり得られません。

本連載は、2014年4月25日刊行の書籍『スゴい「減価償却」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載の内容に関しては正確性を期していますが、内容について保証するものではございません。取引等の最終判断に関しては、税理士または税務署に確認するなどして、ご自身の判断でお願いいたします。

杉本 俊伸

杉本俊伸税理士事務所 所長・税理士

1967年宮城県生まれ。中央大学法学部を卒業後、国税庁入庁。大曲税務署長、関東信越国税局調査査察部国際調査課長、ハーバード大学ロースクール、財務省主計局主計官補佐、国税庁資産課税課課長補佐、税務大学校研究部主任教授兼国税庁国際業務課、東京国税局調査第三部長等を経て、2013年12月退官。2001年米国公認会計士資格合格。東京国税局の調査部長として大企業の税務調査を指揮したほか、国税庁では全国国税局の資産課税事務の指導監督などを経験。現在は相続・事業承継、税務調査対策、国際税務に関するコンサルティングに取り組んでいる。

著者紹介

連載元・東京国税局部長が明かす、スゴい「減価償却」

スゴい「減価償却」

スゴい「減価償却」

杉本 俊伸+GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

「減価償却で節税」とはよく聞きますが、課税と節税の仕組みを十分に理解して使いこなせている人は多くありません。減価償却を活用するポイントは、タックスマネジメントです。タックスマネジメントとは、税額や納付のタイミン…

相続・事業承継セミナーのご案内 有料 10,000円 主催:カメハメハ倶楽部

資産5億円以上の方のための元・国税局部長による戦略的「相続税」対策

~もう相続税対策のためにタワーマンションを買ったり、アパートを建てたりする必要はありません

講師 杉本俊伸 氏
日時 2017年03月11日(土)
内容

・備えあれば患えなし!相続税を賢く乗り切る

・相続税納付資金に困らない!グローバル資産増大法

・金融資産、不動産、自社株の個別対策

・相続税対策におけるシークレットスキーム活用法

・相続税対策における最前線の合法節税法とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
税務セミナーのご案内 有料 10,000円 主催:カメハメハ倶楽部

元・東京国税局部長が明かす「海外資産」保有者のための最新税務対策

~金融口座情報の自動的交換に対応した国際的な資産防衛の進め方

講師 杉本俊伸 氏
日時 2017年03月25日(土)
内容

・規制強化?タックスヘイブン対策税制と5年超海外移住スキームに係る税制改正の動向

・2018年から始まる金融口座情報の自動的交換とは?

・金融口座情報の自動的交換に対応した国際的資産防衛法

・資産家向けグローバルタックスマネジメント

・税効果抜群!グローバル資産増大法

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest