株式投資における「信用取引の需給関係」をどう見るか?

前回は、「日経平均株価」「TOPIX」の意味、そして「ETF」について説明しました。今回は、「信用取引の需給関係」について見ていきます。

元本を3倍に膨らませて売買する「信用取引」

連載第4回目で「株価を決めるのは需給」とお話ししましたが、この需給に大きな影響を与えるのは、やはり機関投資家であったり、仕手筋であったりします。大口の注文は、需給の均衡をどちらか一方に傾ける力を持っているからです。

 

また、需給を考える際、よく注目されるのが「信用取引の需給」です。信用取引とは、一定の担保(委託保証金)を入れることで株券や資金を借りて、元本を3倍に膨らませて売買する取引のことです。買いから入ることもできれば、売りから入ることもできます。

 

その信用取引で買ったり売ったりした場合、証券会社から資金などを借りているわけですから、一般的には期限までに必ず返済しなければなりません。

 

返済のために必要なのが「反対売買」です。反対売買とは、買いから入ったなら売り、売りから入ったなら買いの注文を出すことです。返済の期限は6カ月以内と決まっています。まだこの期限が来ておらず、反対売買をしていない状態のものについては、それぞれ「買い残」「売り残」という形で表示されることになっています。

 

ここが少々複雑ですが、買い残・売り残は将来必ず反対売買をするので、買い残はいずれ売りに転じ(株価の下落要因)、売り残はいずれ買いに転じる(株価の上昇要因)ものです。

 

つまり、買い残と売り残から、将来の買い圧力、売り圧力がどれほどの大きさになりそうか、推定できるというわけです。買い残が大量に積み上がっていたら、「将来ドーンと売りが来るかもしれない」と推測できますし、逆もまたしかりです。

信用の需給は補足程度に捉え、まずはチャートを見る

ここまで一般的な解説をしてきましたが、筆者自身はそこまで信用取引の需給を重視しているわけではありません。よく「信用買い残があまりに多いから、この先上がらないだろう」とか、「信用売りが多いから、もうすぐ上がるだろう」などという見方をして、損していても株を持ち続ける人も多いですが、これは本当に正しいあり方なのでしょうか?

 

結局のところ、需給というのはチャートに反映されるものです。そのため、まずはチャートを見て、信用の需給は補足程度にチェックする程度でも十分です。

 

仮に、チャートを見て、ある銘柄が高騰したとします。そのとき、補足として信用残をチェックし、信用売りがたくさん溜まっていたとしたら、「明日また上がるかもしれない」と予想しますが、その程度です。それを売買の主要な判断材料にはしていませんが、特に売買の勝率が下がることはありません。従って、信用の需給には振り回されすぎないほうが、かえってうまくいくといえます。

 

本連載では、ここまで株の仕組みや基本ルールをお話ししてきましたが、大まかなイメージはつかんでいただけたのではないでしょうか。

 

本連載は、2014年7月25日刊行の書籍『明日ドカンと上がる株の見つけ方』から抜粋したものです。
本連載は、一般的な株式分析の手法などを紹介することを目的に発行しています。投資を促したり、筆者が運営する投資顧問サービス「マエストロの株式ボナセーラ」に勧誘することを目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。本連載の内容に関して投資した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。なお、「マエストロの株式ボナセーラ」の業務、手数料、およびリスクなどに関しましては、ホームページに掲載の契約締結前交付書面を十分にお読みください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載<初心者向け>「株式投資の達人」が教える取引の仕組み&基本ルール

株式会社クマガイサポート 代表取締役

1992年に株式投資を始め、短期売買で儲けるテクニカル分析をマスター。「あせらない」「欲をかかない」「確実に」をモットーに大きな成果を収める。現在は「マエストロの株式ボナセーラ」の運営者として、短期上昇が期待される値動きのよい銘柄を会員向けに提案。目標株価とロスカット株価を明記した提案に加え、日々フォローを行う姿勢は親切で丁寧。テクニカル分析を重視し、圧倒的に高い的中率から人気を博す。2012年のYahoo! ファイナンスの株価予想で19連勝を達成、初代年間MVPに輝き、翌年の2013年も2年連続でMVPを受賞。2014年もYahoo! ファイナンスで勝率&連勝1位を達成。前人未到の76連勝の記録を打ち立てた。

著者紹介

明日ドカンと上がる株の見つけ方

明日ドカンと上がる株の見つけ方

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

「株はギャンブル」「難しい」「思うように儲からない」 株に対してこんな嫌な思いをしてきた方も多いのではないでしょうか。 実際、株は簡単なものではありません。しかし、やり方さえ間違えなければ、株で勝つのはそう難し…

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

日本株式市場が活況を呈している今、巷にはたくさんの株式投資関連の書籍が溢れています。その多くは世界情勢や国内情勢、政府の政策や為替の動向などを分析し、日本株が上昇する理由を記したものや、チャートの見方を説明した…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧