不動産 海外不動産 海外移住
連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力【第1回】

ハワイ不動産の「フラクショナルオーナーシップ」とは?

ホテルレジデンスホテルコンドハワイ不動産新連載

ハワイ不動産の「フラクショナルオーナーシップ」とは?

ハワイ不動産所有の新しいスタンダードとなりつつある「ホテルレジデンス」。本連載では、ハワイ不動産の魅力から実際のホテルレジデンス活用術まで詳しくご紹介します。

一つではないハワイ不動産の所有形態

一口に「ハワイで不動産を持つ」といっても、じつはその形態にはいくつかのパターンがあります。近年、特に注目されているのが、本連載のテーマである「ホテルレジテンス」という所有形態です。

 

[PR]2017年1月14日(土)開催@幻冬舎
無料セミナー『ハワイ不動産投資「ホテルレジデンス」の魅力』

 

ホテルレジデンスとは、ラグジュアリーホテルの1室を購入してオーナーとなり、自分で利用しないときはホテルルームとして貸し出し、賃料収入を得ることができるというもので、この形で所有できるハワイの代表的な物件としては、トランプタワー・ワイキキやリッツカールトン・ワイキキなどが挙げられます。

 

ホテルレジデンスには、他の所有形態にはない様々な特徴・メリットがあり、本連載ではその一つひとつに迫っていきますが、今回は、アメリカ合衆国ハワイ州における不動産所有形態には、そもそもどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

所有権が「分割」となるフラクショナルオーナーシップ

ハワイ州において不動産を所有する際、所有形態は大きく2つに分かれます。「フルオーナーシップ」と「フラクショナルオーナーシップ」です。日本語に訳すと、前者は完全所有権、後者は分割所有権となります。

 

「フルオーナーシップ」は、完全所有権という字の如く、その土地・建物を個人もしくは法人が完全に所有する形態を指します。一般的な戸建て、またコンドミニアム(マンション)等、そしてこれから本連載で詳しく説明するホテルレジデンスは、この所有形態に属します。日本のマンションの1室を購入するのと同じことになりますので、イメージもしやすいかと思います。

 

一方、「フラクショナルオーナーシップ」という言葉は、日本では聞きなれない言葉かもしれませんが、「タイムシェア」という言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 「タイムシェア」は、この「フラクショナルオーナーシップ」の所有形態に属します。また、タイムシェアと基本構造を同じくする「フラクショナル」も、こちらに属します。それでは、フラクショナルオーナーシップについて、もう少し詳しく見てみましょう。

 

 

1部屋を最大6人で所有する「フラクショナル」

まず、タイムシェアについてですが、一部の大手ホテル企業がタイムシェアを販売しています。ハワイでは、「ヒルトン・グランドバケーション・クラブ」や「マリオット・バケーション・クラブ」、そして「ディズニー・バケーション・クラブ」が有名です。

 

アメリカにはタイムシェア法という法律があり、買主が法的に保護され、商品設計も法律に則ったものになっています。タイムシェアでは、1年間を52週とし、1週間単位で所有権を購入します。オーナー同士で部屋をシェア(共有)するという考えのもとにできており、購入価格に応じて使用できる期間の増減、また繁忙期利用の可否が決まります。

 

タイムシェアは、フルオーナーシップの物件を購入するのに比べて初期投資額をかなり抑えられることもあり、アメリカでは代表的なリゾート所有・利用の形態となっています。

 

次に、「フラクショナル」ですが、「タイムシェア」が1部屋を52人で所有するのと比較すると、フラクショナルは1部屋を6名で共同所有する(ハワイ州においては6名が上限)ものを指し、1所有者あたり、連続した60日以上の使用権が付与されているものを、「フラクショナル」と定義付けています。タイムシェアのグレードアップ版、と考えると分かりやすいかと思います。

 

[PR]2017年1月14日(土)開催@幻冬舎
無料セミナー『ハワイ不動産投資「ホテルレジデンス」の魅力』

 

上記の内容でみると、フラクショナルオーナーシップは初期投資額を抑えられる上、不動産の所有権が付与されるということでメリットが多いと思われるかもしれません。ですが、そこにはやはりカラクリがあります。次回は、フルオーナーシップとの違い、メリット・デメリットを説明した後、この連載のテーマでもあり、フルオーナーシップ形態の中でも注目したい「ホテルレジデンス」について詳しく説明します。

井上 雄策

株式会社Seven Signatures International アシスタントマネージャー

株式会社Seven Signatures International(セブン・シグネチャーズ・インターナショナル)は、Trump International Waikiki Beach Walk、The Ritz Carlton Residence Waikiki 等の日本正規販売代理店であり、ハワイのホテルレジデンス・高級コンドミニアムの販売に特化。東京・ハワイにそれぞれオフィスを構え、Trump25階には購入顧客専用のラウンジを設けている。顧客専用ラウンジでは、常駐のコンシェルジュがレストランやSPA、レンタカー等の予約手配を行い、よりハワイでの滞在が充実するよう各種サポートを行っている。
WEB サイト http://www.sevensignatures.com/

著者紹介

連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

~自己使用に加え賃料収入を極大化する「ハイブリッド型」所有形態のメリットと、 ワイキキ周辺の最新開発プロジェクトの動向

講師 田村仁氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・ハワイ不動産の種類とそれぞれの特徴とは?

・「ホテルレジデンス」という所有形態が注目される理由

・最新のハワイ不動産市況

・ハワイ不動産の価値がなかなか下がらない理由

・タックスメリットから見るハワイ不動産の魅力とは?

・ワードビレッジ等を含むハワイの最新物件情報も公開

【コラム】ハワイ不動産投資の新標準「ホテルレジデンス」とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest