春節/バレンタインデーの影響を受けるNZ不動産の購入者動向

2月前半のニュージーランドでは、中華圏の旧正月である春節や、バレンタインデーにちなんだ購買行動が見られます。今回は、この時期ならではの不動産購入希望者の動向を、物件情報とともにご紹介します。

2月の春節、中国人の購買意欲がひときわ高まる!?

香港では東南アジアからの観光客が半分に減ったそうですが、そのぶん日本へ向いたのでしょうか、大幅な観光客の増加、そして相変わらずの爆買い・・・。ここニュージーランドでも、空港に行くたび中国や東南アジアからの観光客の多さを実感します。

 

2月8日からの春節、2月14日のバレンタインデーのオークランドの人々の生活ぶりをご紹介しましょう。

 

春節を祝いに、オフィスのみんなで飲茶レストランに出向いたときのことです。約40名のメンバーのうち、中国人セールスマンは5名。さすがお国のこと、レストランに着くやいなや、中国語で店のスタッフに予約席の確認と飲茶の注文。

 

[PR]6月24日(土)開催 無料セミナー

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

食材はカートで次々に運ばれてくるので、中国語が話せなくても大丈夫なのですが、中国人の彼らが頼むメニューは、日ごろ自分で選ぶメニューとは少し異なっています。おかげで新たな味にチャレンジすることができ、楽しいひと時となりました。

 

 

レストランには次から次へと中国人家族が訪れ、出入り口には30名くらいの行列ができています。ウェイターからは、食べたらさっさと出て行け~とばかりに追い立てられ、私たちはレストラン近くのオープンホームへ。

 

すると、飲茶レストランにいた家族がこちらへとやって来るではありませんか! レストランで見かけたお子さんの顔、奥さんがまとう豪華な衣装は見間違いようがありません。食後にオープンホーム? もしかして、家も買ってくれるのかしら・・・? と、大きな期待がふくらみます。

 

春節を祝い、お腹を満たしながら家族で団欒。その後、家の見学に来て、自宅や投資用の物件を探す。縁起がいい時期なのでしょう。豪快な中国人パワーを感じたひとときでした。

 

ちなみに、見学いただいたその家は、学区がよく、市内・空港へのアクセスも便利な場所。古いタイプの中古物件ですが、キッチン、バスルームは改装し、モダンな内装に仕上がっています。現家主も中国人の方なのか、家具の設置も好みに合ったようで、好印象なご様子でした。

 

〈物件1〉

1950年代建造、土地464㎡、5ベッドルーム+オフィス、2バスルーム、駐車場2台分

期待価格:80万~95万NZドル

学区も良く、高速道路へのアクセスもよい人気地区の一戸建て。モダンなキッチンの大家族向け住宅。

 

 

NZの若いカップルも家の購買には積極的

春節祝いの後半は、バレンタインデーです。日本ではデパートに行列ができ、義理チョコを買う人たちでごった返しています。今年は、自家製チョコも流行しているのでしょうか、女性たちが、アフリカ産やインドネシア産のカカオや、製菓専用のグッズを買い込む光景がテレビに映し出されています。

 

ここニュージーランドは、男性から女性に愛を告げる絶好のチャンスの日です。もっとも、男女関係なく「愛する人への感謝・告白の日」として根付いており、チョコレートだけでなく、バラの花束やジュエリーショップのリングなどもしきりに広告されています。

 

日本と同じ感覚で、日本人の留学生がホームステイ先のお父さんに義理チョコをプレゼントしてしまい、誤解を招く例もあるようです。留学生コンサルタント会社のウェブサイトには、「感謝の意味で贈るなら、必ずメッセージカードを添えましょう」と、注意事項が掲載されています。

 

今年のバレンタインデーは日曜日でした。週末の土曜日、若い男性がオープンホームに現れて、物件についていくつも質問を重ねます。筆者が「家族構成は?」とたずねると、少し恥ずかしそうに、「2人・・・」と答えました。パンフレットを2セットほしいと言われたときは、てっきり両親と相談するためかと思いましたが、この様子だと、自分と彼女の分だったのでしょう。


その後、彼がバラの花束を買ったかどうかはわかりませんが、そうだったらいいなぁ・・・と思いました。

 

〈物件2〉

1979年代建造、89㎡のユニット(長屋風)、2ベットルーム、1バスルーム、駐車場1台

期待価格:65万~70万NZドル

学区が良い、高級住宅地のエプソンのユニット。1軒屋の平均相場が120万NZドルの地域。そのため、この地域での暮らしを希望する若いカップルにとっては買いやすい物件。古い内装を完全改装することによりお得感が倍増。

 

 

 

[PR]6月24日(土)開催 無料セミナー

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

国が変われば風習も異なります。ニュージーランドでは、家の大小に関わらず、家族は新年のお祝いとして、若者は将来設計のために、また記念日にちなんで、気軽に家の売買を進めます。日本にはない風習に、私も当初は驚いたものです。

 

ホワイトデーのお返しに、ニュージーランドのアパートメントや、花壇のついた一軒家をプレゼントしたら、一生の思い出になるかもしれません。 

 

Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長

1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。

1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。

現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表としても活躍中。

著者紹介

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

~現地専門家が伝えるNZ中古不動産市場の最新事情と日本人としての投資法

講師 伊藤哲次氏
日時 2017年06月24日(土)
内容

・ニュージーランド経済と投資環境の最新事情

・NZ中古不動産市場の現状と展望

・NZ不動産取引の仕組みと日本との違い

・購入までのスケジュール、諸費用等について

・築古、建物比率の高い案件を中心に物件情報も公開

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧