マンション建設の有力候補地・東京「城南エリア」の3つの特徴

前回に引き続き、マンションを建てる場所として、東京都の「城南エリア」が候補になる理由を見ていきます。

交通の便がよく、緑豊かな環境の「城南エリア」

賃貸のニーズが高い地域に共通する特徴として、

 

①交通の便がよい

②住環境がよい

③治安がよい

 

という3つの要素があります。城南エリアは、これら3つの条件を以下のように見事に満たしています。

 

①交通の便がよい

 

城南エリアである世田谷区、目黒区、渋谷区には、山手線の他、東急東横線や東急田園都市線、京王井の頭線、京王線、小田急線、そして東急目黒線、大井町線、世田谷線など、数多くの路線が走っており、渋谷駅や新宿駅などの主要駅や品川、丸の内、大手町といったオフィス街へのアクセスが非常に便利です。また、エリア内にはバス便も多く、駅から離れた場所に行くのにも苦労しません。

 

②住環境がよい

 

城南エリアには、世田谷公園、駒沢公園、砧公園(世田谷区)、代々木公園(渋谷区)、林試の森公園(目黒区)といった広い面積をもった公園が点在しています。

 

また、植物によって覆われた部分の土地の割合を示す「緑被率」も、世田谷区は24%(2006年調べ)と、23区内では練馬区に次いで高く、渋谷区は20.6%(2003年調べ)、目黒区は17.1%(2003年調べ)と、やはり23区中の上位に位置しています。つまり城南エリアに属する3区は、いずれも比較的緑の豊かな、自然に恵まれた環境にあるといえるのです。

東京23区でも有数の「治安のよさ」

③治安がよい

 

大手不動産会社の住友不動産は、犯罪危険度のデータをもとに、東京23区の「安全度」ランキングをまとめています。同ランキングでは、目黒区が4位、渋谷区が5位、世田谷区が6位と上位を占めています。

 

これらに加えて、現在、渋谷駅や二子玉川駅周辺では大規模な再開発が進められていることなどから、城南エリアの利便性は今後、ますます向上することが予想されています。その結果、地域としての魅力がより一層増すことになれば、賃貸需要がさらに高まることが期待できるでしょう。

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『不動産投資は女性が選ぶ新築RCマンションで始めなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「女性向け新築RCマンション」で成功させる不動産投資

株式会社フェイス 代表取締役社長

1988年某銀行に入行。12年にわたり融資担当として500件以上の案件を扱う。2001年、不動産会社である有限会社フェイスネットワーク(現・株式会社フェイス)を設立。2003年、渋谷区松涛に自社物件第一号を建設する。2006年には自宅兼投資マンションを1棟、2007年には自社ビルを建設する。この12年間で、城南3区にて60棟の不動産投資プロジェクトをプロデュースする。

著者紹介

不動産投資は女性が選ぶ 新築RCマンションで始めなさい

不動産投資は女性が選ぶ 新築RCマンションで始めなさい

蜂谷 二郎

幻冬舎メディアコンサルティング

不動産投資は、「新築RC一棟マンションを」「20代・30代単身女性をターゲットとして」「城南エリア(世田谷区、目黒区、渋谷区)」で行うとなぜ成功するのか。城南エリアに特化した不動産業で10年以上の実績をもち、融資から物…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧