コインランドリー経営の成功を左右する「収支計画書」の作り方

前回は、コインランドリー経営を成功させる「立地」の考え方・選び方について説明しました。今回は、精度の高い「収支計画書」を作成するポイントについて見ていきます。

競合店の様子も考慮した精度の高い収支計画書を作成

精度の高い収支計画書は、前回で説明した解析データからだけでは作成できません。周囲の競合店の様子も考慮しなければ、より正確な売上げ予測は立てられないのです。

 

競合店の様子は、時間帯をずらして足繁く通えばある程度はわかります。ただ、オーナーは集客率を把握することはできますが、売上げ等の経営上のデータを推測するには、機械メーカーや販売店の担当者の力が必要です。彼らの目をもってすれば、「この面積・機器数の店舗で、この時間帯にこれくらいの稼働率ならば、月売上げは30万円くらい」といった、具体的な判断を下すことも可能です。すなわち、たとえすぐ近くに競合店があったとしても、勝つ方法がわかるのです。

 

収支計画では、このように周辺地域のデータや競合店の様子を考慮して1日の来客数を割り出し、年間の収支を予測します。1日の来客数についても、素人が正確に予測するのは困難です。ほかにも、競合店からどのくらいのユーザーが流れてくるのか、それ以外のユーザーはどれくらいかなどを予測し、機械1台1台の稼働率や1日の来客数を算出することも必要です。

リース期間が終了すると利益率はさらに上がる

また、1年目からリースが終了する7年目まで、年間の売上げ予測は年によって異なります。これらを加味したものが、収支計画書に添付される収支予測です。一般的には、「1年目はお店の存在が認知されていない」と考えられるため、次年度よりも20%から50%低い売上げを予測します。そして2年目、3年目と順調に売上げは増えていき、その後は安定期に入ります。ここから売上げを伸ばせるかどうかは、オーナーの経営手腕にかかってきます。

 

もちろん、1年のなかには季節トレンドがあり、たとえば梅雨時期であれば売上げは増加するとされています。これも考慮して売上げ予測を立てなければなりません。ただし確実なのは、機器のリースが7年で終了するので、それ以降の利益率がグンと上がることです。大体2倍近い利益になると見ていいでしょう。さらに10年目に買い取ることができれば、2倍以上の利益が見込めます。

 

前回でも説明した下記の収支計画書のモデルケースでは、初年度約163万円だった粗利が、11年目以降は約627万円になっています。ほかの投資に比べて利益率が高いコインランドリー経営ですが、7年のリース期間終了後は、さらに利益率は上がるのです。

 

【収支計画書】

 

収支計画書の精度は、コインランドリー経営の成功を左右する非常に大きな鍵といえます。開業を検討する際は、リースや購入を検討している機械メーカーや販売店に収支計画書の作成を依頼し、それらを比較してより精度の高い会社をパートナーとすることが重要です。

本連載は、2015年12月20日刊行の書籍『驚異のハイリターンを生むコインランドリー経営』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載確実な利益を得るための「コインランドリー経営」の進め方

エレクトロラックス・プロフェッショナル 日本・韓国地域統括

エレクトロラックス・プロフェッショナル 日本・韓国地域統括。三重県出身。1985年に京都大学大学院工学研究科物理工学科を卒業後、1993年にロンドン・ビジネス・スクールで MBA を取得。Panasonic、Harlequin、三洋電機、DimplexJapan での勤務を経て、2012年からエレクトロラックス・ジャパンにて現職。コインランドリーのリーディングカンパニーにおけるアジア戦略の要として活躍。

著者紹介

驚異のハイリターンを生むコインランドリー経営

驚異のハイリターンを生むコインランドリー経営

浅井 伸宏

幻冬舎メディアコンサルティング

近年、資産を賢く運用し、不労所得を得たいと考える人が増えています。なかでも株や投資信託などの金融商品よりリスクが低い、長期にわたって安定した収入が得られるといった魅力から人気となっているのが賃貸アパートやマンシ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧