資産運用 株式投資
連載長期保有で堅実リターンが期待できる「優待株」の選び方【第6回】

きっかけはひとりの女の子?「株主の声」が企業を動かした実例

投資家株主優待株式投資株主総会議決権

きっかけはひとりの女の子?「株主の声」が企業を動かした実例

前回は、株主優待が人気の企業に投資をする際、注視すべき点などを説明しました。今回は、投資先選定の一つの要素となる「株主の意見に耳を傾けてくれる企業かどうか」について、実例をもとに見ていきます。

「私的にはぬいぐるみがいいです!」

前項で「株主は企業の経営に対し議決権を行使する権利がある」と述べました。権利を持ったとは言え、ある一定以上の株式を保有しない限り、その企業の経営に直接口出しをすることはできません。

 

一般の株主が意見を発する場は、主に株主総会になります。株主総会を通じて、経営の重要事項決定に関与できるのです。また株主総会で質問や意見などを発言することが認められています。

 

とは言え、大抵の株主総会はスケジュールに従って粛々と進行し、決議について異議を唱えるといったシーンはほとんど見られなくなっています。このような状況は果たして、株主の声に耳を傾けていると言えるのでしょうか。

 

2014年、サンリオ(8136)の株主総会の質疑応答で、10歳前後の女の子が株主番号と名前を述べた上で、こう意見しました。

 

「株主優待がタオルばかりでタンスに入りきりません。私的にはぬいぐるみがいいです!」

 

それに対し、サンリオの辻信太郎社長は笑顔で「いいですね、ぬいぐるみやりたいです。やらせましょう」と前向きに回答しました。これに対し、株主総会の出席者が拍手喝采となり、会場は温かいムードに包まれたそうです。

 

翌年、その約束を守る形で、『サンリオ創立55周年記念 ハローキティ オリジナルぬいぐるみ』が株主優待とは別に、記念品として贈呈されました(下記図表)。

 

[図表]サンリオ(8136)創立55周年記念品ハローキティオリジナルぬいぐるみ(100株以上の株主用)

 

口約束で終わらせず、実現させるところに辻社長やサンリオの企業としての懐の深さを感じます。

株主の意見に耳を傾けてくれる企業かどうか?

一方で、株主である女の子との約束を守るために、かなりのコストをかけることも間違いありません。一部の株主からは、「優待にそれだけのお金をかけるなら配当に回すべきでは?」との意見も聞かれました。

 

もっともな意見ではありますが、辻社長は「増配すると自分が筆頭株主なので、儲かるのは自分になってしまいます」と回答し、質問した株主も納得されたそうです。

 

企業規模が大きくなれば、それだけ制約も増えますが、その中で株主の声を聞き、しっかり応えたサンリオは個人株主にこれからも支持され続けるでしょう。こうした株主の意見に耳を傾けてくれる企業かどうかは、投資先選定の一つの要素として重要だと考えます。

本連載は、2016年1月27日刊行の書籍『勝てる!「優待株」投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を解説したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。本連載の内容に関して投資した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

藤井 明代

カブドットコム証券株式会社 投資情報室投資アナリスト

カブドットコム証券株式会社投資情報室投資アナリスト。 大手ネット証券勤務後、同社グループ内のリテール部門に異動。 証券会社からの異動をきっかけに株取引を開始し、株主優待に魅了される。 2013年10月、カブドットコム証券株式会社に入社。 顧客対応に加えて、顧客向けにWEBサイトやSNS、メディアなどで情報発信を行う。 株主優待、NISAなどの解説を強みとし、テーマ株や新興市場銘柄などを追っている。 現在はネット配信番組やラジオ出演などメディア出演も多数。

著者紹介

連載長期保有で堅実リターンが期待できる「優待株」の選び方

勝てる!「優待株」投資

勝てる!「優待株」投資

藤井 明代

幻冬舎メディアコンサルティング

昨今ブームの株主優待。市場価格と比べてお得な条件で製品・サービスを享受したり、ここだけの限定品を手に入れることができるため、株式投資未経験者や初心者の人気を集めています。そんな優待銘柄が、利益の面でも優れている…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest