「安定型」と「積極型」のポートフォリオの具体例とは?

資産防衛にあたって重要な「ポートフォリオ」ですが、今回は、ポートフォリオの基本型ともいえる「現金30%、海外資産30%」をベースに、「安定型」と「積極型」にアレンジしたポートフォリオを見ていきます。

「安定型」は低レバレッジ商品に分散投資

今回は、ポートフォリオの基本型をベースにして「安定型」と「積極型」にアレンジしてみました。共に、現金30%、国内リスク資産40%、海外資産30%という分散比率は、基本型と同じです。ただし、それぞれの中身を変化させることで、安定運用型、積極運用型という具合に、自由に調整できるようにしてあります。

 

安定運用でいくのか、積極運用でいくのかは、その人の属性やそのときの世界経済の状況などによっても判断が必要です。

 

●安定型ポートフォリオ
安定運用が求められる資産については、国内リスク資産の配分や、海外資産への分散で、内容を変化させることで対応します。

 

国内リスク資産は、安定運用型のヘッジファンドのなかでもレバレッジが低い、もしくはレバレッジがない商品に分散して投資します。資産割合も基本型の例より5%多い25%。残りの15%を、REIT(国内不動産)に5%、割安感があって、配当の高い株式に7%、そして金などの値動きに近い商品ファンドに3%という割合です。

 

株式は、個別銘柄のなかでも低PBRで配当利回りの高いもの。個別銘柄の場合は、感覚で選択するのではなく、客観的なデータを基に、配当が高いなどの「リスク回避」ができるものを選択することが大切です。簡単にいえば、何か付加価値のある銘柄、ということです。

 

海外資産も、ドル資産についてはETFやREIT、債券などに投資します。いずれもある程度の流動性があり、いつでも換金できる強みがあります。新興国資産では、株式よりもリスクが少なく、高金利に期待した「債券」に投資します。どの国の債券がいいのか、期間はどの程度がいいのかは、そのときの状況によって判断するといいでしょう。

 

【図表1 安定型ポートフォリオ】

「積極型」はレバレッジをかけて高リターンを狙う

●積極型ポートフォリオ
積極型のポートフォリオの場合は、現金、国内リスク資産、海外資産の基本比率は維持しながら、レバレッジをかけられるものにはすべてかけることを考えます。

 

国内リスク商品は、いずれもレバレッジのある積極運用型のヘッジファンドに20%、REITやローンを組んだ形の国内不動産に10%、さらに空売りなども可能な株式の信用取引なども組み込んでいきます。

 

一方の海外資産も、米国株式や米国REITといった米ドル資産にレバレッジをかけて投資します。さらに、新興国資産としては割安な新興国不動産の現物購入などもいいのではないでしょうか。積極型になると、かなり高度な運用スキルが求められますから、信頼できるパートナーを探して、プロの助言とサポートを活用することが欠かせません。
 

【図表2 積極型ポートフォリオ】

本連載は、2014年4月30日刊行の書籍『ヘッジファンド×海外不動産で組む 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載の記載の内容は情報の提供および学習を目的としたものであり、本連載を用いた運用は、必ずご自身の責任と判断によって行ってください。また、本連載の内容に関して運用した結果については、著者およびヘッジファンド証券株式会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング、合同会社幻冬舎ゴールドオンラインはいかなる責任も負いかねます。また、本書に記載されている情報は2014 年4 月現在のものであり、今後変更されることがあります。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ヘッジファンド」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ヘッジファンド投資で長期的に年利10%を確保する方法

ヘッジファンド証券株式会社 代表取締役

1979 年(昭和54 年)6 月、福島県伊達市生まれ。2002年(平成14 年)3 月に立教大学社会学部卒業後、KOBE証券(現インヴァスト証券)入社。主に中堅企業のオーナーなど富裕層をターゲットとした営業を展開。2009年(平成21 年)に独立後、投資事業組合を通じたヘッジファンド投資への募集を開始。2010 年(平成22 年)にUGS アセットマネジメント株式会社の代表取締役に就任し、富裕層に対するヘッジファンドの営業基盤を確立する。2013 年(平成25 年)8 月から現職。

著者紹介

ヘッジファンド×海外不動産で組む  鉄壁の資産防衛ポートフォリオ

ヘッジファンド×海外不動産で組む 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ

植頭 隆道

幻冬舎メディアコンサルティング

相場の影響を最小限に抑え、どんなときでも一定の利益を狙える安定運用型のヘッジファンド。 所得税・地方税の節税効果が高く、投資効率も良い米国不動産。 本書ではこの2つを解説すると共に、投資家の属性別・将来のシナリオ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧