2015年の金融市況から占うアジア債券市場のゆくえ

香港に拠点を置き、BEA(東亜銀行)の資産運用アームとユニオンの合弁会社で、アジア市場でも大きな存在感を見せる「BEAユニオン・インベストメント・マネジメント」。同社において債券部門の部長を務めるフィオナ・ツァン氏に、アジア債券市場を中心とする今後のマーケット展望などを伺った。聞き手は、香港の新しい金融機関であるニッポン・ウェルス・リミテッド(NWB/日本ウェルス)の幾田朋彦氏である。

世界的な調整段階に入った2015年のマーケット環境

幾田 2015年を振り返って、どんなマーケット環境だったと思われますか?

 

フィオナ まず、アメリカの金利引上げを受けて、アジア通貨や株式市場を含め、世界的に市場が調整に入りました。次に、中国の景気減速が挙げられます。さらに、中国は市場自由化に向けて新たなステップを踏み、株式市場ならびに通貨市場を含むキャピタルマーケットにおいて、中国政府は様々な対策を講じています。まだ新しい政策のもと試行錯誤している状況で、その結果、市場のボラティリティーが高くなっています。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/名古屋/福岡/神戸で開催!

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望/他

 

驚くことに債券市場における影響は限定的でした。より高いイールドを求める投資家が多く、ハイイールド債と社債が買われ、むしろハイイールド債と社債の市場は恩恵を受けました。

 

中国の景気減速は、コモディティ価格の下落を招きました。そして、コモディティ価格の下落により、新興国の債券、通貨、株式市場の下落が進みました。同時に、アメリカのハイイールド市場も同様の打撃を受けました。ただ、アメリカとアジアのハイイールド市場では、構成に大きな違いがあります。例えば、アメリカのハイイールド債券の20%が石油もしくはガスセクターであるのに対し、アジアではそれほど大きくなく、5%程度です。さらに、アジア債券市場は、投資適格債券ならびにハイイールド債券とも、中国の発行体が多くを占めています。

 

2015年は、ハイイールド債券のパフォーマンスがよく年率リターンが約5.8%であったのに対し、投資適格債券は2.7%程度でした。また、アジア各国のハイイールド債券のパフォーマンスには、大きな差が出ました。例えば、不動産セクターのハイイールド債券のパフォーマンスをみると、中国では年率15%程度のリターンが出ましたが、インドネシアでは-2.8%、インドでは-16%でした。

 

ここでどう各国の組み入れを決定するかが、ファンドマネージャーの腕の見せ所です。指数と同じように構成銘柄を組入れるようでは、指数と同じ程度のパフォーマンスしか出ません。どの国にどの程度投資したかによって、ファンドのパフォーマンスが大きく違ってきます。私たちが決断を下した組み入れはパフォーマンスに貢献し、指数ならびに他社の類似ファンドを上回る成績をあげました。結果、モーニングスターでは、過去1年だけでなく、過去3年、過去5年のリターンにおいて、同カテゴリーのファンドで1位となりました。

国別とセクター別の組み入れ判断が運用結果を左右

幾田 ハイイールド市場において、国によってそんなにパフォーマンスに違いが出たのは、非常に興味深い点ですね。セクター別や個別銘柄別に見ると、どうだったのでしょうか。ファンドのパフォーマンスにおいては、各国の組み入れ判断が功を奏した以外にも、何か要因があったのでしょうか。

 

フィオナ はい、3つのレベルに分けて見ることができると思います。まずは、国別の組み入れです。例えば、中国は、インドネシアを大きく上回るパフォーマンスとなり、他の市場の影響をあまり受けませんでした。そして、中央銀行が金利の引下げを行ったため、債券価格が上昇しました。さらに、オンショアマーケットを中国の発行体に開放しました。これにより、ファンディングコストが引き下げられました。これに対し、インドネシア市場では、通貨の下落によりボラティリティが高まり、市場センチメントの悪化が価格の下落を拡大しました。

 

次にセクター別に見てみると、中国においてもオイルとガスセクターはパフォーマンスがふるいませんでした。私たちはこのセクターを指数より低くポートフォリオに組み入れました。インドネシアでは、石炭とコモディティセクターが不調で、これらのセクターの組み入れを低くしました。また、インドでも、石油とガスセクターは、パフォーマンスが思わしくありませんでした。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/名古屋/福岡/神戸で開催!

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望/他

 

最後に、個別銘柄です。個別銘柄選択は、ファンドの運用において、とても重要なポイントです。アジア市場ではいくつかデフォルトが起こり、中国では比較的信用度の高かった不動産開発会社、佳兆業集団(カイサ・グループ・ホールディングス)がデフォルトとなりました。ハイイールド債券は、比較的高いリターンが魅力ですが、何より重要なのはデフォルトを回避することです。


2015年は、国別とセクター別の組み入れ判断が、ファンドのパフォーマンスに大きく貢献したと思います。一方、2016年は、アルファの年。つまり、ボトムアップのリサーチによる個別銘柄選択が、パフォーマンスにより貢献すると考えています。それと、アジア通貨への投資です。私たちは、今年の後半に、アジア通貨投資の好機がやってくると考えています。

 

過去2年程度、アジア通貨、特に、マレーシアリンギットやインドネシアルピアは、調整局面を迎えました。しかし、それもやや行き過ぎ感があり、経済のファンダメンタルズを考えると、今後は上昇が期待できると考えます。とはいえ、16年前半は、アメリカの金利引上げの影響と中国元の通貨調整局面が続き、個別銘柄や通貨によるパフォーマンスの上昇は、今年の後半に見られるのではと考えています。

本稿は、情報提供を目的として、インタビュー時点での経済データ等をもとに個人的な見解を述べたもので、BEAユニオン・インベストメント・マネジメント社およびNWBとしての公式見解ではありません。また、特定の金融商品への投資の勧誘を目的とするものではありません。

「香港」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「債券投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載欧州系大手運用会社の担当部長が語る「アジア債券」市場の展望

BEAユニオン インベストメント マネジメント社 債券部門 部長

過去19年以上にわたり、運用会社ならびに銀行に勤務。BEAユニオン インベストメント マネジメント入社前は、9年間、HSBCグローバルアセットマネジメント香港で、アジア債券のインベストメントディレクターとして、クレジット社債のファンドや現地通貨建ての債券ファンドの運用を担当。HSBCで運用を担当したファンドは、2008年から2010年に、アジア・アセット・マネジメント、アジアン・インベスター、リッパー、モーニングスターなどから数々の賞を受賞。

香港中文大学 経済学 学士号、ロンドン・ビジネススクール(英国)ファイナンス 博士号、CFAを保有。

著者紹介

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) シニア・マネージャー

2006年より三菱UFJモルガン・スタンレー証券(入社当時は三菱UFJ証券)にてリテール営業、株式、仕組債、商品戦略等の幅広い業務に従事。2011年から2012年にはニューヨークのモルガン・スタンレー・ウェルスマネジメント(当時はモルガン・スタンレー・スミス・バーニー)でマネージド・アカウントをはじめとする米国の富裕層ビジネスの現場で経験を積む。2014年、現職であるNippon Wealth Limitedの商品およびビジネスデベロップメントの責任者として就任。国際基督教大学卒。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月24日(火)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月24日(火)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月11日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月11日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【福岡会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月12日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 アクロス福岡 6F 606会議室
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月12日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 606会議室
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 三宮コンベンションセンター Room504
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 三宮コンベンションセンター Room504

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧