フィリピンの「物価」は日本と比べてどのくらい安いのか?

前回に引き続き、フィリピン投資の魅力を具体的に紹介していきましょう。今回は、フィリピンの「物価」について見ていきます。

日用品は「日本の3分の1程度」の価格で購入できる

フィリピンの物価水準は、徐々に高くなっているとは言われますが、日本の物価と比べてまだまだ低い水準にあります。

 

参考までに地元の物価を解説してみましょう。一般大衆の消費者向けの飲食物、消耗品など、スーパーで販売しているものは日本の3分の1程度の価格で購入できます。特に肉類は大変にリーズナブルです。ただし富裕層が好む輸入品は高価です。

 

 

なお現在(2016年1月)1ペソは日本円で約2.5円です。次に物価リストを挙げますので、参考にしてください。

 

■フィリピンの物価参考(1ペソ=2.5円)

 

●マグドナルドモーニングセット 50ペソ

●卵(12個入り) 65ペソ

●ビール(350㎖) 30ペソ

●ミネラルウォーター(500㎖) 23ペソ

●タバコ 40~50ペソ

●映画 160ペソ

●散髪 80ペソ

●マッサージ 200ペソ

●タクシー 初乗り40ペソ

●ドライバー 月1万3000ペソ~

●メイド(住み込み) 月7000ペソ~

●メイド(通い) 4時間350ペソ~

●携帯電話 月600ペソ~

3泊4日で「2万円程度」予算があれば十分に楽しめる!?

食事について言えば、たとえばショッピングモール内のレストランでは、食事とお酒1杯(ビールやワインなど)で500ペソ程度ですが、外国人がよく利用するような高級レストランでは、日本で食事するのとあまり変わらないこともあります。その他、女性向けのエステやネイルといった美容トリートメントも大変に安価です。

 

旅行でフィリピンに訪れるのであれば、3泊4日程度で2万円の予算もあれば、食事をしたり、おみやげを買っても十分に楽しめると思います。

 

 

本連載は、2016年2月27日刊行の書籍『億万長者になりたければ、フィリピン不動産を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「フィリピンへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「フィリピン不動産投資」が資産形成に最適な5つの理由

株式会社ハロハロホーム Founder

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介

ハロハロホーム マニラ本社 Director

ハロハロホームは、フィリピンのメトロマニラ首都圏のビジネス中心地マカティ市に本社を構え、フィリピン不動産投資や、フィリピンの土地販売を手がける企業。賃貸仲介サイトの運営、不動産管理、メンテナンス、内装、転売のサポートなど、購入・管理・売却まですべて対応できる強みを持つ。

著者紹介

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

鈴木 廣政・渡辺 頼子

幻冬舎メディアコンサルティング

止まらない人口減少、オリンピック相場の反落、不動産市場の縮小――国内不動産暴落のXデーは、刻一刻と近付いています。これを裏付けるように、事実、家賃下落や空室率上昇などの問題は年々深刻化しているのです。そんな中で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧