「城南エリア」にマンションを建てると投資効率が良くなる理由

今回も、マンションを建てる場所として、東京都の「城南エリア」が候補になる理由を見ていきます。

「土地の取得コスト」から投資効率を見極める

前回紹介した2件の物件と、やはり同時期に募集がかかっていた賃貸物件として、港区麻布十番の家賃11万3000円のワンルームマンションがありました(赤羽橋駅から徒歩1分、25.65㎡、2011年5月築)。

 

ここで、注目していただきたい重要なポイントがあります。

 

麻布十番も、東京では、「住んでみたい」という人の非常に多い、城南エリアに負けず劣らず人気のある場所です。そのため、ほぼ同じ広さである三軒茶屋の物件と家賃がさほど変わりません。

 

しかし、家賃は同じでも、物件の取得に必要なコストはまったく違います。土地の価格についていえば、それぞれの立地から判断すると、三軒茶屋の物件は坪200万円あれば購入可能ですが、麻布十番は坪350万円から400万円は必要となるはずです。土地の取得コストは、最大で2倍も開きがあるわけです。

 

にもかかわらず、家賃は倍になるわけではありません。つまり、投資効率から見たら、三軒茶屋の方が格段に高いといえるのです。

三軒茶屋と浅草で購入コストは変わらないが・・・

ちなみに、先にあげた浅草の物件の土地価格は、立地から考えると坪200万円近くするでしょう。購入コストは、三軒茶屋の物件と変わらないのに、得られる家賃ははるかに少ないことになるわけです。

 

このように、賃貸ニーズの高いエリアで物件をもつことは、投資効率を高めるという観点からも非常に重要になります。

 

[図表]最近の不動産事情 資料比較

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『不動産投資は女性が選ぶ新築RCマンションで始めなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「女性向け新築RCマンション」で成功させる不動産投資

株式会社フェイス 代表取締役社長

1988年某銀行に入行。12年にわたり融資担当として500件以上の案件を扱う。2001年、不動産会社である有限会社フェイスネットワーク(現・株式会社フェイス)を設立。2003年、渋谷区松涛に自社物件第一号を建設する。2006年には自宅兼投資マンションを1棟、2007年には自社ビルを建設する。この12年間で、城南3区にて60棟の不動産投資プロジェクトをプロデュースする。

著者紹介

不動産投資は女性が選ぶ 新築RCマンションで始めなさい

不動産投資は女性が選ぶ 新築RCマンションで始めなさい

蜂谷 二郎

幻冬舎メディアコンサルティング

不動産投資は、「新築RC一棟マンションを」「20代・30代単身女性をターゲットとして」「城南エリア(世田谷区、目黒区、渋谷区)」で行うとなぜ成功するのか。城南エリアに特化した不動産業で10年以上の実績をもち、融資から物…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧