SNSの「口コミ」「つぶやき」を動物病院の集客に活用する方法

前回は、ホームページを利用した集客方法とホームページ作成における留意点について説明しました。今回はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用した集客方法について見ていきます。

「口コミ」は受け手に強い親密感と印象を与える

前回に引き続き、動物病院を繁盛させるために押さえる「集客」について見ていきます。

 

【9】SNSを活用する
インターネットを利用した集客方法としては、ホームページを設けることのほかにSNSの活用も考えられます。

 

SNSとは「Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」の略で、ネット上でコミュニティをつくり、人間関係を構築、発展させていくことを目的としたサービスを総称したものです。代表的な例としては、ツイッターやフェイスブック、ミクシィなどが挙げられます。

 

SNSはインターネット上でいわば、「口コミ」により情報伝達を行うものであり、ホームページに比べて、情報の受け手に対してより強い親密感と印象を与えられるという特徴があります。そのようなSNSの効果に着目して、積極的に宣伝活動に利用している動物病院も現れています。

「つぶやき」も情報伝達手段の1つ

たとえば、筆者のクライアントである「らく動物病院」(東京都東久留米市)では、病院の看板犬である白シュナウザーの“ちょいちょい”を発信者として、以下のようなツイッター活動を行っています。

 

「本日お疲れ様でしたん'ω'なんとかお昼休み中に雨が上がり、昼&夜お散歩できましたぁ(●、ω`●)今日は月がキレイでしね。」

 

「おはようございます!いいお天気で、暑いですね(^_^;)本日金曜日は午前診療です。頑張っていきましょー!」

 

このように、「つぶやき」を通じて診察時間に関する案内が行われることもあれば、犬や猫の病気やその予防に役立つ情報などが提供されることもあります。

 

「ツイッターは通院される飼い主さんとのコミュニケーション手段としてはじめたのですが、白いシュナウザーが珍しいこともあってか、同じ犬種を飼っている方たちのフォローも多く、病院のよい宣伝にもなっています」(らく動物病院・福田貴英院長)

 

なお、らく動物病院では、ホームページはもちろんブログも設けており、情報発信手段としてフル活用しています。インターネットを利用した集客を試みるうえで、大変、参考になると思います。

本連載は、2014年8月27日刊行の書籍『どうぶつ病院を繁盛させる50の方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載動物病院を繁盛させる経営の鉄則50

百瀬弘之税理士事務所 代表

1957年東京生まれ。税理士。2003年から動物病院開業コンサルタント業のahed社と提携。
経営と税務会計、両方の視点から独自のコンサルティングを行うことにより、これまでに数十軒の動物病院の経営を成功へと導いている。
趣味はギター。東京税理士会「ゆがみBAND」ベーシストとしても活動中。

著者紹介

どうぶつ病院を繁盛させる50の方法

どうぶつ病院を繁盛させる50の方法

百瀬 弘之

幻冬舎メディアコンサルティング

勤務医の時代はたとえ給料は安くても、独立して動物病院を開業すれば十中八九成功が約束されていた獣医師。 ペットブームの恩恵を受けて市場を拡大し続けてきた獣医師業界ですが、近年の動物病院の増加により飽和状態に。さら…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧