フロンティア市場投資で重要なファンダメンタル・リサーチ

高成長を遂げているアジア新興国への投資に特化した、先駆的な運用管理会社「アジア・フロンティア・キャピタル・リミテッド」。同社においてCEO兼ファンドマネージャーを務めるトーマス・ハガー氏へのインタビュー。第3回目のテーマは「ファンダメンタル・リサーチの重要性」。聞き手は、香港の新しい金融機関であるニッポン・ウェルス・リミテッド(NWB/日本ウェルス)の幾田朋彦氏である。

フロンティア市場投資で特に気をつけたいリスクとは?

幾田 ベトナムとバングラデシュについて、もう少しお聞かせ頂けますか?

 

トーマス ベトナムは9000万人、バングラデシュは1億5500万人の人口をかかえていて、両国を合わせるとインドネシアと同等の人口です。バングラデシュの平均年齢は22歳、ベトナムは25歳と、若い労働人口が豊富です。

 

[PR]話題の無料セミナー 7月26日(水) 東京(幻冬舎)で開催!

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛&トランプ時代のマーケット展望

 

両国の若者達は貧しい生活をしているため、生きていくために働くことがいかに必要か認識しており、他のアジア諸国より勤勉な労働力が豊富です。両国に対する成長期待は非常に高いです。

 

幾田 投資対象として魅力度の高い国々ですが、流動性が低かったり、公開情報が限られていたりと、リスクについても理解する必要があります。フロンティア市場に投資するうえで、どのようなリスクを理解し、そのリスクにどう対応すべきか教えて頂けますか。

 

トーマス まず、フロンティア市場に投資するにあたって、非常にユニークな市場や特異な規制を理解する必要があります。そして、投資する企業を選別する上で、他の市場よりファンダメンタル・リサーチが非常に大きな役割を占めます。

 

先進国の市場に上場している企業に比べて、公開されている決算報告書など入手できる情報が非常に限られています。ですから、実際に企業を訪問するなどして自ら信頼できる情報を入手するなど、リサーチ力が鍵となります。

 

また、政府の政策や規制の変更にも注意する必要があります。バングラデシュのガス会社で実際にあったことですが、政府は突然このガス会社に対し収益源を変更する方針を打ち出しました。その結果、この企業の純収益は一晩で90%の減益となりました。先進国市場に上場する企業では考えられないことです。

 

この様なことが起こっても、ポートフォリオ全体においては大きな損失とならないように、銘柄ならびにセクターにおける分散投資が非常に重要です。

投資対象国への「実際の訪問」はやはり不可欠

幾田 フロンティア市場の投資において、ファンダメンタル・リサーチが重要なことがよくわかりました。リサーチも先進国に比べて難しいと思いますが、どのように行っているのですか? 実際に、投資対象となっている国を訪問するのですか?

 

トーマス そうです、実際に訪問しています。昨年は、私自身とチームのメンバーで、モンゴル、カンボジア、ベトナム、バンクラデシュ、スリランカ、ミャンマーの6カ国で企業訪問を行いました。また、来月は私がイランに行き、ロンドンを拠点にしているイラク人の同僚が、イラクも訪問しています。

 

[PR]話題の無料セミナー 7月26日(水) 東京(幻冬舎)で開催!

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛&トランプ時代のマーケット展望

 

本稿は、情報提供を目的として、インタビュー時点での経済データ等をもとに個人的な見解を述べたもので、アジア・フロンティア・キャピタル・リミテッドおよびNWBとしての公式見解ではありません。また、特定の金融商品への投資の勧誘を目的とするものではありません。

アジア・フロンティア・キャピタル・リミテッド CEO兼ファンドマネージャー

公開・非公開株式のポートフォリオ・マネージャーとして、プライベートバンク業界にて27年の経験を有し、1993年よりアジアおよびアフリカのフロンティア市場に投資。 現職に就任前は、レパード・キャピタルのマネージング・パートナー、CFOならびにCOOとして従事。また、香港のLGTバンクでは、マネージング・ディレクター、ポートフォリオ運用部門長。チューリッヒと香港のジュリアス・ベア銀行でも、運用部のシニア・マネージャーとして勤務。 バングラディッシュでは、最大手の証券会社のひとつの創設者であり株主でもある。 ファイナンシャル・インベストメント・アナリスト(CFIA)、インベストメント・アドバイザー(スイス)、ヨーロピアン・フェデレーション・オブ・ファイナンシャル・アナリスト協会(EFFAS)のファイナンシャル・アナリスト。

著者紹介

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) シニア・マネージャー

2006年より三菱UFJモルガン・スタンレー証券(入社当時は三菱UFJ証券)にてリテール営業、株式、仕組債、商品戦略等の幅広い業務に従事。2011年から2012年にはニューヨークのモルガン・スタンレー・ウェルスマネジメント(当時はモルガン・スタンレー・スミス・バーニー)でマネージド・アカウントをはじめとする米国の富裕層ビジネスの現場で経験を積む。2014年、現職であるNippon Wealth Limitedの商品およびビジネスデベロップメントの責任者として就任。国際基督教大学卒。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載「アジア・フロンティア市場」に特化した投資運用会社のCEO兼ファンドマネージャーに聞く

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年8月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年8月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年08月26日(土)
内容

・利上げの影響は?米国経済と金融政策の動向

・トランプ政権の各種政策がマーケットに及ぼす影響

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済はどうなる?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

・日本を含むアジア投資マーケットの見通し

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年08月26日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年9月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年9月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年09月21日(木)
内容

・利上げの影響は?米国経済と金融政策の動向

・トランプ政権の各種政策がマーケットに及ぼす影響

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済はどうなる?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

・日本を含むアジア投資マーケットの見通し

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年09月21日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧