なぜ不動産業界は担当者によってサービスが大きく異なるのか?

前回は、アパート事業成功の確率を高める「初期設定」の重要性を解説しました。今回は、物件購入においては「担当者を見る」ことがなぜ重要なのか、その理由を見ていきます。

商品やサービスの質が計測しにくい業界とは・・・

世の中にはいろいろな業界がありますが、どこの店に行っても商品・サービス内容に差がない業界というものがあります。

 

たとえば、スターバックスラテは、どこのスターバックスで飲んでも同じ料金(定価)で同じ味が楽しめます。新車のメルセデスS500は、どこのヤナセで購入しても同じ料金(定価)、同じ品質です。

 

一方、店舗や担当者によって提供するサービスに大きく差がある業界があります。つまり、提供する側のレベルが極端に高い場合もあれば低い場合もあるのです。

 

そして、ポイントは定価がなく、商品やサービスの質が表面上ははっきりとわからないところです。たとえば、税理士や弁護士のサービス、リフォーム工事、中古車販売などが挙げられます。これらは、定価が存在せず、その商品やサービスのレベルも表面的には計測ができません。その弁護士のサービスの良し悪しや、値段が安いか高いか判断するのは難しいのです。

物件購入時には「不動産会社とその担当者」を見極める

そして、その代表的な例が不動産業界ではないかと筆者は思っています。定価は当然ありませんし、どこの不動産会社のサービスが良いか悪いかというのが、一般の方から見て非常にわかりにくいのです。

 

これは、同じ商品(不動産)が存在しない点、商品の情報があまりオープンになっていない点、さらには、サービスという概念を理解している会社の不足、悪徳業者の存在等々の理由によります。

 

当然ながら、商品・サービスの質に大きな差がある業界では、提供者の見極めが重要になってきます。特に不動産の場合は金額も大きいので、失敗が許されません。物件を見るより先に、不動産会社(およびその担当者)を見るということが重要となります。

 

本連載は、2012年6月27日刊行の書籍『年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門 [改訂版] 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本書は情報の提供及び学習を主な目的としたものであり、著者独自の調査に基づいて執筆されています。実際の投資の成功を保証するものではなく、本書を用いた運用は必ずご自身の責任と判断によって行ってください。本書の内容に関して運用した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門

武蔵コーポレーション株式会社 代表取締役

昭和50年 埼玉県熊谷市生まれ。東京大学経済学部卒業後、三井不動産株式会社に入社。同社にて商業施設(ショッピングセンター)やオフィ スビルの開発・運営業務に携わる。平成17年12月同社を退社し、さいたま市において有限会社武蔵コーポレーション(現在は株式会社)設立。代表取締役に就任。賃貸アパート・マンション(収益用不動産)の売買・仲介に特化した事業を開始する。

著者紹介

年収1000万円から始める  「アパート事業」による 資産形成入門

年収1000万円から始める 「アパート事業」による 資産形成入門

大谷 義武

幻冬舎メディアコンサルティング

大企業でも倒産する現在、自分の身は自分で守るべく、副収入としての投資を考える人が増えています。そんななか、アパート事業による資産形成の火付け役となった本書が、改訂版としてパワーアップいたしました。不動産会社の選…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧