ハイイールド債が「買い局面」に入っている理由とは?

米国ニューヨークに本拠を置き、世界各国の年金基金や機関投資家なども多数クライアントに抱える独立系資産運用会社、ニューバーガー・バーマン。同社でハイイールド債のポートフォリオ・マネージャーを務める、ジョゼフ P. リンチ氏にインタビューを行った。第2回目のテーマは「ハイイールド債は買いか否か?」。聞き手は、香港の新しい金融機関であるニッポン・ウエルス・リミテッド(NWB/日本ウエルス)の長谷川建一氏である。

大幅に拡大している投資適格債券とのスプレッド

長谷川 投資適格債券とハイイールド債券のスプレッドについてはどうですか?

 

リンチ ハイイールド債券のスプレッド(※1)は約9%と大幅に拡大しています。前述の通り、ハイイールド債券はコモディティ関連セクターが20%を占めていますが、その影響を除いてもスプレッドは8%程度まで拡大しています。デフォルトなどの不安懸念を考慮したうえでも、バリュエーションの観点からハイイールド市場は非常に魅力的な水準にあると思います。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

海外での財産隠しはできない時代。それでも富裕層がいま「香港」に向かうワケ

 

長谷川 現在、ハイイールド債券を保有している投資家は、今後の対応に頭を悩ましている人も多いと思います。今は売却のタイミングなのでしょうか?

 

リンチ 足元の市場を見るとハイイールド債券に限らず非投資適格債券において、買いのタイミングだとみています。コモディティ関連セクターでデフォルトが発生するリスクを市場は織り込んでおり、債券価格は低下しています。一方で、コモディティ関連以外のセクターの業績は堅調で、米国経済の見通しは相対的に明るく、バリュエーションの観点から投資妙味が高くなっています。

 

ですから、コモディティ関連セクター以外の債券に投資すると、下落リスクを抑えつつ、魅力的なイールドの獲得追求が可能といえるでしょう。各国の中央銀行が緩和的金融政策を実施するなかで、投資家は他にどこから金利収入が得られるのでしょう。足元のイールドとスプレッドをみると、デフォルト率が比較的高いハイイールド債券市場の投資リスクをとる価値があるほど魅力的な水準となっているといえるでしょう。

 

また、バンクローン(※2)市場も有望な投資先と考えています。他の債券と同じく売りが進みましたが、ハイイールド債券と比べてコモディティ関連セクターは約5%と低い割合となっています。ハイイールド債券と比較するとアップサイド(価格上昇)のリターンはそこまで期待できませんが、ディフェンシブな投資対象といえるでしょう。

 

総合的に見て、今、ハイイールド債券を売るのは得策でないと考えます。ここからさらに大きく価格が下がるとは考えにくく、むしろ市場は上向きになってくるとみています。今の市場は、グローバル経済、特に米国の景気悪化というシナリオで下げ相場となっていますが、米国の景気において私達は比較的明るい見通しをもっており、実際にその見方をサポートする経済数値などが発表されると、市場も上向きになってくると思います。

高まる債券市場のボラティリティをどう見るか?

長谷川 債券市場のボラティリティが高まっていますが、今後の見通しはどうでしょうか?

 

リンチ グローバル・マクロ経済に対する不透明感が高く、懸念材料が多い中、当面ボラティリティは高く、市場が安定するまでには時間がかかるでしょう。そして、現状の高いボラティリティが続く理由のひとつとして、市場の流動性が低くなってきている事が挙げられます。今まで市場でマーケットメイカーの役割を果たしてきた金融機関が、金融規制を受けてリスクが比較的高いハイイールド債券の保有率を下げており、日々の売買も少なくなっています。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

海外での財産隠しはできない時代。それでも富裕層がいま「香港」に向かうワケ

 

その結果、ハイイールド債券の売買は主にブローカーが媒体となり、投資家のセンチメントに大きく左右される市場へと変化してきました。市場におけるボラティリティは必ずしも悪いとは言えませんが、この様な市場では売買タイミングの見極めが非常に難しいといえるでしょう。
 

※1スプレッド

2つの商品における金利差や価格差。ここでは金利差のこと。

※2バンクローン

銀行等の金融機関が企業向けに行う融資。一般的な債券と同様に流通市場で取引されており、 主に投資適格未満の信用力が低い企業に対して行われるローン。

本稿は、情報提供を目的として、インタビュー時点での経済データ等をもとに個人的な見解を述べたもので、ニューバーガー・バーマンおよびNWBとしての公式見解ではありません。また、特定の金融商品への投資の勧誘を目的とするものではありません。

ジョセフ P. リンチ

ニューバーガー・バーマン マネージング・ディレクター

2002年入社。ローン・ポートフォリオにフォーカスしたハイイールド債(非投資適格債)のポートフォリオ・マネージャー。ハイ・イールド債およびバンク・ローンにおけるクレジット委員会のメンバーを務める。2007 年に同社が買収したライトポイント・キャピタル・マネジメントLLC(Lightpoint Capital Management LLC)のメンバー。それ以前は、ABN AMRO でレバレッジド商品の組成を担当。イリノイ大学で学士号を取得、デュポール大学でMBAを取得。

著者紹介

長谷川 建一

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) COO

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、2000年にシティバンク日本のリテール部門で商品開発や市場営業部門のヘッドに就任。2002年にシティグループ・プライベートバンクのマーケティング部門ヘッドに就任。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に移り、リテール部門マーケティング責任者として活躍。2009年からは国際部門でアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年よりNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)にてCOOを務める。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載米系大手資産運用会社の「ハイイールド債」専門のポートフォリオ・マネージャーに聞く

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2016年12月10日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?<緊急追加項目>

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【大阪会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月05日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 大阪駅前会議室 (大阪駅前第2ビル15階 Room B)
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月12日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 608会議室

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest