税金 節税
連載簡単なメンテナンスで20年間、利回り10%を稼ぎ出す「太陽光発電投資」【第12回】

太陽光発電の「出力制御」の可能性をどう見るか?

太陽光発電出力制御固定価格買取制度

太陽光発電の「出力制御」の可能性をどう見るか?

前回は、逆風下でも、太陽光発電投資は「まだまだ儲かる」といえる理由を説明しました。今回は、太陽光発電投資に向かい風を吹かせた「出力制御」について、それを必要とするような事態になる可能性は低い、といえる理由を見ていきます。

計画段階で電力の供給量は多めに見込まれている!?

太陽光発電投資に向かい風を吹かせた「出力制御」ですが、実際にはそれを必要とするような事態には陥らないと見ています。なぜか――。それは、太陽光発電投資としてとても成り立たないようなずさんな計画も決して少なくないからです。

 

太陽光発電システムの設備認定を取得し、電力会社と接続契約を結ぼうと申請する。九州電力の説明のように、それは実際におびただしい数にのぼったのでしょう。しかし、それらの計画が本当に投資として成り立つものだったのかは極めて疑問です。投資として成り立たなければ、発電は長続きしません。電力の供給量は計画に比べて抑えられるため、需給バランスが崩れる心配はなくなります。

 

九州のある地域で太陽光発電システムの設備認定を取得した土地がありました。しかしそこは、すり鉢状の土地でそのままではとてもシステムを設置できません。ダンプ何台分の土砂を盛ればいいのか分からないほどです。これでは、整地コストが掛かりすぎ、とても計算が合わないでしょう。九州電力管内で実際に目の当たりにした光景です。

 

ほかにも、周囲に配電線がまったくなく、最も近い場所で数十キロ先という例もありました。これでは、連系費がかさみすぎるでしょう。電力会社は接続申請を受け入れるのが原則。接続に掛かる費用は申請者側の負担ですから、事業性は考える必要はありません。それを考えるべきはあくまで、申請者側なのです。それにもかかわらず、こうした事業面で成り立たなさそうな計画が目に付きます。

 

設備認定の手続きが甘すぎたとも思います。その後、手続きに必要な書類が追加されたのでいまはともかく、当初はごく簡単な必要最低限の書類さえ用意しておけば、設備認定を取得できたほどです。

 

設備認定を取得済みの案件のうち、接続契約を済ませ、実際に太陽光発電投資として成り立つものは、全体のせいぜい7〜8割程度ではないかと見ています。つまり裏を返せば、供給量は多めに見込まれているわけです。だから、出力抑制という話が出てくる。しかし実際には、需給バランスは確保できるので、出力抑制の必要性が生じることは起こり得ないと見ています。

詐欺まがいの案件に悪用された「設備認定」の通知書

実際、投資詐欺とでも呼べそうな商法も見られます。消費者庁は2014年12月、次のような例を公表し、注意を促しているほどです。

 

問題になった商品は、太陽光発電システム付きの土地、つまり太陽光発電所の所有権を分割販売するものです。場所は群馬県高崎市内。太陽光発電パネル1枚当たり11万円を購入すると、向こう20年間にわたってパネル1枚当たり年間2万〜3万円の収益が見込まれ、さらに当初3年間は年間約1万円のキャッシュバックを得られるので、わずか3年で投資回収できるという触れ込みだったと言います。

 

このキャッシュバックは、先行して稼働している千葉県成田市内の太陽光発電所の売電収益を原資にする前提だったそうです。ところが、この2つの発電所はともに架空のものだったのです。消費者庁が発電所と記載されている現地を確認した結果、それが明らかになりました。

 

消費者庁が消費者に注意を呼び掛けるほどのリアリティを感じさせるために利用されたのが、設備認定という固定価格買取制度の手続きです。この制度を用いて発電した電力を売るには、いくつかの手続きを経る必要があります。その第一歩が、経済産業省による、この設備認定です。この投資勧誘話では、経済産業省の関東経済産業局名で2014年1月に発行された設備認定の通知書が用いられていました。まったくの架空話ではなかったのです。

本連載は、2015年10月28日刊行の書籍『「マンション経営」よりラクで、確実に儲かる!太陽光発電投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

松田 貴道

yh株式会社 代表取締役

yh株式会社代表取締役。大手物流会社勤務ののち、 2008年にyh株式会社を創業。創業時より低価格 での太陽光発電導入を個人向けに販売し、太陽光発電 システムの普及に貢献している。2009年より財団 法人 横浜企業経営支援財団による地域貢献認定企業 に認定。

著者紹介

連載簡単なメンテナンスで20年間、利回り10%を稼ぎ出す「太陽光発電投資」

「マンション経営」よりラクで、確実に儲かる! 太陽光発電投資

「マンション経営」よりラクで、確実に儲かる! 太陽光発電投資

松田 貴道

幻冬舎メディアコンサルティング

電力会社の買い取り価格の単価がこの3年で約3割も下がり、最近では「太陽光発電はもう儲からない」と言われるようになってきました。しかし、投資額を抑えたり発電量を確保することで、投資利回りを下げずに済みます。やり方次…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest