第三の財務諸表「キャッシュフロー計算書」の読み方

会社の利益を増やすには、まず会計を知ることが大切です。本連載は、2015年12月に刊行された公認会計士・吉川武文氏の著書、『技術屋が書いた会計の本』(秀和システム)の中から一部を抜粋し、会計の基礎知識をわかりやすく解説します。

 

「キャッシュフロー計算書かぁ。貸借対照表や損益計算書だって得意なわけじゃあないけど、これはますます馴染みがない。どこをどう読めばよいのだろうか?」

 

 

高杉:キャッシュフロー計算書って、何の役に立つものなのですか?

 

吉田:今まで様々な場面で損益とキャッシュの動きが一致しないのを見てきたと思う。

 

高杉:はい。損益では見えない取引があるために、利益が出ているにも関わらず資金繰りに失敗して黒字倒産する会社があります。

 

吉田:その通り。黒字倒産は、もちろん社内的にも困るけど、資金提供者にとっても困るものだ。利益が出ていて好業績だと思ってお金を預けたら、その会社が突然倒産してしまうわけだからね。それで従来の貸借対照表や損益計算書に加えて、最近では第三の財務諸表としてキャッシュフロー計算書の作成が義務付けられるようになったんだ。たとえばこれが当社のキャッシュフロー計算書だよ(図1)。

 

[図1]キャッシュフロー計算書の基本構造

 

高杉:でも、これってなんだか複雑そうですね。

 

吉田:構造を理解して大まかな流れをつかむようにしよう。そうすれば決して難しいものではない。それにキャッシュフロー計算書には、損益に現れない会社の真実がストレートに見えてくるという利点もあるんだ。黒字倒産の兆候だって見える。キャッシュフロー計算書は、まず損益上の利益から出発して、キャッシュ危険な取引などを順次調整することで手許のキャッシュの増減を求めている。

 

高杉:よく見ると、3つの区分がありますね。

 

吉田:いいところに気づいたね。これは管理会計じゃなくて財務会計の書式です。会社間の比較を容易にするため、あらかじめ区分の方法が決められているんだ。最初に本業の「営業活動のキャッシュフロー」を求める。次に会社の成長のための設備投資や子会社株式の取得などの「投資活動のキャッシュフロー」を求める。最後に資金の過不足に対応するための借入金の増減「財務活動のキャッシュフロー」を求める。

 

高杉:3つを合計すれば、会社全体のキャッシュの動きが見えるというわけですね。

 

吉田:この3つの小計欄を見れば、会社の状況についていろいろなことがわかるよ。

 

 まとめ  
キャッシュフロー計算書は、利益から出発し、キャッシュ危険な取引などを調整したもの。 

イラスト(登場人物):土屋 巌

「税金」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「決算対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載会社のコスト削減・利益向上を目指す「会計入門」

横河ソリューションサービス株式会社 公認会計士

東京工業大学工学部修士。約20年間エンジニアとして技術革新やコストダウンで成果を挙げ、三菱化学プレジデント表彰等を受賞、特許出願多数。その過程で製造業の原価管理について徹底研究した後、監査法人トーマツにて財務監査や内部統制監査にも従事した異色の経歴を有す。
技術と会計を融合した新しい視点に立ち、製造業の抜本的な競争力回復に資する設備投資、コストマネージメント、在庫管理、研究開発の管理などの分野でコンサルティングやセミナーを実施するとともに、会計士有志とプロジェクトを組み、経営判断に真に役立つ会計のあるべき形について提案を行っている。

著者紹介

技術屋が書いた会計の本

技術屋が書いた会計の本

吉川 武文

秀和システム

製造現場の技術者は、開発もそっちのけで日々コストダウンに取り組んでいます。しかし、会計の知識がなければ努力の成果が目に見えず、コストダウンも迷走します。 本書は、製造業の技術者向けに、会社の利益を増やす会計の知…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧