開業後10年未満の医師が陥りやすい「キャッシュ不足」の原因

前回は、具体的な将来像を描き、「アーリーリタイア」に備える方法を説明しました。今回は、開業後10年未満の医師が陥りやすい「キャッシュ不足」の原因と対策を見ていきます。

医師の周囲にいる「関係者」に問題があるケースも多い

成長期となるステージでは、収入は伸びているが手元に残るお金が思ったほど多くない、キャッシュ不足に陥っている開業医の方の相談が比較的多いです。

 

その原因を調べていくと、開業時に紹介された金融機関や保険会社などからの勧誘で無駄な借入や、不必要な商品を購入しているなど、周囲の「関係者」に問題があるケースがよく見られます。

 

たとえば、担当税理士の訪問が3か月に1回程度しかなく、経営的アドバイスも全くなかったのに、なんの疑いもなく月6万円を支払い、顧問契約を継続していた開業医も開業後してから10年未満の方でした。

 

開業医の場合、よその医院の内部事情を知る機会も皆無ですので、

 

「借入金利はこんなものだ」

「院長だからこれぐらいは保険に入っておくべきだ」

「税理士の仕事はこんな感じだ」

 

という、先入観や思い込みによりおざなりにされているケースが多いことも原因のひとつです。

「疑いの目」を持って支払っているお金を見直す

そのため、支払っているお金のすべてについて、いい意味で疑いの目を持って見直す時期が必要です。関係者なども含めて、「一度立ち止まって振り返り冷静に考える時期」と言えるでしょう。

 

将来的にどんな方向に向かうのか、すべての「利害関係者」に対して見直しをしていきます。

本連載は、2015年8月4日刊行の書籍『開業医のための資産形成術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社インベストパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー

株式会社インベストメントパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー。
1972年福岡県生まれ。2006年に株式会社インベストメントパートナーズ設立メンバーとして参画。これまでに500人以上の個人開業院長、医療法人理事長に事業改善、人生設計をサポート。医院形態、規模、年代、地域性など、集積したデータをもとに実践的資産形成の設定を行う。2014年には公益法人日本医業経営コンサルタント協会認定登録。

著者紹介

連載リタイア後も豊かに暮らしたい開業医のための「資産形成術」

開業医のための資産形成術

開業医のための資産形成術

恒吉 雅顕

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて開業医は医師のなかでも勤務医より収入が圧倒的に多く、リタイア後の悠々自適な生活が保障されていたことから、将来安泰な職業だと言われてきました。しかし今、税制改革による富裕層への増税や、2025年問題へ向けた医療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧