なぜ相場の値動きに「一喜一憂しない」ことが重要なのか?

これからは誰もが個人で将来のための資産形成に取り組み、資金を管理・運用していく時代です。本連載は、元銀行員でファイナンシャル・プランナーの高橋忠寛氏の最新刊で、2015年10月に刊行された『銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術』(日本実業出版社)の中から一部を抜粋し、お金との上手な付き合い方や、効率のよい運用に役立つヒントを紹介します。

「買ったら忘れる」というスタンスで臨むのも一計

前回の続きですが、平常心でいるためには、どうしたらよいのでしょうか。それは、マーケットの値動きに一喜一憂しないことです。

 

一喜一憂しないようにするためには、やはりある程度の慣れが必要です。とはいえ、慣れるだけでもなかなかむずかしいと思います。筆者自身も、自分の資産を自分の判断で投資するようになってからの数年間は、マーケットが大きく動いたときなどには、自分の資産状況がどうなっているのか、気になってばかりいました。

 

経験や胆力といったものに頼らずに、マーケットの値動きに一喜一憂しないようにするために、「Buy & Forget」、つまり「買ったら忘れる」というスタンスで臨むのも一案です。

 

ただし、Buy & Forgetが通用するのは、十分に分散された資産の組み合わせ(ポートフォリオ)で運用していることが前提条件になります。たとえば、株式の個別銘柄に投資して、Buy & Forgetというのはさすがに無理でしょう。忘れているあいだに株価が3分の1、4分の1になってしまったという悲劇に見舞われかねません。変動の大きいものを投資対象とする場合は通用しない方法ですから、注意してください。

 

そうではなく、きちんと分散された組み合わせ(ポートフォリオ)で資産を保有しているのであれば、資産内容のチェックは年1回程度で、買ったら忘れていても大丈夫です。そして、その年1回の資産内容チェックの際には、リバランスも同時にやっておきましょう。

費やした労力に対してリターンを最大化する運用とは?

リバランスとは、その名のとおり、資産内容のバランス配分を確認し、当初に決めた配分からバランスが大きく崩れている場合には調整することです。たとえば次のような組み合わせで資産を保有しているとします。

 

●日本株式・・・100万円

●日本債券・・・100万円

●海外株式・・・100万円

●海外債券・・・100万円

 

これは典型的な資産4分法に則った配分ですが、これを1年間運用した結果、評価額が次のようになっていたとします。

 

●日本株式・・・130万円

●日本債券・・・90万円

●海外株式・・・120万円

●海外債券・・・100万円

 

当初は株式と債券の比率が50%ずつだったものが、1年間運用した結果、それぞれの組入比率は、株式が57%、債券が43%となりました。このままさらに運用を続けると、株式の組入比率が高くなっている分、株価変動の影響をより強く受けるポートフォリオになってしまいます。そこで、組入比率の見直しが必要になります。

 

現在の資産総額は440万円。これを4分の1ずつにすると、1資産クラス当たりの投資金額は110万円になります。したがって、日本株式は20万円分、海外株式は10万円分を解約し、その30万円のうち20 万円を日本債券に、10万円を海外債券に充当します。これがリバランスです。

 

こうすれば、さらに次の年も各資産25%ずつの組入比率で運用を継続することができます。これを毎年1回ずつ繰り返していきます。

 

ただし、この方法でのリバランスには問題があります。売買にともなうコストが発生してしまうことと、売却した資金を改めて減ってしまった資産クラスに投資するためにもうひと手間かかることです。

 

そこで、最初から余裕資金を残しておいて、バランスを維持するのに金額が足りていない資産クラスに追加で投資をする方法がお勧めです(下記図表参照)。

 

[図表]ポートフォリオのリバランスのイメージ

 

いちばん残高が大きくなっている日本株式に合わせて、海外株式に10万円、日本債券に40万円、海外債券に30万円を、それぞれ追加で投資するのです。

 

実に淡々とした運用のように見えると思いますが、このくらいの距離感をもって資産運用をしたほうが、結果的にはよいパフォーマンスになりますし、目先の相場の値動きに一喜一憂せずに済むのです。そして、そのほうが費やした労力に対してリターンを最大化することができて、効率的です。

 

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載銀行員が舌を巻くほど上手に資産形成をする方法

株式会社リンクマネーコンサルティング 代表取締役

1980年東京生まれ。2004年上智大学経済学部卒業後、東京三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)に入社。法人営業拠点にて、事業性資金融資業務やデリバティブ商品の販売に携わる。
その後、個人富裕層を対象とする不動産関連融資や相続ビジネスを経験し、さらに本格的なリテールビジネスに取り組むため、2007年10月シティバンク銀行に転職。個人富裕層に対するコンサルティング業務に従事し、証券仲介や保険商品、住宅ローン・不動産投資ローンなど、幅広い個人向け金融商品を販売。高い営業実績を残し、社内全営業スタッフの上位約20名が任命されるリレーションシップマネージャーとして活動。顧客向けセミナーでは講師も務め、資産運用の基礎について解説。
2014年9月、株式会社リンクマネーコンサルティングを設立し独立。金融教育ビジネスや資産運用コンサルティング事業を展開。金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。投資助言代理業者 関東財務局長(金商)第2855号

<保有資格>
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員 (CFP®認定者)
日本証券アナリスト協会検定会員 (CMA)
宅地建物取引士
行政書士
住宅ローンアドバイザー
第一種証券外務員

著者紹介

銀行員が顧客には勧めないけど 家族に勧める資産運用術

銀行員が顧客には勧めないけど 家族に勧める資産運用術

高橋 忠寛

日本実業出版社

世の中に発信されている金融商品や資産運用に関する情報の大半は、金融機関など「売り手側」から出されているものです。また、最も身近な金融機関である銀行の営業担当者は、お金や金融商品に詳しいプロであるという一面と金融…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧