相続・事業承継 M&A ドクター向け
連載クリニックM&Aを成功に導く「6つのポイント」【第5回】

クリニックM&A――個人開業のままで承継するパターンとは?

M&A開業医事業継承

クリニックM&A――個人開業のままで承継するパターンとは?

クリニックM&Aの4つのパターンのうち、今回は、「個人開業のままで承継」するパターンについて詳しく見ていきます。

原則として「負債」や「従業員の契約」は引き継がない

本連載の第4回でクリニックM&Aの一般的なパターン分類として、次の4つをご紹介しました。
 
①個人開業のままで承継
②旧法の医療法人のままで承継
③新法の医療法人で承継
④個人開業を医療法人に組織変更してから承継

 

今回は、個人クリニックM&Aの主流である①個人開業のままで承継について具体的に説明します。

 

個人開業のクリニックのM&Aと、医療法人のクリニックのM&Aでは、大きくスキームが異なります。個人開業のM&Aは「資産売却」というかたちでクリニックを譲渡します。

 

これは、中古の家を購入するのと同じようなイメージです。引き継ぐものはクリニックの建物や医療機器だけで、資産以外の負債などは原則引き継ぎません。前の家主の住宅ローンを次の家主が引き継がないのと同じです。


譲渡価格は「固定資産の時価」に「のれん代」を加えた価格になるのが基本です。のれん代というのは、クリニックの将来性や収益性を加味した営業権のことです。周辺に競合が少なく常連患者も多く見込めるような場合は、のれん代が高めになります。反対に周辺に競合が多く、患者数が減少傾向にあるような場合は、のれん代が低めになります。


個人開業のM&Aで注意したい点は、従業員との雇用契約やカルテは原則として引き継がれないところです。従業員を引き続き雇いたい場合は、新経営者との間で新たに雇用契約を結ぶことになります。

 

また、買い手側は診療所開設許可を新規に取得する必要があります。売り手は同じ時期に診療所廃止届を提出します。この手続きにはおおよそ2~3か月かかることが想定されるので注意が必要です。カルテについては、経営者間で勝手に受け渡しすることはできないので、行政との相談になります。

 

不動産の譲渡所得税の計算方法とは?

個人開業のM&Aで生じる課税関係も確認しておきましょう。


個人名義のクリニックの不動産(土地建物)を譲渡することで、譲渡所得税が生じます。不動産以外に棚卸資産などを譲渡する場合に、譲渡価格と帳簿価格が同額であれば利益が出ないので課税は生じませんが、帳簿価格より高い金額で譲渡して利益が出るような場合には、その利益分に課税されます。


例えば、取得価格5000万円の建物を、4000万円で譲渡した場合、売却時の帳簿価格は取得価格5000万円から減価償却分1800万円を引いた3200万円です。譲渡価格4000万円から3200万円と譲渡費用300万円を差し引くと、譲渡による利益は500万円です。クリニックの建物を売却以前に5年以上保有していれば、これに対して所得税と住民税が20%の税率で課せられます。手元に残る金額は3600万円となります。

 

 

本連載は、2015年9月25日刊行の書籍『開業医のためのクリニックM&A 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

岡本 雄三

岡本雄三税理士事務所 代表
株式会社MARKコンサルタンツ 代表 

岡本雄三税理士事務所代表。株式会社MARKコンサルタンツ代表。税理士、行政書士、宅地建物取引士、M&Aシニアエキスパート、経済産業省認定経営革新等支援機関。1967年生まれ。1991年、早稲田大学商学部卒業。1998年、岡本雄三税理士事務所開設。2000年、公益社団法人日本医業経営コンサルタント登録。個人医院の開業、医療法人の設立、税務など、医業コンサルティング業務のほか、一般法人の税務、事業承継、M&A支援、資産税にかかわるコンサルティング業務を手掛ける。

著者紹介

連載クリニックM&Aを成功に導く「6つのポイント」

開業医のためのクリニックM&A

開業医のためのクリニックM&A

岡本 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

人口の4人に1人が高齢者という超高齢社会を迎え、社会保障費が年々増加を続けている日本。政府による医療費圧縮策や、慢性的な看護師不足、さらに後継者不足により、日本の開業医はかつてない苦境に立たされています。帝国デー…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest