資産運用 株式投資
連載資金を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法【第2回】

なぜ今「乗り換え株式投資法」が有効といえるのか?

株式投資銘柄株価

なぜ今「乗り換え株式投資法」が有効といえるのか?

少ない資金を巨額資産に大化けさせる可能性を秘めた「乗り換え株式投資法」。今回は、この手法が有効な理由をより具体的に見ていきます。

1つの銘柄の上昇力には「限り」がある

株を買うときには、株価を押し上げると何らかの材料がある銘柄を選んでいるはずです。「こういう材料があって、このように評価されるから株価が上がっていくはず」というストーリーを描いて、購入後は予想どおりに株価が上がっていったとします。

 

では、株価はどこまで上がるのでしょうか? 買うときに注目した材料や描いたストーリーで、どの程度株価を上昇させることができるのでしょうか。

 

株価が永遠に上がっていくことは、残念ながらありません。もちろん、業績への影響力が大きく、長い期間、株価を押し上げていくようなインパクトのある材料もあります。たとえば、中国株のテンセント(インターネットサービス大手)は10年間上がり続けて株価は当初の100倍を超えました。世界中の投資家からの注目度も非常に高く、世界中から資金が集まり株価が大きく上昇し続けたのです。

 

ただ、テンセントは一般的な例とは言えません。ほかの多くの銘柄の場合は、そこまで長期間、上がり続けることはないと言ってもよいでしょう(もちろん、全体相場の状況などでも異なります)。通常は、ある程度株価が上昇すると、その後はもっと緩やかな上昇になっていくか、上昇が止まって横ばいになるか、下がり始めるというケースがほとんどです。

 

少ない資金を大きく増やしていこうというときに、株価の上昇力が弱まっている銘柄を保有し続けることは得策ではありません。1つの銘柄の上昇力には限りがあることを理解して、同じ銘柄でいつまでも利益を得ようとするのでなく、次々と上昇力の高い銘柄に乗り換えていくことが必須です。

 

ちなみに、かつて日本経済が高度成長期にあった頃には、日本株の成長期待の大きい銘柄を買ったら、あとは持ち続けるだけで株価がどんどん上昇したという例もいくつもありました。

 

しかし、それは経済成長率が10%以上あったような時代の話で、現在の投資環境とは大きく異なります。成熟した日本においては、企業も過当競争に巻きこまれやすいからです。そのため、「乗り換え」を前提とする必要があるのです。

限りある資金を有効活用できる「乗り換え」

1つの銘柄の上昇力には限りがあるので銘柄の乗り換えは必須、と前の項目で説明しました。とは言え、「まだまだ上がる」「もう上がらない」の間に明確なラインがあるわけではありません。

 

株価の上昇ペースが鈍ったとしても、「まだ上昇が期待できるのではないか、今利益を確定してはもったいない」と思えるような銘柄も、実際にはよくあります。資金に余裕があるのならば、「もっと上昇するだろう」と考える銘柄については保有を継続し、しばらく様子を見ても構わないと思います。その上で、より上昇が期待できそうな銘柄も、新たな資金で追加購入すればよいだけです。

 

しかし、30万円からスタートしてまだあまり利益も出ていないという状態では、「今持っている銘柄をそのまま保有して、その上でもう一銘柄を買う」、つまり両方持つというのは資金的に難しい場合が多いのではないでしょうか。

 

そうなると、どちらかを選ぶしかありませんから、より上昇が期待できそうな銘柄に乗り換えたほうが、限りある資金を有効活用することになります。資金が少ない間こそ、資金を増やすために上がる銘柄への乗り換えをしっかり行わなくてはいけないのです。

 

もちろん、乗り換えた銘柄が「結果的にはそれほど上昇しなかった」ということもあるかもしれません。乗り換えないほうが利益が得られたということもあります。乗り換えも、100%成功するわけではないのです。でも、そのときはまた乗り換えればよいだけです。失敗を恐れずに、必要だと思った乗り換えはやっていきましょう。

本連載は、2016年2月1日刊行の書籍『資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本書のケーススタディと本文で取り上げた銘柄の売買タイミングは、すべて「ライジングブル投資顧問」で提供している売買サポートの一例です。売買タイミングは、各コースで異なります。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

藤村 哲也

ライジングブル投資顧問株式会社 代表

1965年生まれ。横浜市立大学経営学科卒業。1990年太平洋証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社、証券営業を経て1996年より投資情報部で証券アナリストとして勤務。合併により2000年よりUFJつばさ証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)に勤務し、最終役職はUFJつばさ証券部長代理。独立後、2003年6月にライジングブル投資顧問株式会社を設立。中国株、日本株情報サイトを運営し、会員向けに株による財産形成を総合的にサポートしている。Yahoo! ファイナンス 投資の達人、All About株式ガイド。

著者紹介

連載資金を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

藤村 哲也

幻冬舎メディアコンサルティング

給料がなかなか上がらない、預貯金をコツコツ貯めてもほとんど増えない――。資産運用の難しい時代です。株式投資は、実は資産を安定的に大きく増やせる“堅実”な運用術です。安定運用のコツはただひとつ。上手に銘柄を「乗り…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest