資産運用 資産形成
連載銀行員が舌を巻くほど上手に資産形成をする方法【第9回】

投資対象よりもタイミングよりも「資産配分」が大切な理由

投資信託ポートフォリオ資産配分アセットアロケーション

投資対象よりもタイミングよりも「資産配分」が大切な理由

これからは誰もが個人で将来のための資産形成に取り組み、資金を管理・運用していく時代です。本連載は、元銀行員でファイナンシャル・プランナーの高橋忠寛氏の最新刊で、2015年10月に刊行された『銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術』(日本実業出版社)の中から一部を抜粋し、お金との上手な付き合い方や、効率のよい運用に役立つヒントを紹介します。

資産配分(アセットアロケーション)とは何か?

資産運用を始めるときにいちばん最初に何を考えるでしょうか? 投資対象(何に投資するか)でしょうか。それとも、タイミング(いつ投資するか)でしょうか。もちろんこの2つも重要です。しかし、もっと重要なことがあります。それが資産配分(アセットアロケーション)です。

 

将来のために大切なお金を運用していくには、「いつ、何に投資するか」ではなく、「どういう組み合わせにするか」というポートフォリオを考えることが重要です。

 

最初に、異なる地域の複数の種類の資産をどのように組み合わせるかを考えます。具体的には、国内株式・国内債券・海外株式・海外債券など資産の種類ごとの配分割合を決めましょう。ある資産の価格が下落するときには別の資産の価格が上昇することも多く、異なる資産を組み合わせることによって、資産全体の評価額の変動リスクを減らすことができるからです。

 

リスクをコントロールするためにも投資対象を分散することは不可欠です。これは、「点ではなく面を意識する」イメージです。個別の投資対象の取捨選択に注力するのではなく、全体のバランスを重視して取り組む必要があります。リスクを抑えて安定的な資産運用を目指すのであれば、適切に分散されたポートフォリオを構成することが最も重要だということです。

投資信託は資金の流出入のブレが少ないものを選ぶ

現在、日本国内で運用されている投資信託の本数は、5000本を超えています。日本の上場企業の数は3500社ですから、それを上回る数の投資信託が運用されています。このなかから、どういうプロセスで選んでいくのがよいでしょうか。

 

通常は個別にファンドをあれこれ比較して探す人が多いでしょう。なかには、騰落率ランキングの上位ファンドから選ぶという人もいるかもしれません。あるいは、その金融機関で売れている人気ランキングの上位ファンドから選ぶ人もいるかもしれません。

 

しかし、残念ながらいずれも投資信託の選び方としては失格です。長期にわたって利用できる投資信託を選ぶのであれば、これまでお伝えしてきたようにコストの高い商品は避け、少なくとも3年から5年くらいの運用実績が確認できる商品でないと選択肢にも入れられないでしょう。

 

続いて、資金の流出入状況にも注目する必要があります。とくに長期運用を前提にしたポートフォリオを構築するのであれば、この点が非常に重要になってきます。というのも、日本の投資信託は銀行や証券会社など、販売会社の営業方針によって資金の流出入額は大きく変わってしまいます。新規設定されて運用開始直後の純資産総額が最も大きく、そこから解約が相次いでどんどん運用資産が目減りし、短期間のうちに運用をやめて償還されてしまうようなケースもあります。

 

したがって、長期の資産形成を前提にして投資信託を選ぶのであれば、資金の流出入については、増え続けていればよいとはいえません。増えるペースが安定していて、流出入のブレが少ないことが重要です。

高橋 忠寛

株式会社リンクマネーコンサルティング 代表取締役

1980年東京生まれ。2004年上智大学経済学部卒業後、東京三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)に入社。法人営業拠点にて、事業性資金融資業務やデリバティブ商品の販売に携わる。
その後、個人富裕層を対象とする不動産関連融資や相続ビジネスを経験し、さらに本格的なリテールビジネスに取り組むため、2007年10月シティバンク銀行に転職。個人富裕層に対するコンサルティング業務に従事し、証券仲介や保険商品、住宅ローン・不動産投資ローンなど、幅広い個人向け金融商品を販売。高い営業実績を残し、社内全営業スタッフの上位約20名が任命されるリレーションシップマネージャーとして活動。顧客向けセミナーでは講師も務め、資産運用の基礎について解説。
2014年9月、株式会社リンクマネーコンサルティングを設立し独立。金融教育ビジネスや資産運用コンサルティング事業を展開。金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。投資助言代理業者 関東財務局長(金商)第2855号

<保有資格>
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員 (CFP®認定者)
日本証券アナリスト協会検定会員 (CMA)
宅地建物取引士
行政書士
住宅ローンアドバイザー
第一種証券外務員

著者紹介

連載銀行員が舌を巻くほど上手に資産形成をする方法

銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術

銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術

高橋 忠寛

日本実業出版社

世の中に発信されている金融商品や資産運用に関する情報の大半は、金融機関など「売り手側」から出されているものです。また、最も身近な金融機関である銀行の営業担当者は、お金や金融商品に詳しいプロであるという一面と金融…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest