純移住人口が過去最高となったニュージーランドの移民事情

2015年、ニュージーランドの純移住人口が過去最高を記録しました。今回は、その内容を詳しく見ていきます。

2015年の純移住人口は6万4930人に

ニュージーランド統計局(Statistics NZ)によれば、2015年の純移住人口が過去最高を記録し、史上最高の6万4930人となりました。また、同年のオーストラリアからの純移住者数は800人で、1991年10月以来最多であり、また、2015年の旅行業は前年比10%の増収となりました。
 

絶え間なく押し寄せるオーストラリアからの移住の波、そして学生ビザおよび就労ビザを得た移住者たちによって、年間純移住者数は12月に過去最高を記録しました。

 

 

経済学者たちは、2013年以来3倍近くにもなる移住者(その半数はオークランドでの居住を望んでいる)が、オークランドの住宅価格および賃料を引き上げているとしながらも、それが労働力の供給となり、賃金インフレを抑えていると述べています。

 

実際、2015年のオークランドへの純移住人口の1/3がインド人留学生であり、オークランドCBD(中央商業地区)の物件賃料を引き上げる一方で、サービス業の賃金を引き下げる要因となっています。

 

[PR]6月24日(土)開催 無料セミナー

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

オーストラリアの経済成長の鈍化、および留学生の滞在期間中の労働を許可する2013年の政府方針の変更が現在の状況を招いたといえます。

月間記録も17ヵ月連続で更新

それでは、今回の純移住人口増について、より詳しく見ていきましょう。ニュージーランド統計局は、2015年の純移住者数は史上最高の6万4930人(前年比:27.5%増)を記録し、17カ月連続で月間記録を更新したとしています。

 

同年の移住者による入国は12%増えて12万1900人となる一方、出国者数は2%減らして5万7000人でした。また、同年のインドからの移住者は3200人増えて1万4500人、オーストラリアからは2000人増えて2万5300人、中国からは1500人増えて1万1000人、そしてフィリピンからは1500人増えて5400人でした。

 

2015年中のオーストラリアからの純移住者数は800人で、これは1991年10月以来最多であり、3カ月連続で増加しています。また12月のオーストラリアへの純移住者数は398人でした。

 

2015年の学生ビザによる移住者は5000人増えて2万7900人、就労ビザでは4500人増えて3万7800人でした。また、同年のニュージーランド人およびオーストラリア人の移住者数は1800人増えて3万5700人でした。

 

2015年の就労ビザによる移住者の最多国籍はイギリス人、フランス人、オーストラリア人、ドイツ人でした。2014年12月以来、就労ビザによる移住者は14%増えましたが、これにはワーキングホリデービザによるものも含まれます。さらに、定住ビザを持つ移住者は1万4100人に達しましたが、大半の移住者は、ニュージーランドでの住居を、入国前ではなく入国後に取得しています。また、多くは短期ビザ(例:就労ビザ、学生ビザ)で入国し、ニュージーランドで住んでから定住ビザに変更しています(ニュージーランド統計局)。

 

地域別に見ると、2015年のオークランドへの純移住者は7000人増え、3万人となりました。カンタベリーはオークランドに次いで人気があり、6800人でした。また、ワイカトでは2600人、ウェリントンでは2400人、ベイ・オブ・プレンティでは2100人でした。


一方、短期訪問ビザによる入国は10%伸びて史上最多の313万人に達しました。そのうち、中国からが9万1000人増えて35万5900人、オーストラリアからは7万9000人増えて133万人でした。

 

(出所:ニュージーランド統計局)
(出所:ニュージーランド統計局)

 

この6万4930人という新たな移住者によってもたらされる住宅需要のインパクトは、大きなものとなるでしょう。

 

[PR]6月24日(土)開催 無料セミナー

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

Goo Property JP(TERRY’s WAY株式会社) 代表取締役社長

1992年、奈良県天理大学中退。1993年、個人輸入代理店を起業。ITシステム開発会社のジョイントベンチャー設立などを経て、2003年、グルメデリバリーシステム株式会社(現:Terry’s Way株式会社)を創業。自ら開発した富良野メロンパンの移動販売を手掛け、2004年よりフランチャイズ募集を開始(2007年、100加盟店を達成)。現在は、Terry’s Way株式会社 FOOD事業部として展開中。

2009年、富裕層向け国際会計サービス HENRY INVESTMENT SERVICES pte.ltdを元PWC国際会計士と共同設立(本社:シンガポール)。海外金融サービスや投資スキームのコンサルティングサービス、富裕層開発のマーケッターとして、顧問社数は現在200社を超える。2014年より、海外投資サービスの一環として海外不動産投資のリサーチを開始。2015年、ニュージーランド不動産投資コンサルティングサービスを開始し、GOO Property NZ LimitedをNZ不動産エージェントと共同設立。GOO Property ジャパン (Terry’s Way株式会社)と共に不動産投資コンサルティングサービスを行う。
WEBサイト http://gooproperty.com/

著者紹介

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

~現地専門家が伝えるNZ中古不動産市場の最新事情と日本人としての投資法

講師 伊藤哲次氏
日時 2017年06月24日(土)
内容

・ニュージーランド経済と投資環境の最新事情

・NZ中古不動産市場の現状と展望

・NZ不動産取引の仕組みと日本との違い

・購入までのスケジュール、諸費用等について

・築古、建物比率の高い案件を中心に物件情報も公開

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧