税金 オペリー 法人の財務改善
連載法人の財務戦略活用で注目!小型飛行機投資の最新事情【第3回】

投資対象となる小型航空機にはどんな種類があるのか?

小型飛行機航空機リースターボプロップ機

投資対象となる小型航空機にはどんな種類があるのか?

日本では小型航空機といえばセスナがよく知られていますが、ほかにも製造・販売されている航空機は多くあり、その特徴もさまざまです。今回は、小型航空機の種類とその特徴について、具体例をあげて見ていきます。

近距離便に多用されるATR72、巡航速度が速いDHC-8

前回は、航空機リースを使った節税商品のひとつである、小型航空機の特徴をご説明しました。今回は、様々な小型航空機の種類についてお話します。

 

1.ターボプロップ(双発型)

 

【ATR72】

全 長・・・・27.19m

定員数・・・・64~72席

巡航速度・・・最大526km/h

航続距離・・・3889km

運用開始・・・1986年

 

キャプション
©ATR
http://www.atr-aircraft.com/

 

 

メーカーはフランスのアエロスパシアル(現エアバス・グループ)とイタリアのアエリタリア(現アレーニア・アエロナウティカ)が1982年に設立した共同事業体です。近距離便で使用されることが多く、カリビアン航空、LOTポーランド航空、チェコ航空などが採用しています。日本では、日本エアコミューターが日本の航空会社として初めて発注しました。


【DHC8】

全 長・・・・32.84m

定員数・・・・68~78席

巡航速度・・・最大667km/h

航続距離・・・2522km

運用開始・・・2000年

©Bombardier Inc.
http://news.commercialaircraft.bombardier.com/q-series/
©Bombardier Inc.
http://www.bombardier.com/en/home.html

メーカーはカナダのデ・ハビランド・カナダ社(その後、ボンバルディア・エアロスペース社に買収)です。総生産機数は800機以上であり、現在の最新シリーズはQ400CC(DHC-8-Q400CC)です。巡航速度が700km/hとターボプロップ機の中では高速の部類に入ります。日本ではYS-11の後継機として導入が進み、日本エアコミューターが2003年より運航を開始しています。

 

【YS-11】

全 長・・・・26.30m

定員数・・・・56~64席

巡航速度・・・最大480km/h

航続距離・・・2200km

運用開始・・・1965年

 

キャプション
©航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/yusouki/YS-11/

日本が第二次世界大戦後、初めて開発した航空機です。東京オリンピック時には、この航空機で聖火を全国に運んだそうです。日本航空や全日本空輸だけでなく、大韓航空、中華航空、フィリピン航空などアジア各国にも納入されました。航空法改正により2006年に民間定期路線からは引退をしました。

小型航空機の代名詞「セスナ」、今後要注目のKODIAK

2.ターボプロップ(単発型)

 

【208キャラバン】

全 長・・・・11.46m

定員数・・・・10~14席

巡航速度・・・最大344km/h

航続距離・・・約2000km

運用開始・・・1982年

 

キャプション
©Cessna Aircraft Company
http://cessna.txtav.com/

メーカーはアメリカのセスナ・エアクラフト・カンパニーです。セスナ社は単発型の航空機の製造を得意としており、市場シェア50%以上を占めています。日本でも小型航空機=セスナ機といわれるほどの認知度を誇っています。遊覧飛行やエアタクシー、貨物輸送などに使われており、別形の航空機は軍用機としても利用されています。また、フロート設備を取り付けることにより、水陸両用機としても利用できます。

 

【KODIAK】

全 長・・・・10.42m

定員数・・・・10席

巡航速度・・・最大339km/h

航続距離・・・約1800km

運用開始・・・2007年

 

キャプション
©Quest Aircraft Company
http://questaircraft.com/

メーカーはアメリカのクエスト・エアクラフト・カンパニーです。2015年2月に造船海運業などを行う、常石グループが買収しました。元々は国際人道支援用途に適した航空機の製造を目的に設立された企業であり、小型航空機専門のメーカーです。2007年からの運用開始であり、認知度はまだまだですが、離陸・着陸に必要な距離は約300mと世界トップレベルで短く、身近な移動手段、物資の輸送手段として注目をされ始めています。

 

 

上記はほんの一例であり、これ以外にも世界には小型航空機はたくさんあります。
これらの小型航空機に投資を行う理由は何でしょうか? 次回はその理由についてお伝えします。

岡崎 剛

株式会社せとうちホールディングス 執行役員 営業統括本部長

シンクタンク等の勤務を経て、2003 年以降、国内外複数の不動産ファンド会社にてアクイジション、アセットマネジメント、投資家・レンダー対応等、幅広い業務に携わる。2015 年より現職。東京工業大学大学院修了、工学博士(金融工学)。

著者紹介

連載法人の財務戦略活用で注目!小型飛行機投資の最新事情

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest