理想的な歯科医院にするための「お金のコントロール」の重要性

前回は、規制の対象となる広告媒体の詳細などを紹介しました。今回は、クリニック開業後の「お金のコントロール」について見ていきます。

毎月「出ていくお金」をまずはしっかり把握する

今回は、無事開業してから注意しておきたい、お金のコントロールについてお話ししたいと思います。

 

医療とはいえ、「商売」です。商売で一番つらいのはお金がないことです。お金があれば、新しい医療機器も購入でき、優秀なスタッフを雇うこともでき、患者さんに心地よい診療空間も提供でき、先生の思いどおりの医院をつくることができます。開業してからはお金が不足しないように、資金管理が大事になります。

 

開業し、首尾よく集患にも成功すれば、診療収入がどんどん入ってきます。その金額は、当然ながら勤務医時代の給料に比べると、かなり多くなるでしょう。ここで気をつけたいのは、大きな金額が転がり込んできたことによって、気が大きくなりすぎてしまうことです。

 

かつての給料の10倍以上診療収入があったとしても、そのすべてが自分の手元に残るわけではない――というのは、みなさんもおわかりのとおりです。注意すべきは、出ていくお金がどれくらいかという点。開業ローンの返済に、家賃、人件費など、入ってくるお金以上に毎月の支出も多額に上ります。

 

毎月の支出にとどまらず、将来の納税資金やリニューアル費用など、後でドカンと出ていくお金も計画的に蓄えていかなければなりません。初年度は赤字になりやすいので、納税を免れる場合が多いですが、2年、3年と経過していくと納税額が増えていきます。

 

したがって、きちんと対策をしておかなければ、納税の時期にキャッシュが足りず青ざめる・・・といった事態になりかねません。

 

そうかといって、過度に節税を意識しすぎると、必要以上にお金が出ていってしまうこともあります。通常、節税は「経費を増やして税金を減らす」という方法で行うため、どうしてもお金は出ていくことになるのです。「節税という名の無駄遣い」には十分ご注意ください。

 

しかしながら、お金が出ていきすぎるのは危険なことでもあります。使っても使っても、どんどんお金が入ってくるならいいのですが、そうとばかりは限りません。

 

その結果としてお金がなくなれば、希望している医療機器が買えなくなったり、スタッフ研修にお金をかけられなくなったりと、本当に必要なことにお金を使えなくなってしまいます。税金を減らすことばかりに夢中になってしまい、かえって歯科医院の体力が弱くなるような支出をするのは、本末転倒といわざるをえません。

 

理想的な歯科医院をつくるには、お金のコントロールが大切なのです。コントロールがきちんとできて、お金が足りていれば、たとえ赤字であっても倒産はしません。

 

そのために必要なのは、まず毎月出ていくお金をしっかりと把握し、貯蓄に回すべきお金も概算で構わないので計算しておくことです。そのうえで、納税額や将来の設備投資のために毎月どの程度蓄えていけばよいのか計算すれば、キャッシュフローを健全な状態に保つことができます。

お金を払う以上、少しでも税理士を有効活用する

とはいえ、こうした問題は、お金に不慣れな先生にはなかなかピンとこないものかもしれません。

 

通常、歯科医院にきっちりお金を残すキャッシュフロー経営に関しては、税理士に相談するケースが多くなっています。税金の申告のためだけに税理士報酬を支払っている歯科医院も多いですが、それはあまりにもったいない話です。お金を使うからには、少しでも税理士を有効活用すべきでしょう。

 

税理士の立場からすると、前途有望な先生が、お金のコントロールでつまずいてしまうことほど悔しいことはありません。事前にアドバイスを受けていれば、確実に防げる問題だからです。

 

お金の問題に限らず、開業にあたっては専門的で難しいこと、わからないことにも何度となくぶつかるはずです。しかし、世の中にはそれぞれの分野に精通したエキスパートがいて、しかるべき人に尋ねれば、明確なアドバイスをもらうことができます。

 

開業は1人で行うものではなく、そうしたさまざまなエキスパートの手を借り、力を結集して行うものです。

 

開業に関して「逆境の中、たった1人で大きな借金を背負い込んで、高い壁に挑んでいく孤独な戦い」といったイメージを持つ先生もいるかもしれませんが、実際にはその手を引いて、うまく壁を乗り越えられるよう協力してくれる人も、たくさんいるのです。

 

筆者自身、開業を手助けする者の1人として、みなさんの不安や疑問を解消してもらうために、本連載を執筆しました。悩みが少しでも軽くなり、前向きになってもらえたのであれば本望です。

本連載は、2014年3月20日刊行の書籍『一生稼げる歯科医院開業読本』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「勝ち組歯科医」になるための開業準備術

松本税理士事務所 所長

松本税理士事務所所長。税理士。三菱商事勤務を経て、都内・埼玉県内の会計事務所に勤務。主に会社経営、税務、各種医療機関の経営サポートに従事するほか、相続税申告、確定申告時の譲渡申告等の資産税関係を担当。
1992年、さいたま市に現事務所を開業。TKC全国会医業・会計システム研究会のクリニック開業支援アドバイザーとして、歯科医院・医院サポートに注力。特に歯科医院の開業支援に定評があり、歯科専門コンサルタントを顧問として、開業セミナーや増収増患セミナーの定期開催、増収増患に関する小冊子や情報を毎月提供して、多くの歯科医院の経営を支援し続けている。

著者紹介

一生稼げる歯科医院開業読本

一生稼げる歯科医院開業読本

松本 泰世

幻冬舎メディアコンサルティング

歯科医師とほかの診療科の医師との大きな違いは、近い将来いずれは独立開業を迫られることになるという点です。開業準備は早ければ早い方が有利になります。しかし、具体的に何から手を付ければよいのかが分からずに開業準備を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧