<レポート>活況を呈するNZ不動産オークションの最新事情

今年に入り、ニュージーランドの不動産市場は活況を取り戻しています。今回は、バーフット&トンプソンとレイ・ホワイト・シティ・アパートメンツ両社が開催したオークションと、そこで販売された物件の詳細情報、価格についてご紹介します。

大盛況だったアパートメント&商業物件のオークション

先日、バーフット&トンプソンとレイ・ホワイト・シティ・アパートメンツの両社によって開かれたアパートメントと商業物件のオークションは、大変な盛況ぶりでした。投資家たちは、ここで多くの選択肢を得ることができました。

 

 

今週、バーフット社が用意していた4戸のアパートメント物件のうち、1戸は販売を取り止め、残りの3戸はオークションで落札されました。また、その後に開かれた同社の商業物件のオークションでは、1戸が事前売約済みとなり、2戸が落札され、3戸が不成立となりました。

 

あああ
クオドラント(Quadrant)ビルにあるこの22㎡の家具付きスタジオは、333万7000ドルで売却された。

 

レイ・ホワイト・シティ・アパートメンツ社のオークションでは、ビーチ・ロードにあるシーン・ワン(Scene One)アパートメントの商用賃貸借ユニットが4万9000ドルで売却され、同ブロックの4戸のアパートメントのうち、2戸が落札され、2戸が不成立となりました。この不成立となった物件は、いずれも昨年末に購入されたばかりの物件でした。

今年もNZ不動産の実売・開発は堅調な見通し

オークション結果は以下の通りです。

 

 

●バーフット&トンプソンによるアパートメント・オークション

 

A/10ホブソン・ストリート、ホブソン・クエイ・ビル

駐車場とバルコニー付きの80㎡のツーベッドルーム・ユニット。空室。 QV.co.nz によれば、同物件は2010年に42万ドルで購入されたもの。複数の入札があり、 70万2000ドルで落札。

 

 

 

12B/15マウント・ストリート

54㎡のツーベッドルーム・ユニット。空室。複数の入札があり、59万5000ドルで落札。

 

705/145シモンズ・ストリート

ハーバーの眺望と駐車場のあるワンベッドルーム・ユニット。空室。複数の入札があり、45万ドルで落札。

 

 

●バーフット&トンプソンによる商業物件オークション

 

367チャーリ・ストリート、ペンローズ

ゾーンB6に指定される816㎡の土地の前部にオフィスと駐車場を備えた、築年数がやや古い独立型の倉庫、兼作業場。空室。複数の入札があり、110万ドルで落札。

 

 

 

1A/155クイーン・ストリート、CBD

クイーン・ストリートとウィンダム・ストリートが交差する場所にある1F建ての小売店舗物件。現在、NZ郵便局、兼キーウィ銀行、スパーク(※Spark NZ: 旧称、テレコムNZ)、およびカフェに賃貸中。年間純収益は406,310ドル。競売人が500万ドルでの入札開始を望むも、400万ドルでの入札が1件あったのみであったため、不成立。

 

 

 

4M/6ビクトリア・ストリート・イースト、CBD

オークション前に成約。

 

 

●レイ・ホワイト・シティ・アパートメンツによるオークション

 

5/2ビーチロード、CBD。シーン・ワン(Scene One)ビル

同アパートメントビル内にある、2つの駐車場が付き、3つの医療コンサルティングルームに区画された60㎡の商業用ユニット。賃貸借物件。空室。1件のみ入札があり、4万9000ドルで落札。 年間地代は5977ドル、維持費は2946ドル。

 

808/1コートハウス・レーン。メトロポリス(Metropolis)ビル

44㎡の家具完備のワンベッドルーム。賃料:年間2万3400ドル。複数の入札があり、41万5000ドルで落札。固定資産税:1175ドル。法人課税:3886ドル。QV.co.nz によれば、同物件は2006年に20万7500ドルで購入されたもの。

 

 

 

7D/9ビクトリア・ストリート・イースト。リスター(Lister)ビル

の歴史的なビルにある40㎡のツーベッドルーム・ユニット。 入札は30万ドルで始まり、その後入札が無かったため35万ドルで競売人がベンダー入札(※ベンダーに代わって競売人が入札する)を行うも不成立となった。QV.co.nz によれば、同物件は昨年11月に33万2000ドルで購入されたもの。

 

1G/1オーファー・ストリート。ワン・オン・オーファー(One on Ophir)ビル

駐車場および広いパティオ付きの65㎡のスリーベッドルーム物件(ダブル2室、シングル1室)。空室。複数の入札があり、最高62万ドルを付けるも不成立となった。QV.co.nz によれば、同物件は昨年12月に58万5000ドルで購入されている。

 

 

 

1816/10ウォータールー・クレセント。 クオドラント・ビル

Aバルコニーと駐車場が付いた、22㎡の家具完備のスタジオ・ユニット。同ユニット賃料は年間収入1万9240ドル、駐車場代は年間1100ドル。複数の入札があり、33万7000ドルで落札。固定資産税:1789ドル。法人課税: 4207ドル。QV.co.nzによれば、同物件は2013年に27万1500ドルで購入されたもの。

 

 

今年に入り、アパートメント及び商業施設のオークションは活況を取り戻しており、開発も堅調に進むと予想されます。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

Goo Property JP(TERRY’s WAY株式会社) 代表取締役社長

1992年、奈良県天理大学中退。1993年、個人輸入代理店を起業。ITシステム開発会社のジョイントベンチャー設立などを経て、2003年、グルメデリバリーシステム株式会社(現:Terry’s Way株式会社)を創業。自ら開発した富良野メロンパンの移動販売を手掛け、2004年よりフランチャイズ募集を開始(2007年、100加盟店を達成)。現在は、Terry’s Way株式会社 FOOD事業部として展開中。

2009年、富裕層向け国際会計サービス HENRY INVESTMENT SERVICES pte.ltdを元PWC国際会計士と共同設立(本社:シンガポール)。海外金融サービスや投資スキームのコンサルティングサービス、富裕層開発のマーケッターとして、顧問社数は現在200社を超える。2014年より、海外投資サービスの一環として海外不動産投資のリサーチを開始。2015年、ニュージーランド不動産投資コンサルティングサービスを開始し、GOO Property NZ LimitedをNZ不動産エージェントと共同設立。GOO Property ジャパン (Terry’s Way株式会社)と共に不動産投資コンサルティングサービスを行う。
WEBサイト http://gooproperty.com/

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧