介護保険事業への展開も見越した医療法人化のメリットとは?

前回は、「医師という特権」を持つメリットを説明しました。今回は、「医療法人の設立」をするメリット・デメリットについて見ていきます。

「医療法人の設立」によって高い節税効果を得られる

注目される「サ高住」など、介護保険事業への展開を考えるのであれば、医療法人の設立も視野に入れるべきだと考えます。

 

個人医院でも保険医療機関であれば、「みなし介護保険事業者」として扱われ、居宅療養管理指導や訪問看護、訪問リハビリなどを実施することができますが、本格的な介護保険事業である介護老人保健施設や訪問看護ステーション、デイサービスなどは法人格が必要です。

 

さらに、将来的に子どもなどに事業を譲りたいと考えた場合、個人よりも医療法人のほうが容易に継承できます。医療法人で開設した診療所や病院の病床は、誰が医療法人を経営していても医療法人の許可病床であって、代替わりなどの影響を受けないからです。

 

法人税は2段階の比例税率となり、800万円以下なら22%、800万円以上でも30%となります。また、社会保険診療報酬分には事業税がかからないため、実効税率は最高でも約35%程度におさえることができるのです。

 

さらに、個人診療所の場合は給料という概念がないため、収入を経費にすることはできませんが、医療法人なら理事長報酬を経費にできるうえ、理事にした家族に対して報酬を払うこともできます。所得税に関しても、所得を分散したうえで給与所得控除が適用されるので節税効果が見込めるというわけです。

「余剰金」を自由に使えないというデメリットも・・・

一方で、医療法の規制を受けるという医療法人ならではのデメリットもあります。医療法人は剰余金の配当が禁止されているので、一般法人のように利益が出たからといって出資者に分配できません。また、財産の確実な保全が要求されるため、株式投資などはできませんし、法人の資金を役員に貸し付ける行為なども認められません。

 

つまり、経営が軌道に乗っても、余剰金を自由に使うことができないというわけなのです。

 

また、医療法改正にともなって、医療法人を解散した際に、残った財産を出資者で分け合うことができなくなりました。残った財産は、国、地方公共団体、あるいは一定の医療法人等に帰属することになったのです。

 

つまり、個人事業の場合には、クリニックで築き上げた財産は全てドクター個人のものですが、これからは医療法人にすると、法人がいくら利益をあげ財産を貯めても、最後に出資者に返還されるのは当初出資した金額までになるというわけです。

本連載は、2013年8月25日刊行の書籍『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載医師にしかできない不動産投資術

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

著者紹介

なぜ医者は 不動産投資に向いているのか?

なぜ医者は 不動産投資に向いているのか?

大山 一也

幻冬舎メディアコンサルティング

高齢化する日本社会で国庫支出の医療費は逼迫し、患者数は増加の一途。特に勤務医などは激務が続く。30代後半の勤務医の平均年収は2000万とも言われるが、税引き後の手取りは900万とも。さらに医療訴訟とは常に背中合わせ、つ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧