女性が「安心して暮らせる」マンションの建て方とは?

前回に引き続き、「20代30代単身女性向けマンション」を建てる際のポイントを見ていきましょう。今回は、「セキュリティ面」にも気を配ったマンションの建て方を見ていきます。

警備システムの導入、構造の工夫などで安心感を確保

ひとり暮らしの女性にとっては、安心して暮らせる安全な環境が確保されているかどうかは、何よりも大きな関心事となります。そのため、できれば、セコムやアルソックなどの警備システムや防犯カメラなどをマンション内に備えておくことが望ましいでしょう。

 

そのうえで、入居者募集の際にセキュリティが万全であることをアピールするのです(月々のセキュリティ費用の負担が気になるのであれば、管理費をいくらか高めにしてみてもよいでしょう)。

 

セキュリティシステムを初期段階で導入することがコスト的に厳しいようであれば、さしあたり通信回線用の配管などを整えておくにとどめるという選択肢もありますし、また、そうされることをぜひお勧めします。後日、システムの導入を決め、配管設備を外づけの形で設けることになれば、部屋のデザイン性を大きく損ねることになるからです。

 

さらに、建物の外観や構造などをほんの少し工夫するだけでも、女性に安心感を与えることができます。

 

たとえば、1階にバルコニーがある場合には、その外側にそれよりも高さのある壁状の覆いなどを設けるのもひとつの手です。それによって、女性入居者は「守られている」という思いを抱けるでしょうし、また中が見えにくくなるのでプライバシーの確保にもつながります。

 

一般に、女性は1階の部屋を避ける傾向がありますが、このような工夫をすることで1階の入居率を高めることも可能となるでしょう。

「女性が多いこと」そのものが防犯上のプラス材料に!?

さらにいえば、そもそも入居者に女性が多いということも、女性が安心して暮らせる環境づくりという観点からは大きな意味をもつことになります。

 

実際、筆者の管理しているマンションに地方からこられた若い女性の方が入居されるようなケースでは、親御さんが部屋の確認にこられて、両隣に住んでいるのが女性であることを知り、安心して帰られることがあります。また、同様に「女性が多い」ことを防犯上のプラス材料として、入居を決める人もいます。

 

このように、女性にターゲットを絞ることには、「女性」が「女性」を呼び、その結果として、安定した高入居率を維持できる効果も期待できるのです。

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『不動産投資は女性が選ぶ新築RCマンションで始めなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「女性向け新築RCマンション」で成功させる不動産投資

株式会社フェイス 代表取締役社長

1988年某銀行に入行。12年にわたり融資担当として500件以上の案件を扱う。2001年、不動産会社である有限会社フェイスネットワーク(現・株式会社フェイス)を設立。2003年、渋谷区松涛に自社物件第一号を建設する。2006年には自宅兼投資マンションを1棟、2007年には自社ビルを建設する。この12年間で、城南3区にて60棟の不動産投資プロジェクトをプロデュースする。

著者紹介

不動産投資は女性が選ぶ 新築RCマンションで始めなさい

不動産投資は女性が選ぶ 新築RCマンションで始めなさい

蜂谷 二郎

幻冬舎メディアコンサルティング

不動産投資は、「新築RC一棟マンションを」「20代・30代単身女性をターゲットとして」「城南エリア(世田谷区、目黒区、渋谷区)」で行うとなぜ成功するのか。城南エリアに特化した不動産業で10年以上の実績をもち、融資から物…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧