日本株で運用する投資信託「ザ・2020ビジョン」の特徴

前回は、市場全体の株価が下落したときでも強さを発揮する投資信託の見極め方を紹介しました。今回は、これまで見てきた「買うべき条件」を満たした投資信託の具体例を見ていきます。

TOPIX、日経平均の上昇率を大きく上回る投資信託

今回からは、買うべき投資信託の3条件、あるいは2条件を満たした株式で運用する投資信託を紹介します。ここでは日本株と世界株を投資対象とした3本を取り上げてみましょう。

 

①ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)

~凄腕ファンドマネージャーが運用する日本株ファンド

 

日本株式で運用する投資信託については、ザ・2020ビジョンを紹介します。これまでの連載で解説した買うべき投資信託の3つの条件、①ファンド内でキャッシュポジションをとれるか、②ファンドマネージャーの腕は良いか、③集中投資しているか、以上3点がすべて揃っているファンドです。

 

このファンドの投資対象は日本株式で、変化し始めた企業、変化にチャレンジする企業を中心に、50銘柄程度への集中投資を行っています。市場の状況によっては、ファンドマネージャーの判断でファンド内株式組入比率を下げ、現金比率を上げることができる特徴も併せ持っています。

 

2013年12月27日に設定された比較的新しいファンドですが、現在の基準価額は1万4298円(42.98%、2015年6月26日現在)と同期間のTOPIX上昇率30.6%、日経平均上昇率28.42%をいずれも10%以上上回る結果を出しています。

 

[図表1]ザ・2020ビジョンのチャート

ファンドマネージャーの「交代」には注意が必要

このような絶対収益を追求するファンドにおいては、ファンドマネージャーの腕が重要であると述べてきましたが、ザ・2020ビジョンはどのようなファンドマネージャーが運用しているのでしょうか。

 

このファンドのファンドマネージャーである糸島孝俊さんは、元三菱UFJ国際投信のファンドマネージャーです。2004年当時に運用されていた日本株アクティブ・ファンド(凄腕)にて最優秀ファンドをダブル受賞(いずれも対象カテゴリーファンド600本以上ある中で1位)。さらに2005年、2007年にも優秀、最優秀ファンドを受賞されるなど、数々の表彰を受けている非常に実績がある方です。

 

実際に運用されていた日本株アクティブ・ファンドを見てみましょう。運悪く2000年のITバブル崩壊前の株価ピーク時に設定されたファンドです。

 

2000年から2003年までに相場はマイナス50%ほど大きく下落します。その後上昇し2005年にようやく2000年時の株価に戻すことになりますが、2000年の設定時からの運用パフォーマンスの比較を見てみると、2000年10月末(凄腕の設定日)〜2005年末までの累積リターンが、日経平均は10.81%、TOPIXは19.6%でした。

 

それに対して同ファンドは113.75%という驚異的なパフォーマンスを上げています。

 

[図表2]凄腕のチャート

 

日本株アクティブ・ファンドは、連載第5回で解説したフル投資型のファンドです。ファンド内でキャッシュポジションをとらないファンドであるにもかかわらず、この下げ相場であった期間にも結果を出せたのは、いわゆる凄腕のファンドマネージャーの存在があったからです。

 

ザ・2020ビジョンは設定間もないファンドですが、実績あるファンドマネージャーが運用している点において、これからのパフォーマンスについても期待したいところです。

 

ここでは注意点についても挙げておきます。このファンドのパフォーマンスは、ファンドマネージャーの力量に左右される部分が大きいため、ファンドマネージャーが交代することがあれば注意が必要です。投資信託のファンドマネージャーを公表している運用会社は多くありません。

 

しかし、ザ・2020ビジョンの運用会社であるコモンズ投信は、一般投資家との接点を大切にしており、ホームページにてファンドマネージャーを公表しているので、チェックすることも可能です。

 

もちろん、将来ファンドマネージャーが交代したとしても、次のファンドマネージャーが優秀であれば問題ないので、定期的にチェックをしたり、運用会社主催のセミナーに参加することをお勧めします。

本連載は、2015年7月24日刊行の書籍『金融機関が教えてくれない本当に買うべき投資信託 』から抜粋したものです。本書は情報の提供および学習を主な内容としたものであり、著者独自の調査に基づいて執筆されています。実際の投資の成功を保証するものではなく、本書を用いた運用は必ずご自身の責任と判断によって行ってください。本書の内容に関して運用した結果については、著者および株式会社幻冬舎メディアコンサルティングはいかなる責任も負いかねます。なお、本書に記載されているデータや法令等は、いずれも執筆当時のものであり、今後、変更されることがあります。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載投資信託の「3つの罠」を回避して「リターン」を得る条件

ファイナンシャルスタンダード株式会社 代表取締役社長

同志社大学卒後、2003年に大和証券株式会社入社。同社にて資産運用コンサルティングに従事する。2012年に独立し、ファイナンシャルスタンダード株式会社設立。銀行や証券会社から離れ、独立系の金融アドバイザーとして、主に金融資産3000万円以上の個人投資家向けに、資産形成コンサルティング、資産運用コンサルティングなどを行う。

著者紹介

金融機関が教えてくれない 本当に買うべき投資信託

金融機関が教えてくれない 本当に買うべき投資信託

福田 猛

幻冬舎メディアコンサルティング

ここ数年、投資環境が良くなる中で、投資に興味を持ち、株式や投資信託を購入する人が増えています。特に投資信託は「少額投資」や「分散投資」ができる気軽さもあって幅広い年齢層に人気があり、売れ行きは好調です。しかし、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧