資産運用 株式投資
連載インフレ時代の投資入門【第22回】

なぜ、投資を実践し、経済を知る必要があるのか?

投資インフレ

なぜ、投資を実践し、経済を知る必要があるのか?

前回は、どんな人でも「投資」に無知・無縁ではいられない理由を説明しました。今回は、今の時代を賢く生き抜くために「投資」が必要な理由について見ていきます。

経済への理解が「生活の困窮リスク」を軽減する

筆者が皆さんに株式投資を勧める第一の理由は、インフレリスクに対するヘッジであり、長期的には最も賢いお金の増やし方であると思われることにあります。そして第二に、少額でもいいから「投資」を行うことで、経済についてもっと詳しくなってほしいと考えるからです。

 

かつて、原始社会においては力の強い武人が権力を得たものでした。そのうちに、人の心をつかみ、人を動かせる政治家が権力を握りました。しかし、現在は、経済を知り、お金を儲けられる人が、その財力で権力を得る時代です。資金のない人は、人に言われるがままに働かねばなりませんし、何をするにも選択肢が限られてしまいます。

 

経済の仕組みを知ることは、あなたの生きているこの社会の仕組みを知ることです。そして、経済の仕組みを利用することで、大金持ちにはなれなくとも、日々の生活に困るリスクは大幅に減らすことができます。

 

本連載は、なかなか「投資」の具体的な話をしてきていません。その理由は、経済の動きや仕組みを理解していない人に投資を勧めることはできないからです。経済を知らずに「投資」に手を出したところで、損をするのが目に見えているからです。

 

そのため、本連載では投資に少しでも興味を持った人が、まっとうに投資を続けられるように地道な話を延々と続けています。そんな回りくどい話はどうでもいいから、とにかく儲けるテクニックを知りたいとおっしゃる人は、デイトレードやチャート分析の本でも読んでください。しかし、そのような視野の狭い方法では、運がよければ短期的に利益を上げることはできるかもしれませんが、永続的に利益を上げることは絶対にできないと申しておきます。

世の中に利益を生む行為はすべて「投資」につながる

経済は多くの人が参加することによって、よりよくなる可能性を秘めています。もちろん、ほとんどの人は「労働」と「消費」というかたちで経済に参加してはいますが、それは経済の一側面でしかありません。お金について自分の頭で考えることができるようになるために、筆者はあなたに、ぜひ「投資」に参加していただきたいと望んでいます。

 

筆者の言う「投資」とは、決して怖いものでも、難しいものでもありません。例えば年末に行われている赤い羽根共同募金は、投資の一形態です。地域の人からお金を集めて、地域の社会福祉の充実のために役立てているからです。

 

あるいは友人が脱サラするのでお金を貸したとしたら、それも投資です。その友人が十分な利益を上げたら、いずれ利息をつけて返済されるはずのものだからです。また、あなたの勤めている会社に従業員持ち株制度があって、それに参加しているなら立派な「投資」です。

本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

杉浦 和也

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長

学習院大学経済学部卒業後、1985年に野村證券投資信託委託入社。日本株式運用、総合企画、秘書室勤務を経て野村アセット・マネジメント・シンガポール、野村ブラックロックで幅広い資産運用ビジネスを経験。その後、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズのディレクターを経て、2002年5月に投資信託本部長としてAIG 投信投資顧問(現 パインブリッジ・インベストメンツ)入社、その後、常務執行役員投資信託本部長を経て、2011年6月から現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

前野 達志

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 執行役員 グ ローバル・マルチアセット運用部長

慶應義塾大学商学部卒業後、1987 年に三井生命保険入社。1993年より同社英国投資顧問現地法人に勤務し、ロンドン・シティからグローバルな株式・債券投資を行う。その後、スカンディア生命保険、三井住友海上シティインシュアランス生命保険を経て、2004年にAIG 投信投資顧問入社。その後、執行役員 運用本部長兼グローバル・バランス運用部長を経て、2013 年1 月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員およびCFA 協会認定証券アナリスト。

著者紹介

連載インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

杉浦 和也・前野 達志

幻冬舎メディアコンサルティング

仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest