不動産 国内不動産
連載新しい投資の選択肢「不動産小口化商品」の基礎知識【第4回】

不動産小口化商品の価値を決める「立地・メンテナンス・構造」

不動産小口化商品減価償却

不動産小口化商品の価値を決める「立地・メンテナンス・構造」

前回に続き、小口化商品を選ぶ際に大切なチェックポイントを確認します。今回は、立地、修繕計画と築年数、建築物の構造について見ていきます。

不動産で最も重要なのは、やはり「立地」

不動産は、なんといっても立地が重要です。これは、小口化商品でも現物不動産と同様です。周辺環境の状況や近隣の雰囲気、最寄り駅など立地について確認しましょう。

 

小口化商品の分配金の原資は、賃料収益ですから、借り手にとって魅力な立地なのか、今後も継続的に借り手が見つかる場所なのか、立地の良し悪しは収益に直結します。

 

人気のあるエリアや将来的に発展していきそうな場所、人口が減少しにくい地域であれば、空室リスクや賃料低下のリスクは、かなり低減されることになります。

空室リスクに直結する「修繕計画」と「築年数」

修繕計画についても確認しましょう。建物の資産価値は、定期的な修繕工事が行われているかで大きく変わってきます。

 

築年数が経っている古い建物でも、修繕がしっかり行われていれば、築年数が浅くても修繕されていない建物より資産価値が維持されていると考えられます。

 

建物は、経年変化により老朽化していきます。当然のことながら、老朽化した建物をそのままにしていれば建物の資産価値は下がっていきます。また、借り主を見つけるのも難しくなりますので、空室リスクが高まります。

 

空室が続けば、当初予定していた収益を得られず、資金が無くなり、修繕できない状況となり、ますます資産価値が下がってしまうという悪循環になってしまいます。

 

定期的な修繕を行うことに対して前向きに取り組んでいれば、資産価値が著しく低下するリスクを避けることができます。

 

また、定期的な修繕計画だけでなく、その費用も予め見込んでつくられている小口化商品であれば、突発的な修繕工事の発生による追加出費を最小限にでき、予定していた収益を得られなくなるリスクを減らすことができます。

 

築年数についても確認しましょう。


1981年に建物の耐震性に対しての基準が変わり、新耐震基準といわれています。新耐震基準は、震度6程度の地震でも耐えられる耐震性を満たした建物であることを基準としています。

 

通常、マンションやビルの建築には、1~2年前後の工期はかかるため、1984年以降に竣工された建物であれば、新耐震基準を満たしていると考えられます。なお、旧耐震基準の建物でも耐震補強工事を行っていれば、ひとまず安心といえるでしょう。

建物の構造」によって減価償却の節税効果は変わる

構造の確認も欠かせません。鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造など、どんな構造で建物が造られているかによって減価償却費の計算の際に利用する法定耐用年数が違います。

 

そのため、構造によって減価償却の節税効果が変わってきます。

 

減価償却とは、固定資産(建物)の取得費用をその耐用年数に応じて費用計上していく会計処理のことです。費用として計上できるため、税金が少なくなり、手元に残る金額が多くなります。「任意組合型」は、実物の不動産として扱われるので減価償却を利用できます。

 

複数の物件に投資して運用しているリートと違い、小口化商品は1つの物件で運用しているものがほとんどなので、物件を見たり調べたりすることが比較的簡単にできます。

 

自分自身で立地や建物を検討してから投資先を選べる点が小口化商品のメリットです。
ベテラン投資家の方には、“自分の判断を加味できる”ところが小口化商品の魅力となるでしょう。

 

なお、現地見学会など実際に物件を見る機会を設けている商品があります。写真やネットでは分からない情報や感覚を得ることができますので、見学会に参加してぜひ自分の目で現地を見てみることをお勧めします。

 

次回は、小口化商品を選ぶ際のチェックポイント「物件の用途とサブリース」「事業を行っている会社はどこか」をお伝えします。

小川 真央

株式会社インテリックス ソリューション事業部 不動産コンサルタント

1970年千葉県生まれ。新築住宅メーカーでプランナー、大手リフォーム会社にて営業設計として勤務後、リノベーションの設計担当者として株式会社インテリックス空間設計に在籍。その後、主に中古不動産を購入しリノベーションを希望するお客様の専門スタッフとして株式会社インテリックス住宅販売で仲介業務に従事。現在は、株式会社インテリックス ソリューション事業部で、リノベーションや不動産の購入・売却に関するコンサルティングおよび不動産小口化商品の企画・販売を行う。
取得資格:宅地建物取引士、AFP、2級建築士

著者紹介

連載新しい投資の選択肢「不動産小口化商品」の基礎知識

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest