資産運用 株式投資
連載資金を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法【第3回】

株式の「売買手数料」と「乗り換え失敗」をどう捉えるべきか?

株式投資銘柄株価手数料

株式の「売買手数料」と「乗り換え失敗」をどう捉えるべきか?

当然のことながら、保有する銘柄の株価が順調に上昇していくとは限りません。今回は、乗り換え株式投資法において「売買手数料」と「乗り換え失敗」をどう捉えるべきか、基本となる考え方を見ていきます。

株価を取り巻く状況が変われば、銘柄も再選択が必要に

最初に買った株をそのまま持っているだけでどんどん上昇していくのであれば、最初の銘柄選びだけが重要になります。しかし、そんなことはあり得ません。

 

前回、ひとつの銘柄の上昇力には限度があるという話をしましたが、乗り換えが必要なのは、銘柄そのものの理由だけにはとどまりません。買ってから時間が経つと、買ったときとは事業環境や社会情勢、世界情勢などが大きく変わってきます。そのため、当初思い描いていた株価上昇のストーリーが実現されないことも多いからです。

 

状況が変わったのならば、今の状況で利益上昇を目指せる銘柄を再び選択して、その銘柄に乗り換えることが効率的に資産を増やすことにつながっていきます。

 

しかし、投資初心者の方の中には、なかなか銘柄の乗り換えに踏み切れないという人もいます。その理由は、主に次のようなものです。

 

●せっかく厳選して買った銘柄なので愛着がある

●含み損になっているので、損失を確定したくない

●売買手数料がかかるのがもったいない

●乗り換えた結果、失敗したら後悔しそうだ

「売買手数料」や「乗り換え失敗」を恐れる必要はない

最初の2つについては、後の項目で詳しく説明しますので、ここでは売買手数料と乗り換えの失敗について解説しておきましょう。

 

売買手数料は銘柄の乗り換え効果で得られる利益に比べたら、ほんの小さなものです。たとえば、ある大手ネット証券の場合は、20万円超50万円までなら1回の取引の手数料は272円(税抜き)です。

 

保有銘柄を売却して新たな銘柄に乗り換えたとしても、売却と買付で2回分、合計544円(税抜き)しかかかりません(わずかな金額でかつ証券会社によって料金が異なるため、本連載では売買の実例では手数料は一切考慮していません)。

 

銘柄を乗り換えることによって、たとえば5万円でも利益を得られるなら、その100分の1の手数料を気にする必要はまったくないと言ってよいでしょう。

 

では、失敗についてはどうでしょうか。確かに、常に乗り換えが成功するわけではありません。新たに乗り換えた銘柄が下がり反対に売却した銘柄のほうは上昇して、「乗り換えなければよかった」ということもあるでしょう。

 

どんなに検討して厳選して買った銘柄でも下がることはあるので、こうした失敗を完全になくすことはできません。それでも、必要だと判断したときには乗り換えましょう。なぜなら、乗り換えに成功して、売った銘柄が下がり、乗り換えた銘柄が上がっていくケースでは、一気に資産が増え、気持ちの面でも大きく変わることがよくあるからです。

 

もし失敗したら、また次の乗り換えをすればよいだけです。ためらうことなく、積極的に乗り換えにチャレンジしていきましょう。

本連載は、2016年2月1日刊行の書籍『資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本書のケーススタディと本文で取り上げた銘柄の売買タイミングは、すべて「ライジングブル投資顧問」で提供している売買サポートの一例です。売買タイミングは、各コースで異なります。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

藤村 哲也

ライジングブル投資顧問株式会社 代表

1965年生まれ。横浜市立大学経営学科卒業。1990年太平洋証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社、証券営業を経て1996年より投資情報部で証券アナリストとして勤務。合併により2000年よりUFJつばさ証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)に勤務し、最終役職はUFJつばさ証券部長代理。独立後、2003年6月にライジングブル投資顧問株式会社を設立。中国株、日本株情報サイトを運営し、会員向けに株による財産形成を総合的にサポートしている。Yahoo! ファイナンス 投資の達人、All About株式ガイド。

著者紹介

連載資金を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

藤村 哲也

幻冬舎メディアコンサルティング

給料がなかなか上がらない、預貯金をコツコツ貯めてもほとんど増えない――。資産運用の難しい時代です。株式投資は、実は資産を安定的に大きく増やせる“堅実”な運用術です。安定運用のコツはただひとつ。上手に銘柄を「乗り…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest