ポートフォリオのベースを現金30%、海外資産30%にする理由

資産防衛にあたって重要な「ポートフォリオ」ですが、今回は、ポートフォリオの基本型ともいえる「現金30%、海外資産30%」によって、リスクを分散させる方法を見ていきます。

短期的な変動リスクから資産を守るには現金が重要

今回は、実際のポートフォリオの例を「ケース・スタディ」として紹介していきます。

 

ポートフォリオの基本型は「現金30%、海外資産30%」です。この基本型をベースに考えながら、残りの40%を国内のリスク商品に投資したり、場合によっては金や不動産といった現物資産に振り分けたりしてポートフォリオを展開していくわけですが、そこにはその人の属性や経済環境などが関係してきます。

 

まず、どんなに富裕層の投資家であっても、短期的な変動リスクから資産を守るためには「現金」が必要です。現金といっても、タンス預金や金庫に紙幣をしまうのではなく、銀行の預金や証券会社のマネープール、MRF、MMFといったものでいいと思いますが、総資産の3割程度は保有しておいたほうがいいでしょう。

 

また、海外資産についても全体の3割程度を持っておけば、国内偏重にならずにリスクに対してバランスよく対応できます。問題はその投資先ですが、将来の安全性を考えれば米ドル資産が第一候補になりますが、米ドルといえどもリスクがゼロではありませんから、資産保全と資産運用の両方を考えて、次のような投資比率でもいいと思います。

 

●米ドル資産・・・20%
●新興国資産・・・10%

ローリスク・安定運用型のヘッジファンドも組み込む

40%の内訳は安定運用型のヘッジファンドが第一候補残りの4割は、現在の経済情勢などから総合的に判断すると、やはり「国内リスク資産」に分散投資するのがベストではないかと考えます。国内リスク資産の内訳は、たとえば以下のようなポートフォリオが考えられます。ここから、その人の属性や生活スタイルなどを考えてアレンジしていきます。

 

●安定運用型のヘッジファンド・・・20%
●国内不動産・・・・・・・・・・・10%
●株式・・・・・・・・・・・・・・7%
●金・・・・・・・・・・・・・・・3%

 

安定運用型のヘッジファンドは、いわゆるマーケット・ニュートラルなどのローリスクな戦略をとるタイプです。国内不動産への投資は、国内の不動産市場が割高で、将来的に金利高が予想される局面でなければ投資用不動産などでもいいのですが、現在の国内不動産市場の状況では「REIT」のほうがいいのかもしれません。

 

この他、株式は個人投資家が勝ち続けることは相当難しいので、せめて長期投資を心がけて、短期的な価格変動に振り回されないようにすることが大切です。また、可能であれば銘柄選定や売買のタイミングなどは、投資の専門家に任せたほうが無難でしょう。ロング・ショートなどのヘッジファンドに振り向けるのもひとつの方法です。

 

金については、基本的には全資産の3%程度でいいと思います。金自体は、保有しているだけでは配当金もなければ、利息も付きません。近い将来に、貨幣価値が変わるような状況が見えてきたら、さらなる金購入に走ってもいいでしょう。

 

【現金30%、海外資産30%はポートフォリオの基本型】

●現金30%、海外資産30%は基本線

本連載は、2014年4月30日刊行の書籍『ヘッジファンド×海外不動産で組む 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載の記載の内容は情報の提供および学習を目的としたものであり、本連載を用いた運用は、必ずご自身の責任と判断によって行ってください。また、本連載の内容に関して運用した結果については、著者およびヘッジファンド証券株式会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング、合同会社幻冬舎ゴールドオンラインはいかなる責任も負いかねます。また、本書に記載されている情報は2014 年4 月現在のものであり、今後変更されることがあります。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ヘッジファンド」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ヘッジファンド投資で長期的に年利10%を確保する方法

ヘッジファンド証券株式会社 代表取締役

1979 年(昭和54 年)6 月、福島県伊達市生まれ。2002年(平成14 年)3 月に立教大学社会学部卒業後、KOBE証券(現インヴァスト証券)入社。主に中堅企業のオーナーなど富裕層をターゲットとした営業を展開。2009年(平成21 年)に独立後、投資事業組合を通じたヘッジファンド投資への募集を開始。2010 年(平成22 年)にUGS アセットマネジメント株式会社の代表取締役に就任し、富裕層に対するヘッジファンドの営業基盤を確立する。2013 年(平成25 年)8 月から現職。

著者紹介

ヘッジファンド×海外不動産で組む  鉄壁の資産防衛ポートフォリオ

ヘッジファンド×海外不動産で組む 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ

植頭 隆道

幻冬舎メディアコンサルティング

相場の影響を最小限に抑え、どんなときでも一定の利益を狙える安定運用型のヘッジファンド。 所得税・地方税の節税効果が高く、投資効率も良い米国不動産。 本書ではこの2つを解説すると共に、投資家の属性別・将来のシナリオ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧